海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > クリスマス・ライト(イルミネーション)番外編・コー...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年12月21日

クリスマス・ライト(イルミネーション)番外編・コールメーヤー(カリフォルニア)


メール プリント もっと見る

クリスマス・ライト(イルミネーション)番外編・コールメーヤー(カリフォルニア)



先日ロサンゼルスに行く機会があったのですが、
友人とトーランスで食事をしたあと、住宅街のクリスマスライトを見に連れて行ってもらいました。

場所は、LAX空港から20分くらい南のコール・メーヤー地区。
ここらへん一帯に立ち並ぶ家々のライトアップが見ごたえあって、結構有名なんだとか。


CalleMayor_xmaslights_1.jpg




ごく普通の住宅エリアで、私たちが通った片側ほぼ一車線づつの道路、
この道路をはさんで向かい合う住宅がずうーっと並んでいるんですが、
そのオウチの9割くらいが、ライトアップさられていました。

家の周り、軒下、窓枠、ドアまわり、玄関先の庭・・・もうあらゆるところにライトが飾り付けられています!
一軒一軒が、それぞれユニークなライトアップなので、とっても楽しい。
道路際に並んでいる街路樹にもきれいなライトの帯が取り付けられているので、
もうすごいことになっています。

東京ディズニーランドでエレクトリカルパレードを見ているような感じかな。(笑)
ここにいるだけで、Happyな気分。


CalleMayor_xmaslights_2.jpg


CalleMayor_xmaslights_3.jpg
ディズニーのキャラクターとかとかサンタさんとかのディスプレイがある家も多かったのですが、
この家ではシュレックのディスプレイ。



ちょうど土曜の夜ということもあって、道路はイルミネーションを見に来た車でほぼ渋滞状態。
でも、おかげで車がゆっくり進めるので、あたたかい車内からゆっくりと
両脇の飾りつけを鑑賞することができるんですね。

歩道は、犬を連れた家族やコドモ達のグループでいっぱい。


庭先でホットチョコレートやアップルサイダーを売っている家があったり、
交差点ではライブバンドが演奏していたりと、ちょっとした遊園地状態。
フロントヤードで焚き火をしながら、私たち見物人を眺めて楽しんでいる家も多かったかな。(笑)


CalleMayor_xmaslights_4.jpg


CalleMayor_xmaslights_5.jpg


ラスベガスでは味わえない、ご近所さん一帯で楽しんでいる雰囲気が面白くて、なんだかほのぼのした夜でした。




人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット
2010年12月21日
« 前の記事「ベラージオ・今年のウィンター・ガーデン(ボタニカルガーデン)」へ
»次の記事「大雨のラスベガス」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ラスベガスの12月・ディストリクトのクリスマスツリー
    べラージオホテル・ボタニカルガーデンのクリスマス
    ネリス空軍基地での飛行ショー
    ラスベガスの12月-サンタハウスに雪が降る

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集