海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガス - 余生を過ごすネオンサインたち

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年6月13日

ラスベガス - 余生を過ごすネオンサインたち


メール プリント もっと見る

ラスベガス - 余生を過ごすネオンサインたち



neon_vivavision.jpg



ラスベガスの街中にあふれるネオンサイン。
いつもぎらぎらと輝き続けていますが、時代とともにその姿は変わっています。


写真や映画の中でよく目にする、電球やネオン管で作られていた手作り感たっぷりのネオンサインも、
いまや主流はスマートなLED大画面広告。
でもちょっと泥臭いけれど温かみのある古いネオンサインに心惹かれるのは、私だけではないはず。


で、以前に役目を終えた ネオンサインたちの「墓場」 のことを書きましたが、
今日は墓場から蘇り、ひっそりと余生を過ごしているネオンサインたちの話です。



ダウンタウンで人気の映像アトラクション「フリーモントストリート・エクスペリエンス」。
実はこのアーケードで覆われたフリーモント・ストリートには、"Fremont Street Gallery(フリーモントストリート・ギャラリー)"
名付けられたネオンサインのギャラリーがあります。


neon_andy2.jpg



これは、「ネオンミュージアム(ネオンサインの収集・修復・展示を目的とした非営利団体)」によって作られたものですが、
ギャラリーとは言っても、博物館やアートギャラリーのような屋内に展示されているものでなく、
フリーモントストリート・エクスペリエンスのネオノポリス側の入り口から4Qeensの間に、
9体のネオンサインが何気なくディスプレイされているもの。
ネオンサインとともに説明がつけられているので、いつ頃・どこで活躍していたネオンなのか
わかるようになっています。

いくつかご紹介してみますね。


neon_andy1.jpg
牛乳配達人の彼の名は、アンディ・アンダーソン。
ここラスベガスで100年以上の歴史を持つ乳製品メーカー Anderson Dairyのマスコットでした。
(もともとAnderson Dairyは、今のダウンタウンの周辺に酪農場を作り、牛乳の生産・販売を
始めたのだとか。その頃は、毎日馬車で新鮮な牛乳を配達してたそうです。)
1956年生まれのこのアンディのネオンは、現役引退後修復されて1997年からWalgreens前にたたずんでいます。



neon_hacienda.jpg
このネオンは、もっとも目に着きやすいんじゃないかと思います。
ラスベガス・ブルバードとフリーモント・ストリートの交差点で上を見上げればそこにいる、
"The Hacienda Horse and Rider"。
このネオンがあったHacienda Hotel (Resort)は、1996年まで今のマンダレイベイホテルの場
所にあったリゾートホテル。
今は引退してしまったマジシャン・ランスバートンが、マジックショーの公演を始めたホテルでもあります。
このカウボーイのネオンは、1967年生まれ。
修復後にフリーモントストリートに蘇った最初のサインでもあります。



neon_aladdin.jpg
アラジンの魔法のランプ!
ストリップ沿いにあったアラジンホテルのネオンです。
何度も名前を変えてきた過去を持つこのホテルは、今はプラネットハリウッドホテルですね。
ネオンは1967年生まれ、今は上でご紹介したハシエンダホテルのカウボーイのすぐ近くで輝いています。



neon_chief.jpg
フリーモントストリートにあった、The Chief Hotel Court のサイン。1940年生まれ。


neon_frame.jpg
1961年生まれのこのネオンは Flame Restaurant(フレーム・レストラン)の屋上で活躍していたもの。
光の移動で炎(フレーム)がめらめらと燃えているように見える優れもの。



neon_nvmotel.jpg
1937年にダウンタウンにオープンした、ラスベガスで最初のモーテル、ネバダ・モーテル。
ネオン自体は1950年代に作られたようですが、「駐車場あり・冷房完備」っていうサインに時代を感じます。
ところで、このカウボーイの顔に見覚えはありませんか?
フリーモントストリートエクスペリエンスのお土産やさんの上に"Vegas Vic"という全身大の
カウボーイのネオンがありますが、その前身らしくそっくりのいでたちです。


neon_vegasvic.jpg
ちなみにこちらがVegas Vic氏。"Vegas Vic"(Wikipediaより転載)



こういったネオンサインたちって、何十年も変わらずに人々の目を楽しませてきたからでしょうか、すごくエネルギッシュ。そして素朴だけれども、パワフルなアート作品ではないかと思います。

ラスベガスの移り変わりを見続けてきたそんなネオンサインたちに、もっともっと新しい居場所
を与えてあげることで、
観光で来た方だけでなくラスベガス市民にとっても、この街の歴史を垣間見れる良いチャンスと
なるわけで、今後の「ネオンミュージアム」の取り組みに大いに期待したいところです。

フリーモントストリート・エクスペリエンスに行かれた折には、ぜひAndyやアラジンのランプを探してみてくださいね。

ちなみに、ここにあるドラッグストア"Walgreens"は、街の中のお店と違い、
ちょっとレトロっぽいネオンを生かしたサインになっていて、周りの雰囲気にしっくり溶け込んでいます。

neon_walgreens.jpg




■これまでの関連記事■
ネオンサインの墓場があった! (March.2010)



[ Fremont Street Gallery ]

より大きな地図で Fremont Street Gallery を表示



人気ブログランキングへ                         Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2011年6月13日
« 前の記事「観光にも便利な、ラスベガスの優れたバス・システム-SDX」へ
»次の記事「サ・ヨ・ナ・ラ そして身ぐるみはがされるサハラホテル」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ラスベガスの花火事情
    がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港
    ヘルシーなフローズンアイス登場
    べラージオは夏のガーデンに衣替え

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集