海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > ラスベガスの2011年を振り返って

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年12月31日

ラスベガスの2011年を振り返って


メール プリント もっと見る

ラスベガスの2011年を振り返って



こちらはただ今12月30日の夜。
予想では明日のNYE(New Years Eve:大晦日)には31万人以上の人出だとか。
今日の午前中からストリップ(大通り)には車が一気に増えて、ホテルはいつもよりたくさんの
人でごった返し始めており、明日のカウントダウンに向かって街全体が盛り上がっています。

そんなラスベガスの一年を振り返って、今年の三大ニュースというか、
印象的だったできごとを3つほど。



○元気が出てきたダウンタウン


fremont_east01.jpg
元気の発信地。フリーモントイースト。

fremont_east02.jpg
元ラスベガス市長自らマティーニ片手に、フリーモントイーストの看板(垂れ幕)に登場。


景気どん底、2桁の失業率のラスベガスにあって、じわじわと元気になってきたダウンタウンが
話題に上ることが増えました。
特に今年はアートギャラリーを中心とした"First Friday", フードトラックの集まる"Vegas Streat" と2つの月いちイベントが、
フリーモント・イーストで定着して、観光客でにぎわうフリーモント・ストリートとは別の
新しい顔を作り始めています。
来年は、今かなり元気な企業"Zappos"が、ダウンタウンの元市庁舎をオフィスキャンパスと
して引っ越してきますので、ダウンタウンは引き続き話題の発信地として、元気を生み出してくれることでしょう。



○去り行くホテルたち


sahara_sign2.jpg
今は亡きサハラホテル

citycenter-usatoday.jpg
写真右側のブルー系のビルがハーモンホテル(になるはずだった)
**写真はusatodayよりお借りしました。



59年の歴史に幕を閉じた「サハラホテル」

クローズと同時に、家具はもとより、カーテン・廊下のカーペットからトイレットペーパーホルダーにいたるまで、
何から何まですべて売りつくされました。
最近のニュースによれば、トレードマークだったローラーコースターは取壊され、
ホテル本体はビアガーデンを含む施設に生まれ変わる予定のようです。


資金繰りが着かずに建設途中でストップしてしまったホテル、「フォンテンブロー」。
ダウンタウンの老舗・プラザホテルが、9月の改装オープンにあたり、
この未完成ホテル「フォンテンブロー」から客室内の家具・調度品を買い取って使ったことで話題になりました。


そして、ストリップで今一番HOTなシティセンターの中で、ひっそりと空っぽのまま
たたずんでいる「ハーモン・ホテル」。
途中まで建設された時点で施工上の欠陥があるのがわかり、
当初の約半分の高さで完成となったものの、その後耐震性の問題もありオープンには
至らなかったという悲しいホテル。
夏には、爆破解体のための申請が当局に出されました。
(今までにもいくつものホテルが、爆破解体の憂き目にあいました)
今はまだ引き続き、シティセンターやショー「ビバ・ラスベガス」の広告用タワーとなっています。



○東日本大震災がラスベガスにもたらしたこと

yardsale_01.jpg

遠く離れた日本での大災害にいてもたってもいられず、とにかく何かできることをしたい、
という気持ちがたくさんの人たちに生まれ、様々な募金活動 という形になりました。

日本では今年を代表する「ことば」のひとつとして「絆」が選ばれたそうですが、
まさにこちらラスベガスでも、この大震災をきっかけとして、
今まであまり実感することのなかった、日本人コミュニティの「絆」がぎゅっと強く
結ばれました。

友人・知人との繋がり。地域との繋がり。母国・ふるさととの繋がり。
そういった繋がりがたくさん集まって、ひとつの太い絆となったのだと思います。
そしてその絆は、日本人である・ないに関らず、ラスベガス中のたくさんの人たちの気持ちで
さらに固められたと言えるでしょう。



***********************************************

今年一年、ラスベガス特派員ブログを訪ねていただき、ありがとうございました。
2012年もいろいろなラスベガスをお伝えしていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。



(12月のお題"2011年3大ニュース")



人気ブログランキングへ   Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2011年12月31日
« 前の記事「沖縄ごはんと島唄ライブでラスベガスの夜はふける」へ
»次の記事「ラスベガスの巨大ホテルでもう迷わない?インドアGoogle(グーグル)マップ」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    大雨のラスベガス
    クリスマス・ライト(イルミネーション)番外編・コールメーヤー(カリフォルニア)
    ベラージオ・今年のウィンター・ガーデン(ボタニカルガーデン)
    エセルM・サボテンガーデンのイルミネーション
    ラスベガスマラソンでパワーをもらう

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集