海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ネオンサインの墓場があった!

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 7日

ネオンサインの墓場があった!


メール プリント もっと見る

ネオンサインの墓場があった!



neonmuseum_2.jpg



記念撮影でいつもにぎわっている「Welcome to Fabulous Las Vegas」のサイン に代表されるように、
ラスベガスにネオンサインはなくてはならないもの。

今でこそLEDの大画面広告に取って代わられていますが、古くは電球やネオン管を使った
味わいのある暖かいネオンサインが各ホテルの売り物でした。

1932年にフリーモントストリートにオープンした「Apache Hotel」が、初めてネオンサインを掲げてから
1960年代くらいまでにダウンタウンやストリップでは趣向をこらしたネオンサインが活躍していました。
その後、時代の流れとともにホテルがクローズしたり新しいデザインに変えられたりした際に、
今までのネオンサインたちは取り外されて、行き場を失うことになるわけですが、
そういった役目を終えたネオンサインが集められた「The Boneyard」(ネオンサインの墓場)がダウンタウンにあります。



neonmuseum_92.jpg


実はこのboneyard、もともとネオンサインを作っているYESCO社が
各ホテルから引き上げてきたネオンサインの置き場所として使用していた空き地なのですが、
The Neon Museum(ネオンミュージアム)という非営利団体によって、
ネオンサイン保存の一環としてその名も「The Boneyard」として生まれ変わったものなんです。


約12,000㎡の空き地には、「墓場」という名前の通り、役目を終えたあとも長い間風雨にさらされて
色もあせてしまったネオンサインが150体(?)以上、ごろごろと地面に置かれているだけなのですが、
サインたちはそれぞれにストーリーがあり、ラスベガスの歴史を無言で語っているような気がします。


現在予約制で行なわれているツアーに参加すると、この「墓場」の中をツアーガイドの説明(英語)を聞きながら
約1時間ほどかけて見てまわることができます。


neonmuseum_4.jpg
boneyardの前で今日のツアーガイド Eileenの説明を聞きます。
まとまって歩くこと、ガイドから離れないこと、足元に気をつけて、等々細かい注意が。
確かに中は砂利道で、ガラス(電球やネオン管)の破片がちらばっていたり、
大きなネオンサインは倒れないように固定されてはいるものの、不要に触ったりしたらちょっと危なそう。



neonmuseum_5.jpg
neonmuseum_6.jpg
ネオンサインはどれもかなり大きいので、巨人の国に入り込んだ小人のような気分。


neonmuseum_7.jpg
こちらは、Desert Inn ホテルのサイン。
デザート・インは2001年、今のWynnホテルを建てるために取壊されました。
取り壊される直前には、映画Rush Hour2で、"Red Dragonホテル" として撮影に使われましたね。



neonmuseum_8.jpg
今は亡きアラジンホテルの「魔法のランプ」と、その後ろのきらきら星のタワーは懐かしいスターダストホテルの後期のネオンサイン。
スターダストホテルは2007年に爆破解体されています。



neonmuseum_91.jpg
これは、ダウンタウンにあるゴールデンナゲットの1980年代のネオンサインの一部。
ネオンに飾られている「1905」はラスベガスが「市」となった、いわゆる誕生の年です。


neon_Fremont_street_1983.jpg>
Photo ©1983 Larry D. Moore, used under a Creative Commons ShareAlike License.
これは1983年のフリーモントストリート。(この通りに屋根が取り付けられて、現在のフリーモントエクスペリエンスが始まりました。)
「ゴールデンナゲット・ギャンブリングホール」 のネオンサインが見えますね。



neonmuseum_9.jpg
ネオンサインではないのですが、こんなものも横たわっていました。
見覚えある方も多いのでは?
「t.i.」 と呼び方が変わる前のトレジャーアイランドの看板だった、海賊の顔です!




説明をききながらネオンサインの山の間を歩くこと約1時間。
興味深いストーリーをいくつも聞かせてくれるので、あっというまに時間が過ぎていきます。
ツアーは人気のようで、この日も40名ほどが参加しており、2つのグループに分かれてまわりました。



The Boneyardの敷地には2003年にクローズし、その後2006年までリビエラホテルの並びにあった、
La Concha Motel のロビー部分が復元されていまして、
ここは将来 The Boneyard のビジターセンターとして、生まれ変わる予定だそうです。

neonmuseum_1.jpg
1961年オープンのこのモーテルロビー、ご覧の通りまさにミッドセンチュリーのスタイル。
この建物は建築家Paul Williamによるもので、彼はロサンゼルス空港にある
アーチが2本交差した印象的なあのタワーの設計者でもあります。

このロビー部分をここに移設するにあたっては、屋根の部分を8つのパーツに分解して運び入れ、組み立てられたのだとか。



neonmuseum_3.jpg
まだオープンはしていませんが、boneyardの隣には小さな公園も作られました。

冒頭の写真は、この公園にできたネオンサインなのですが、実はすべて当時のネオンの複製で作られています。

- Nは ゴールデンナゲット(Golden Nugget)から
- Eは シーザースパレス(Caesars palace)から
- Oは ビニオンズ(Binnion's)から
- Nは ニュー・フロンティア(New Frontier)から
そしてのサインははスターダストから それぞれ選ばれています。


さて、役目を終えたネオンサインたちの中にも、みごとに蘇って昔と同じように人々の目を楽しませてくれているネオンもあります。
次回は、そんなネオンサインをご紹介しますね。



■ツアーについて:

現在のところ予約制。費用はドネーションという形で一人$15。
写真を撮る人については、撮影した写真は個人の使用のみで
商用にはしないと同意する必要があり、誓約書にサインをさせられます。
スケジュール等詳しくはネオンミュージアムのサイトにてご確認下さいね。
Neon Muesum
http://www.neonmuseum.org/index.html

*Boneyardはフリーモントエクスペリエンスから車で5分程度の場所ですが、
フリーモントストリート同様、周辺は治安が良いとは言いづらいところです。
夜間この周辺にでかけることは避けた方が良いでしょう。
(予約制のツアーはもちろん昼間行なわれますが、念のため)



View Larger Map


人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2011年3月 7日
« 前の記事「ラスベガスのハンバーガーは進化中① (smash burger・スマッシュバーガー)」へ
»次の記事「東北地方太平洋沖地震、Twitter、USTREAM、そして祈り」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    べラージオはただ今春真っ盛り!
    ラスベガス、アースアワーに参加
    古巣に戻ってくるセリーヌ・ディオン
    バンクーバー冬季オリンピックとジャパドッグ?

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/17更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集