海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 独立記念日・ラスベガス、花火解禁の一週間!

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月 2日

独立記念日・ラスベガス、花火解禁の一週間!


メール プリント もっと見る

独立記念日・ラスベガス、花火解禁の一週間!



fireworks_5_2012_02.jpg
暑い日差しをパラソルで避けながら、花火を売っているスタンド。


今年もこの季節がやってきました。
4th of July (7月4日の独立記念日)までの1週間、花火を売るスタンドが街中に現れるのですが、
毎年のことながら、このスタンドを見かけるようになると本格的な夏の始まりを実感します。


実はここラスベガスでは、花火(日本で言うオモチャ花火)はご法度。
売ることも遊ぶことも保管しておくことも違法行為なのです。
ただし、独立記念日前だけは別。6月28日から独立記念日当日の7月4日午後11時59分までの1週間は、
一定の条件のもとで花火を買って遊ぶことができるんですね。



fireworks_5_2012_01.jpg
6月26日の夕方。まだ中は空っぽ。


この期間は、消防署から認可を受けたスタンドで、安全性を認定された花火のみ販売が許可されます。
売られるのは手に持つものや地面に立てて使うもので、空中へ飛び出したり、爆発したり、
地上をぐるぐる回転する花火は引き続き違法。

スタンドの開店もチャリティ団体・教会・非営利団体のみに限られており、卸売り業者からの
委託販売となっているようです。


fireworks_5_2012_03.jpg
トレードマークの旗をなびかせて、かなり派手なスタンド



fireworks_5_2012_05.jpg


どのスタンドもカウンターには金網が張られ、お客さんが直接花火に触れられないようになっており、
お金や花火の受取はその上にあけられた小さな窓を通して行なわれます。
スーパーやコンビニで普通に花火が売られている日本とはちょっと違う風景に、
最初の頃は目が釘付けになったものです。



fireworks_5_2012_06.jpg

花火の入った箱を手にとって見ることができないので、どんな花火かわかりにくいなー。と思っていたら、チラシをくれました。

安いもので$1.00から。ほとんどが$5以下のものばかりだそうです。
いろいろな種類が詰まった袋入りのバラエティセットもあって、こちらは$20から$200(!)まで。
種類によっては、Buy One Get One Free (1つ買うと、もうひとつがタダになる)もあります。
人気があるのは、Morning Glory(手持ちで遊ぶススキ花火のような感じ) や
Purple Rain(地面に立てて噴水みたいに火花や煙が吹き上がるタイプ)とのこと。


fireworks_5_2012_04.jpg
花火の購入は16歳以上から。

さて、この解禁期間中はニュースなどでも「花火は安全に取り扱って」と呼びかけるようになります。
「花火で遊ぶ時には、水をはったバケツを用意しましょう。」とか、「燃えやすいものの近くで花火をしないこと」などなど、
ちょっと当たり前のようにも思えることばかりなんですが、普段花火で遊びなれていないので、
こういった細かい注意も当然必要なんですね。


なんでも、7月5日の朝は住まいのガレージから出火したなどの通報で、消防車の出動が増える傾向なのだとか。

これはひとえに花火の始末をきちんとしていなかったから。
家の庭で遊んだ花火をそのままガレージにあるゴミ箱に捨てるなどで、
くすぶり続けた花火が翌朝燃え移って出火するというパターンなのだそうです。


fireworks_5_2012_07.jpg
ためしに買ってみたスパークラー。"Sparkler"って「線香花火」って訳されるけど、
これは日本で言う線香花火ではなくて、もっとパチパチする花火。
ちなみに5本入って$1.00でした。高いのか、安いのか?



今年はラスベガス中に約170軒のスタンドがオープンしているそうです。
独立記念日までの解禁期間、花火で楽しく遊んで、事故やケガのない1週間となりますように。





地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2012年7月 2日
« 前の記事「シルクド・ソレイユの「ビバ・エルビス」に替わり「ザーカナ」の登場」へ
»次の記事「終了まであと一ヶ月・シルクド・ソレイユの「ビバ・エルビス」」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    クジャクが登場!この秋もやっぱり外せないベラージオのボタニカルガーデン
    58本の十字架に癒される-銃乱射事件から1カ月たったラスベガス #VegasStrong
    1時間得した気分・今年の冬時間はいつから?ラスベガスと日本の時差
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ベラージオでお菓子のアートを堪能する・ジャン フィリップのパティスリー
    ラスベガスの暑い午後、ファーマーズマーケットで涼をとってみた
    ベラージオ・この夏のガーデンはリバティ・ベル、白頭ワシ、そしてカーニバル

    アメリカ ツアー最安値


    2017/12/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/キャンベルアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集