海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 地元密着型のヨーロピアンなショッピングタウン・Ti...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年5月10日

地元密着型のヨーロピアンなショッピングタウン・Tivoli Village(チボリ・ビレッジ)


メール プリント もっと見る

地元密着型のヨーロピアンなショッピングタウン・Tivoli Village(チボリ・ビレッジ)



どん底の不景気を背景に、ホテルやショッピングモールなどの建設中断がいくつもある中で、
先月末、久しぶりに新しいショッピングタウンがオープンしました。なんとも嬉しいニュースです。

ラスベガスの西にあるサマリン地区にできた「Tivoli Village」(チボリ・ビレッジ)。
ヨーロピアンスタイルの街全体は、イタリア・トスカーナ地方のスタイルからヒントを得たという石畳の小道が続き、
こじんまりとした建物が並ぶ、落ち着いた心地よい空間です。



tivolivillage_03.jpg


tivolivillage_01.jpg




それでもやはり予定から1年半遅れてのオープンだそうで、現在の第一期のエリアも、
今のところショップとレストラン合わせても全体の半分で15軒ほど。
年末までにはあと半分のお店がオープンすることになっています。

その後は第四期のエリアまで拡張が予定されており、2012年末にオープン予定の第二期のエリアには、
映画館の入る施設もできる予定だそうで、楽しみ。


tivolivillage_02.jpg
入り口に聳え立つオベリスク。周りは噴水になるようですが、まだ水は入っていません。(笑)


tivolivillage_11.jpg
モールでよくみかけるアクセサリーや雑貨のベンダーも、街の雰囲気に溶け込んでます。


ここを歩いていて、ふと以前に来たことのあるような気がしたんですが、
考えてみれば、レイク・ラスベガスの「ビレッジ」やグリーン・バレーの「ディストリクト」
あるいはストリップ南端にある「タウンスクエア」 と似たような「小さな街」だからなんでしょうね。



tivolivillage_07.jpg
この建物には鐘塔があって、時を告げる鐘が15分ごとに鳴り響きます。なんだか別世界にいるよう。


tivolivillage_06.jpg
建物は1階がショップやレストランで、2階以上がオフィスとなっているスタイル。


tivolivillage_14brio.jpg
個人的にも好きな人気イタリアンレストラン「BRIO」。ラスベガスではタウンスクエアに続いて2店目となりました。


tivolivillage_13petra.jpg
こちらはギリシャ料理レストラン「Petra」のテラス席。
夏に向かうとちょっときついかもしれませんが、今くらいなら日差しの下でのランチにうってつけかも。



tivolivillage_17leonecafe.jpg
まるで古くからここにあったような雰囲気の落ち着いた店内は、イタリアン・カフェの「Leone」。

tivolivillage_15leonecafe.jpg
週末の午後、みんなまったり中。


そして土曜日のファーマーズマーケットも始まりました。
地元のアップルジュースやカリフォルニアからの野菜のほかに、ハンドメイドのお店とか、
ツアーガイドの方がグランドキャニオンなどで撮影した写真を売っていたり、
キッズ向けにはフェイスペイントやバルーンアートなど、楽しめるものがたくさん。


tivolivillage_19.jpg
まだまだ賑わいはいまひとつと言ったところですが、今後に期待!

tivolivillage_18.jpg
この日はPetraの前に作られたステージで、カリビアンバンドの演奏も。

tivolivillage_19b.jpg
ベネチアンのグランドカナルショップスで見かけるような大道芸人(ジャグラー)も練り歩いていました。


地元コミュニティに溶け込むショッピングタウンということで、入っているテナントは
いわゆるポピュラーな人気ブランドではなくて、ラスベガスで活躍しているフォトグラファー「Bobby Wheat」のギャラリーとか
アパレルもジュエリーも地元のユニークなお店が中心のようです。
ローカルの手作りドッグフードを扱う THE DOG HOUSE なんていうユニークなお店も。

犬と言えば、ここはドッグ・フレンドリーな場所でもあるので犬連れでの散歩も楽しめるわけで、
これはご近所さんにはかなりアピールするのではないかと思います。

私はしばらく、ファーマーズマーケット目当てに通ってみようかな。



【TIVOLI Village】
http://tivolivillagelv.com/
440 S. Rampart
Las Vegas, NV 89145

*ファーマーズマーケットは毎週土曜日 8:00-13:00



View Larger Map



人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2011年5月10日
« 前の記事「携帯電話をアップグレードする - アメリカ携帯電話事情」へ
»次の記事「ラスベガスでのチャリティ・フリーマーケット(東日本大震災)」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    名物ネオンサインと歴史登録財
    グランドキャニオンと世界の自然七不思議
    ラスベガスのファーマーズマーケット
    初夏のザイオン国立公園
    花が咲き始めたレッドロックキャニオン

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集