海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > スタバのドリンク・超ビッグなサイズが登場!果たして...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年1月20日

スタバのドリンク・超ビッグなサイズが登場!果たして飲みきれる?


メール プリント もっと見る

スタバのドリンク・超ビッグなサイズが登場!果たして飲みきれる?



ほぼ毎日お世話になっているスターバックスですが、
昨日からドリンクのジャンボサイズが登場しています。

その名もTrenta(トレンタ)。

starbucks_1.jpg

このアイスコーヒー、デスクの上に置いて飲みながら仕事をしていましたが、
3時間ほどたってもまだ飲んでいました。。。



このTrentaは31オンス(約916ml)。ほぼ1リットルです!
ちなみにTrentaはイタリア語で30という意味なのだとか。


このサイズは1/18からネバダ州を含む国内14州で発売されており、
順次他の州にも広がっていくようです。
ちなみに、お隣カリフォルニア州は2/1から発売の予定。

値段はアイスコーヒーの場合、Ventiより50¢高い$3.45(税別)。
この50セント違いというのが、多分ポイントですね。
50セント(今だと約40円?)の違いだったら、つい大きいTrentaを買ってしまうのでは?
とは言っても今のところ、店内のメニューボードにはこのサイズは登場していません。

店員さんに「大きなサイズが出たって聞いたんだけど。」と訪ねたら教えてくれました。




写真では大きさを比較するものがないので、ちょっとわかりにくいと思いますが、
トール:354ml、グランデ:473ml、ヴェンティ:591ml、そしてトレンタは916ml。
実は大人の平均的な胃のキャパシティは900mlだそうなので、
トレンタは平均的な人の胃のキャパシティを超えてしまったというわけです。(笑)



お店の方の話によればこのサイズで買えるのは、アイスティー・アイスコーヒーのみとのこと。
まあ、温かい飲み物をこのサイズで出されても、飲みきるまでにきっとかな~り冷めてしまいますね。
(大好きなアイス・ラテはこのサイズで買えないのが残念。)



で、ちょっと話はそれますが、スタバの飲み物としてはTrentaの大きさはかなり印象的なのですが、
実はもっと大きなサイズも巷ではすでに存在してたりします。

これはセブンイレブンのGULPシリーズの最高峰、DOUBLE GULP。
こちらのコンビニには、セルフサービスのソフトドリンク・ステーションが必ずありまして、
好きなサイズのカップを選び、好きな飲み物(コーラ・スプライトなどの炭酸飲料やアイスティ・
レモネードなど)を自分で注いでレジへ持っていくスタイルになっています。
カップのサイズは数種類あるのですが、その中でも飛びぬけて大きなサイズがこれ。



starbucks_2.jpg

GULPというのは「がぶがぶ飲む」ような感じの意味ですが、
これはDOUBLE GULP。なんと64オンス(約1.9ℓ)、Trentaの2倍です。
ちょうど手元にあったいただきものの「きのこの山」を並べたのですが、
いかに「デカイ」のか、何となくわかりますか?
ここまでくると、もう片手で持って飲みながら歩くなんてことは私にはできません。



ということで、スタバの新サイズTrenta、夏場には大活躍しそうな気もしますが、
日本上陸はいつごろでしょうか?



人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2011年1月20日
« 前の記事「アメリカでは風邪をひいたらコレ!」へ
»次の記事「ラスベガスのバレンタインデー・あれこれ」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン
    58本の十字架に癒される-銃乱射事件から1カ月たったラスベガス #VegasStrong
    1時間得した気分・今年の冬時間はいつから?ラスベガスと日本の時差
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ホースシューベンド(アリゾナ)Horseshoe Bend, AZ
    雨が怖い・冬の嵐のラスベガス
    レッドロックキャニオンで深呼吸
    ラスベガスのあのサインはここ!
    ストリップ大通りの移動に便利なあのトラムが復活!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/12/12更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集