海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 春!砂漠ガメのマックス君がお目覚め-レッドロックキ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年4月25日

春!砂漠ガメのマックス君がお目覚め-レッドロックキャニオン


メール プリント もっと見る

春!砂漠ガメのマックス君がお目覚め-レッドロックキャニオン



RRC_2011_Apr1.jpg
今ならドライブも散歩も気持ちいいレッドロックキャニオン


砂漠ガメの「モハベ・マックス君」が冬の間の休眠から目覚めて巣穴を初めて出てくる日、
いよいよここ南ネバダに春の到来!です。
今年は3/29がその日でした。


RRC_2011_Apr3.jpg
思ったより大きくて、びっくり。甲の中心で30cm近くあったような。

砂漠ガメ(サバク・ゴファーガメ)は、モハベ砂漠やソノラン砂漠に生息する陸ガメで、
レッドロックキャニオンのビジターセンターにも住んでいます。

このカメ君たちは、気温が下がり始める秋から冬の間は巣穴にもぐって「休眠」状態となり、
春、気温が上がり始め、日照時間が長くなると、体内時計に従って目を覚まし
地上に出てくるんだそうです。
(哺乳類の「冬眠」とは違って、爬虫類の場合はずっと眠っているわけではなく、
たまに起きて水を飲んだりするのだとか。
英語でもはっきり "Hibernation" と"Brumation"という言葉で使い分けられているのを知りました。)


RRC_2011_Apr2.jpg
ビジターセンター裏手の展望デッキ手すりに囲まれた場所が、モハベ・マックス君のテリトリー。
手すりにもたれて覗いている人の足元、すぐ下にマックス君がいます。



RRC_2011_Apr4.jpg
サボテンとマックス君

これはモハベ・マックス君の家-巣穴。

RRC_2011_Apr6.jpg



ここに住んでいる砂漠ガメに「モハベ・マックス(Mojave Max)」という立派な名前がつけられているのには理由がありまして、
マスコットとして親しんでもらうだけでなく、彼はクラーク郡のDesert Conservation Program(砂漠の保全・管理のためのプログラム)の一環で、砂漠の生き物や環境についての啓蒙活動を一身に担っているけなげなカメでもあるためなんです。

つまりこのモハベ・マックス君を通して、自分たちが住んでいる砂漠の環境について
考える機会を私たちに与えてくれているわけです。


もちろん実際に活動するのは着ぐるみのモハベ・マックス君なんですが、
本物のマックス君が目を覚ましたあとは、コドモたちへの教育プログラムとしてのクラスや先生たちのワークショップ、
ボランティアトレーニングプログラムなどが次々と始まるので、着ぐるみマックス君はこれから大忙しとなります。


RRC_2011_Apr5.jpg
岩のような、年輪みたいな模様の甲羅。調べてみたら、つなぎ目がどんどん成長していくので、年輪みたいに見えるのだそうです。
ちなみに、砂漠ガメの寿命は60-80年。



RRC_2011_Apr91.png
こちらがコドモたちにも人気のマスコット、モハベ・マックス君。
写真は "http://www.mojavemax.com/"からお借りしました


もちろん、大事な任務をまかされているマックス君ですから、facebookやTwitterも駆使して
活動に励んでいますよ。

RRC_2011_Apr9.jpg



次回レッドロックキャニオンを訪れる機会には、シーニックドライブに進む前に、
ぜひビジターセンターに立ち寄ってマックス君を探してみてくださいね。
午前中早めの時間の方が、会える確率は高いそうです。



RRC_2011_Apr7.jpg
レッドロックキャニオンを見渡せるビジターセンター。気持ちいいです。


レッドロックキャニオン
■ビジターセンター: tel: 702.515.5350
■入場料: 自家用車の場合、1台につき$7-
■シーニックドライブ: 6AM-8PM オープン (4月~9月)
GPS Coordinates: 36 degrees 8 minutes North and 115 degrees 25 minutes West
GPS Coordinates: UTM 11 S 0653467 / 4002192


View Larger Map



■これまでの記事
レッドロックキャニオンで深呼吸 [Jan.2010]
花が咲き始めたレッドロックキャニオン [May.2010]
レッドロックキャニオンの雪景色 [Jan.2011]







人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年4月25日
« 前の記事「ラスベガスのフードトラック、おいしく楽しく人気上昇中!」へ
»次の記事「携帯電話をアップグレードする - アメリカ携帯電話事情」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    バス乗り場風景
    急行バスと普通バスの使い方
    メイド・イン・ラスベガスのおみやげ
    ショッピングに便利な急行バス!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集