海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 3.11 (東日本大震災)から1年。今ラスベガスで...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年3月12日

3.11 (東日本大震災)から1年。今ラスベガスで思うこと。


メール プリント もっと見る

3.11 (東日本大震災)から1年。今ラスベガスで思うこと。



ラスベガスの日刊紙、Las Vegas SUNのウェブサイトに今朝、
在サンフランシスコ日本総領事館・総領事から編集者への手紙 という形で記事が掲載されました。
震災後、様々な形で日本への支援に携わってくれたネバダの人々への、感謝を伝える内容です。
(ラスベガスの管轄は在サンフランシスコ日本総領事館なのです。)


さて、支援募金活動を微力ながらお手伝いするボランティアに携わった1年でしたが、
私自身も思いもよらない経験を通して、人と人が繋がることのすごさを実感することになりました。


そして、募金箱に快くお金を入れてくれた方々を始め、募金活動を提案してくれた人、
チームを作りあげてくれた人、活動をサポートしてくれた人、そのほかたくさんの人たちに
感謝の気持ちを抱いた1年でもあります。

来る3月21日、最後の支援募金を総領事館にお預けして、このボランティアチームは解散となりますが、
日本では被災地の復興のみならず、原発、放射能汚染、と問題は山積みですね。
引き続き、私ができる方法で復興支援に協力していかなければと思っています。

被災地で長く寒い冬を過ごした方々に、早く本当の春が来ますように。

flower_01.jpg




■これまでの関連エントリー  
日本へ向けて広がるたくさんの気持ち・ラスベガスでのチャリティ・イベント(東日本震災) [ Apr. 2011 ]
ラスベガスで活躍するパフォーマー「祭-MATSURI-」による募金活動 [ Mar. 2011 ]
ラスベガスでも被災者支援募金始まってます [ Mar. 2011 ]
アメリカ・携帯電話各社の英断・日本への通話が無料[ Mar. 2011 ]
米軍のコードネーム「友達(救出)作戦」 - 東北地方太平洋沖地震 [ Mar. 2011 ]
東北地方太平洋沖地震、Twitter、USTREAM、そして祈り [ Mar. 2011 ]




  Twitterボタン



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年3月12日
« 前の記事「ピーナッツバター味やホット・ソース味のソーダを試してみたい!? ロケット・フィズ(Rocket Fizz...」へ
»次の記事「またまた新しいファーマーズマーケットが、なんとダウンタウンに登場」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    いよいよ春!ベラージオのボタニカルガーデン
    ネオンを消したラスベガスのホテル - アースアワー参加
    ラスベガスで活躍するパフォーマー「祭-MATSURI-」による募金活動
    ラスベガスでも被災者支援募金始まってます
    アメリカ・携帯電話各社の英断・日本への通話が無料
    米軍のコードネーム「友達(救出)作戦」 - 東北地方太平洋沖地震
    東北地方太平洋沖地震、Twitter、USTREAM、そして祈り
    ネオンサインの墓場があった!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集