海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスのバレンタインデー・あれこれ

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年2月11日

ラスベガスのバレンタインデー・あれこれ


メール プリント もっと見る

ラスベガスのバレンタインデー・あれこれ



valentineday_94.jpg


来週はバレンタインデーですね♪


クリスマスが終わるとバレンタインデー商戦に突入するスーパーマーケットやドラッグストア・
クラフトショップなどは、年が明けるか明けないかのうちに店内は赤やピンクのハートの洪水となります。


こちらのバレンタインデー、日本のように「女性から男性へ贈り物をする特別な日」
というのとは少し違って、「いつも大切に思っている人へのプレゼント」的なノリです。

もちろん夫婦だったり恋人同士の場合は、お互いにカードやプレゼントの交換、
そしてロマンティックなレストランでのディナーということになりますけど、
家族や友達同士でカードをやり取りしたり、ちょっとしたプレゼントをしたり、
ということもありなんですね。


valentineday_1.jpg

ずらりと並んだ、バレンタインデー用のカード。
どうしてこんなにあるのかというと。。。


valentineday_2.jpg

「ロマンス(の相手へ)」「夫へ」「妻へ」「祖父母へ」「友達へ」・・・など、
もうありとあらゆる相手を想定したカードが用意されているのです。

送る相手によって変わる気の利いたメッセージはたくさんあるので、選び始めると時間がかかること!

ただ、これはバレンタインデーに限ったことではなく、バースデーカードやクリスマスカードも
同じようにいろいろな相手(関係)向けのものが用意されているのですが。


チビッコたちに送るバレンタインカードも。
女の子用・男の子用と揃っています。かわいい。

valentineday_5.jpg





既成のカードの種類が多い一方、カードやラッピングのハンドメイド派もアメリカではかなり多いんですよ。
かくいう私もこちらへ来てから、手作りカードに目覚めました。


こちらはハンドメイド派が通いつめるクラフトショップのバレンタインデー・コーナー。
今月始めに撮った写真ですが、すでに売り切れのものがあったり、
セール価格になっているものまであります。

valentineday_6.jpg

人気のマーサスチュワートのクラフトパンチも、ハートをモチーフにしものが先月はいくつも
あったのですが、残っているのはこれだけ。。。



カードの次はやはりお菓子。

valentineday_7.jpg

ディスカウントスーパーのバレンタインデーのコーナーですが、
「$2.29の愛」(笑)ってことで、普段買っているお菓子類も
バレンタインデーのために少しおめかしして並んでいたりします。


valentineday_8.jpg

おなじみm&mは季節ごとにパッケージが変わりますが、今年のバレンタインデーはこんな感じ。


valentineday_91.jpg

こちらもポピュラーなチョコレート、ハーシーズのキスチョコやリーセスのピーナッツバターチョコ。
ハート型のパッケージとちっちゃなクマという、なんとも直球勝負な一品。


valentineday_3.jpg

もちろん、ゴディバのクマもバレンタインデーということで、
今年はハートマークのパッチがついた赤いセーターで登場しています。

お菓子はやっぱりチョコレートが主流ですが、カップケーキなんかも
ピンクのクリームとかハートの飾りのものが店頭に並びますね。


そして、欠かせないのがお花でしょう。
スーパーにも手軽に買える花束がたくさん現れます。

valentineday_96.jpg

1ダースのバラ。


valentineday_95.jpg

花束ではなくて、「バラ1本」がふえるのもこの時期の特徴。

プレゼントと一緒にさくっと1本のバラ。っていうのも結構嬉しかったりします。


バレンタインデーをきちんと楽しみたいカップルのためには、
「お二人様用」特別メニューを用意しているレストランも多くなってきましたが、
2/14はレストランの予約が非常に取り難い日でもあります。



そして、ここラスベガスでは結婚式が一番多いのが2/14なのだとか。
予定されて執り行われる式もさることながら、バレンタインデーということで、
突然思い立って、あるいはお酒の勢いで、ストリップ沿いのドライブスルーのチャペルで
結婚してしまうパターンが増えるのでしょう!

Happy Valentine's Day!



人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2011年2月11日
« 前の記事「スタバのドリンク・超ビッグなサイズが登場!果たして飲みきれる?」へ
»次の記事「ラスベガスのフードトラック事情」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ラスベガスに降り立つ飛行機たち
    'I Love Vegas ' by オバマ大統領
    オバマ大統領がラスベガスへ
    ホールフーズマーケットで地元産の野菜を買うこと
    モニュメントバレーの景色

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集