海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ネオンを消したラスベガスのホテル - アースアワー...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月27日

ネオンを消したラスベガスのホテル - アースアワー参加


メール プリント もっと見る

ネオンを消したラスベガスのホテル - アースアワー参加



3年目となったアースアワーへの参加。

今年はラスベガスの街としては参加はしなかったようですが、
これまでと同様各ホテルが参加して今晩20:30~21:30の一時間、
建物の照明やサイン・ネオン・ビルボードなどがスイッチ・オフされてストリップに暗闇が訪れました。


おなじみの「ウェルカム・ラスベガスサイン」も20:30に照明が落とされました。

earthhour2011_1.jpg

earthhour2011_2.jpg
暗いサインの下でエルビスと一緒に写真を撮る人たちもちらほら。
(時間によりますが、ここでエルビスと会える確率はかなり大きいです)



昨年の記事 でも書いたのですが、ここラスベガスでも環境への影響を考えたオペレーションが
行なわれているホテルがふえています。


ベラージオやモンテカルロ、アリアなどを所有するMGMリゾートインターナショナル、
シーザースパレスやパリスを所有するシーザースエンターテイメント、
ベネチアンやパラッツオのサンズコーポレーション、
各社ともアースアワーに参加することで、そういった姿勢をアピールしているわけですね。

加えて今年は、レストランの参加表明として、20:30からのキャンドルディナー(フロアの照明を落として、
キャンドルの明かりだけでの食事)を提供したレストランもあったそうです!


ストリップまで繰り出したものの良い写真が全く撮れませんでしたので、
代わりに日刊紙「Las Vegas Sun」の動画でアースアワーの様子をご覧下さい。


The Las Vegas Strip goes dark in observance of Earth Hour.
ラスベガス・ストリップが照明を落として暗くなっていく様子です






ところで日本での今年のアースアワー参加は、本来の趣旨を越えて、
東日本大震災による被災地支援を視野に入れて行なわれたということを知りました。

earthhour2011_3.jpg

義捐金だけでなく、「節電」で被災地支援ということだそうで、目からうろこが落ちました。


過去の記事:
ラスベガス、アースアワーに参加(3/15/2010)



人気ブログランキングへ                         Twitterボタン






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2011年3月27日
« 前の記事「ラスベガスで活躍するパフォーマー「祭-MATSURI-」による募金活動」へ
»次の記事「いよいよ春!ベラージオのボタニカルガーデン」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    べラージオはただ今春真っ盛り!
    ラスベガス、アースアワーに参加
    古巣に戻ってくるセリーヌ・ディオン
    バンクーバー冬季オリンピックとジャパドッグ?

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集