海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ミラージュに 2頭の赤ちゃんイルカがお目見え♪ ド...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年9月27日

ミラージュに 2頭の赤ちゃんイルカがお目見え♪ ドルフィン・ハビタット


メール プリント もっと見る

ミラージュに 2頭の赤ちゃんイルカがお目見え♪ ドルフィン・ハビタット


miragedolphinsign_02.jpg

先月だったでしょうか、フリーウェイを走っていてみかけたこのサイン。
「It's a BOY! (男の子です!)」。

わかりにくいかもしれませんが、イルカがくわえているのはなんとおしゃぶり。
そう、ミラージュホテルのすばらしい隠れ(?)アトラクション、
Siegfried & Roy's Secret Garden and Dolphin Habitat で、
イルカの赤ちゃんが生まれていたのでした。


miragedolphine_2011_01.jpg
これはオトナのイルカです。

7月にベビーが生まれたのは知っていたのですが、なんと8月にももう1頭生まれていたそうで、
今は2頭の赤ちゃんイルカがドルフィン・ハビタットで元気に暮らしています。



miragedolphin_2011_02.jpg
Siegfried & Roy's Secret Garden and Dolphin Habitatの入り口はプールの脇。

miragedolphin_2011_03.jpg
ラスベガスらしからぬ、うっそうとした熱帯植物の通路を抜けると、そこがドルフィン・ハビタット。


miragedolphin_2011_04.jpg
全部で4つのプールが繋がっていて、これはメインのプール。

miragedolphin_2011_05.jpg

こちらはリサーチ・プール。
今年3歳になるベラが、のんびりとくつろいでいます。

そして、生まれたばかりのベビーとママたちもこのプールで見ることができますよ。
miragedolphin_2011_06.jpg



2組の親子(ママ&ベビー)がくっついたり、離れたり。


miragedolphin_2011_07.jpg

miragedolphin_2011_08.jpg

miragedolphin_2011_09.jpg

miragedolphin_2011_10.jpg
ママイルカと赤ちゃんイルカはいっつも一緒。
頬を寄せてスリスリするのは、私たち人間も一緒ですね。


miragedolphin_2011_11.jpg
この日は、「Trainer For A Day」(一日トレーナー体験プログラム)が実施されていて、
これはトレーナー体験参加者がママイルカの背びれにつかまって泳ぐ場面。
赤ちゃんイルカも何気にママの脇にくっつきながら参加してます。



7/3に生まれたベビー(男の子)はK2 と名づけられましたが、
8/20生まれのベビー(こちらも男の子)の名前はこれから決められます。

現在リサーチプールにいるのは、K2とママのダッチェス、
そしてHuf n Puf とそのコドモたち - 8/20生まれのベビーと三歳のベラ(女の子) - なんですが、
Huf n Pufはダッチェスのムスメ(2000年3月にここで誕生)なので、
ここでは今、三世代同居となっているんですね。

このドルフィン・ハビタットには、ここで生まれ育ったイルカと、
フロリダなどの水族館から引っ越してきたイルカが一緒に住んでいますが、
ここは教育とリサーチのための施設なので、「シーワールド」のように決まった時間にショーや
パフォーマンスがあるわけではありません。
でもイルカたちはいつでも見ることができますし、トレーナーの方たちが、どんな質問にも答えてくれます。

ところで、この日はこのイルカのプールの隣から、激しいバックグラウンドミュージックが聞こえ
ていて気になったのですが、
実はこのリサーチプールの隣、パームツリーの向こう側は、アダルト・オンリーのプールラウンジ
"Bare" (「トップレスあり」のプール)なんですね。
イルカのプールとアダルトプールの取り合わせっていかにもラスベガスっぽいでしょう?
でもイルカたちはストレスにならないのかな。。。今度、トレーナーの方に聞いてみよう。



miragedolphin_2011_12.jpg

ホテルの駐車場からフロントへ向かう通路では、
「赤ちゃんが生まれました!」って大喜びのディスプレイも。
そう、ホテル全体で赤ちゃんイルカの誕生を祝っているんですね。


カジノの喧騒から少し離れたくなったら、ここはオススメの場所です。



Siegfried & Roy's Secret Garden and Dolphin Habitat
website
入場料: 大人: $17.00
    子供4歳 - 12歳: $12.00
    3歳以下:無料
*Mirageホテル宿泊者は割引料金あり
*ネバダ州ID提示で割引料金あり(9/30まで)
*料金はウェブサイトや電話などでその都度ご確認下さいね。



View Larger Map




人気ブログランキングへ   Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2011年9月27日
« 前の記事「ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場」へ
»次の記事「オープンまで8ヶ月 - ラスベガス・マッキャラン空港の新しいターミナル」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    小さくて静かな町:ブルーダイヤモンド
    スプリングス・プリザーブで初めてのムーンフェスティバル(中秋節のお祭り)
    ベラージオ・今年の秋の顔は・・・
    隠れた名所かも?ロストシティ博物館-Lost City Museum

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集