海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 2倍・3倍あたりまえ?アップダウンの激しいラスベガ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年5月22日

2倍・3倍あたりまえ?アップダウンの激しいラスベガスのホテル料金


メール プリント もっと見る

2倍・3倍あたりまえ?アップダウンの激しいラスベガスのホテル料金


hotel_01.jpg


ラスベガスのホテル料金の特徴はなんといっても上がり下がりが激しいこと。

同じ部屋が1泊$50の時もあれば、$300になることも不思議なことではありません。

週末とアメリカの祝日のほかにも、コンベンションやボクシング・NASCAR・全米ロデオ大会ファィナル
などのスポーツイベントの期間中の料金は、安い時の2倍・3倍・4倍・・・にどーんと跳ね上がります。


そして最近の頭痛の種が「リゾートフィー」なる追加料金。
「リゾートフィー」とはホテルにより提供する内容は違いますが、だいたいはインターネットの使用や
部屋からかける市内電話が無料とか、フィットネスクラブが利用できたり、飛行機の搭乗券のプリントアウトができたり・・・
というもので、チェックインの時に有無を言わさずに支払わされることになります。

ちなみに、MGM系ホテルはリゾートフィーがかかりますが、シーザース系のホテルとあといくつかのホテルは今のところリゾートフィーの設定はありませんよ。

それでは、オン・ストリップ(ストリップ沿い)の数あるホテルの中から、一万円前後($130前後)で
泊まれるホテルを見てみましょうか。そして、一番高そうな料金も並べてみますね。
(各ホテルのウェブサイトで一番安いカテゴリーの部屋として調べた1泊一部屋の料金です。)


まずは、映画「オーシャンズ11」の舞台となったベラージオ
ホテル前の噴水ショーや季節ごとに違った顔を見せてくれるボタニカル・ガーデンであまりにも有名ですね。
日本からのお客様には常に人気のようです。

hotel_02.jpg

Bellagio
○安値 $139 + リゾートフィー$25
●高値 $459 + リゾートフィー$25 (2013年1月のコンベンション期間中など)

hotel_03.jpg
少し奮発して湖側の部屋に泊まったら、夜ごと噴水ショーを楽しめますね。



映画「ハングオーバー!」で新郎と悪友たちが泊まったシーザースパレス
老舗としての風格たっぷりのこのホテルは、お隣のショッピングモール「フォーラムショップス」も人気。

hotel_04.jpg

Caesars Palace
○安値 $109 (リゾートフィーなし)
●高値 $379 (リゾートフィーなし)(5月末のメモリアルデーや7月の独立記念日の前後)

hotel_05.jpg
普通にロールスロイスが停まっているシーザースパレスのフロント。ここに来るとやっぱり老舗ならではの空気が漂っているような気がします。



ちょっと古いですが、家族でのしっちゃかめっちゃかなバケーションを描いたチェビー・チェイスの映画、
「ベガス・バケーション」の舞台はミラージュでした。
火山のアトラクションやドルフィン・ハビタットがあります。

hotel_06.jpg

Mirage
○安値 $69 + リゾートフィー$25
●高値 $429 + リゾートフィー$25(2013年1月のコンベンション期間中など)


hotel_07.jpg
チェックインカウンターにある熱帯魚の水槽。これも密かに人気あります。



アラジンホテルとしてエスニックな香りを漂わせていたホテルが生まれ変わった、プラネット・ハリウッドホテル
なんといっても程よい値段で、とても便利なロケーション。
ショッピングモールのミラクルマイルショップスと繋がっています。

hotel_08.jpg

Planet Hollywood Resort and Casino

○安値 $69 (リゾートフィーなし)
●高値 $399 (リゾートフィーなし) (5月末のメモリアルデーや7月1週目の独立記念日の前後)



そして最後は、最新ホテルのコスモポリタン・ラスベガス
人気DJを招いてのクラブシーンでは、だんとつで人気のホテルですが、
カジノはあるもののラスベガスっぽくないつくりで、都会のちょっとオシャレなホテルという印象。
ストリップでは唯一テラス(バルコニー)のついた部屋もあるホテルです。

hotel_09.jpg

The Cosmopolitan Las Vegas
○安値 $180 (リゾートフィーなし)
●高値 $550 (リゾートフィーなし)(2013年1月のコンベンション期間中など)


・・・ということで、これはほんの一部ですが、料金の差が激しいことがおわかりいただけたかと思います。
いくら「需要と供給」のもたらす結果としても、理解しづらいかもしれませんね。
でも逆に安い日を狙って泊まれば、高級と言われるホテルでもお得感たっぷりっていうことにもなるわけです。
(これらの料金には税金12%が加算されます。そして、料金は常に変わっていますので、あくまでも参考としてお考え下さいね。)


(5月のお題"1万円で泊まれるホテル")





地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年5月22日
« 前の記事「金環食(金環日食)の見えるところへ行ってみた!」へ
»次の記事「夏だ!ベラージオ・この夏のガーデンのテーマは・・・?」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    観光にも便利な、ラスベガスの優れたバス・システム-SDX
    アメリカでのおつまみ、これなくしては語れないかも - バッファローウィング。
    ラスベガスでのチャリティ・フリーマーケット(東日本大震災)
    地元密着型のヨーロピアンなショッピングタウン・Tivoli Village(チボリ・ビレッジ)

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/20更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集