海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 2012年期待の星・マッキャラン空港ターミナル3

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年1月31日

2012年期待の星・マッキャラン空港ターミナル3


メール プリント もっと見る

2012年期待の星・マッキャラン空港ターミナル3



Airport_new_T3_2012_01.jpg



今、ラスベガスのツーリズムの鍵を握るのは、海外からのツーリストやビジネスマンたち。
一説によれば、アメリカ国内からの旅行者が滞在中ギャンブル以外で使うお金の平均が$627であるのに対し、
海外からの旅行者は$1,011だそう。

そんな海外からの訪問客を増やすべく、ラスベガス観光局では世界各地でさまざまな
プロモーションを行なっていて、これからの10年で海外からの訪問客の割合を現在の18%から
30%まで持っていくことを目標としています。

で、海外からのお客様を増やすためにきわめて重要なものが、空港。



Airport_new_T3_2012_06.jpg



昨年一年間のマッキャラン空港の利用者は4150万人、2010年に比べて4.3%の増加となりましたが、
そのうち、国際線の発着するターミナル2の利用者だけを見てみてみますと13.8%増えています。

確かに昨年は、Virgin Atlantic Airwaysがそれまでのロンドン・ガトウィック空港からのフライトに
加えて、マンチェスター空港からのフライトをスタートさせ、British Airwaysが既存のヒースロー
空港からの路線の座席数をふやし、またメキシコはグアダラハラからVolaris Airlinesの乗り入
れが始まり、XL Airwaysの飛ばすパリ・シャルル・ドゴール空港からの季節運行便も再開された
りと、海外からの便数・座席数は大分増えました。

そして今年、さらなる海外からの旅客を受け入れるべく、
ラスベガスの期待を一身に背負ってオープンするのが、マッキャラン空港のターミナル3。


メインターミナルの東側に24億ドルをかけて建設されたこのターミナルは、
完成後は国内で一番新しい空港施設となります。
オープンは6/27の予定で、まずは国際線の発着が開始され、7月中には国内線も加わり、
8月末までにはターミナル1との間のトラムが運行開始の予定。


Airport_new_T3_2012_03.jpg
ゲートには蛇腹もつきました。


Airport_new_T3_2012_04.jpg
道路など建物周辺はまだ建設工事中。



現在国際線の発着するターミナル2では4つのゲートが使われていますが、
ターミナル3は全部で14のゲートのうち7つが国際線用に割り当てられ、
これから増えていく国際線の到着に対応し、現在の倍以上の数の乗客の受け入れが可能になります。
(ターミナル2はクローズされてしまいます。)

このターミナル3と、ターミナル1のDゲートの間がトラムで結ばれ、
ゲート階で最大14列、トラム乗車階で最大17列開けることのできるセキュリティチェックポイントでは、
最新技術を用いた作業によりチェックもスピードアップされるとのこと。


Airport_new_T3_2012_05.jpg
空港へ向かう道路には、新しい電光掲示板もつきました。(まだ真っ黒ですが)


ということで、ラスベガスの新しい玄関、ターミナル3のオープンがこれからの街の経済の
牽引役となることを期待して、今年はこの新ターミナル誕生に注目したいと思います。
できれば日本からの直行便の復活も願いたいところですね。


(1月のお題"2012年 コレに注目")



■これまでの関連記事
オープンまで8ヶ月 - ラスベガス・マッキャラン空港の新しいターミナル [ Oct. 2011 ]
がんばれ。ラスベガス・マッキャラン空港 [ Jun. 2010 ]




人気ブログランキングへ   Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2012年1月31日
« 前の記事「ラスベガス的チャイニーズ・ニューイヤー(中国の旧正月)の風景」へ
»次の記事「もうすぐ春?レッドロックキャニオンに「砂漠ガメ注意」のサイン」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    スタバのドリンク・超ビッグなサイズが登場!果たして飲みきれる?
    アメリカでは風邪をひいたらコレ!
    レッドロックキャニオンの雪景色
    Happy New Year! ラスベガスの新年は花火で始まる?

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集