海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 噂のフローズンヨーグルト「ピンクベリー(pinkb...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年9月10日

噂のフローズンヨーグルト「ピンクベリー(pinkberry) 」、ついにラスベガスに登場


メール プリント もっと見る

噂のフローズンヨーグルト「ピンクベリー(pinkberry) 」、ついにラスベガスに登場



先月末ストリップ大通りに元気良くオープンしたのが、「ピンクベリー(pinkberry) 」。


pinkberry_01.jpg

選び抜かれた新鮮な材料だけを使って作られたヨーグルトと、数々のトッピングが人気の秘密らしいこのお店、
ロサンゼルスでの噂は聞いていましたが、今やアメリカ国内だけでなく、
世界中にお店が展開されているんですね。そして、ついにラスベガスデビューです。


pinkberry_02.jpg

大きな窓と高い天井の広々とした店内は、淡い色合いで統一されていて「さわやかでヘルシー」な印象たっぷり。


pinkberry_03.jpg

フローズンヨーグルトというと、セルフサービスのお店も結構あるようですが、
こちらは店員さんが盛り付けてくれるスタイルです。


pinkberry_04.jpg

まずはカップかワッフルコーンを選びます。
カップは、ミニ(写真にはありません)、スモール、ミディアム、ラージの4種類。
ヨーグルトだけたっぷりお持ち帰りできる"TAKE HOME"サイズもありました。
ちなみに、スモールサイズの場合トッピングにより140~250カロリーだそうです。


pinkberry_05.jpg

フローズンヨーグルトのフレーバーは8種類。
オリジナル・ざくろ・チョコレートへーゼルナッツ・ピーナッツバター・マンゴ・ココナッツ・グリーンティー・パッションフルーツ と
選ぶのにかなり悩んでしまうラインナップですが、試してみたいフレーバーを言えば、小さなカップで試食させてもらえます。

ヨーグルトがきまったら、季節のフルーツ、ナッツやチョコチップなどのドライ・トッピング、
そしてキャラメルや蜂蜜・チョコレートソースなのトッピングで仕上げてもらえます。
トッピングはカップに入りきる範囲なら何種類でもOK。

この日のフルーツは、ストロベリー・パイナップル・マンゴ・キーウイ・スイカ・ラズベリー・ブラックベリーで、
これらは、その都度店内のキッチンでカットやスライスされた新鮮なもの。

pinkberry_06.jpg



pinkberry_07.jpg

ドライトッピングには、グミベアーとかクッキー&クリーム、チョコレートプレッツェル、ワッフルクッキーなど20種類ほど。
ここでまた悩むことになりますね。

そして、悩んだ末に出来上がったカップ。

pinkberry_08.jpg

スモールサイズのカップに、オリジナルフレーバーとざくろのフレーバーのヨーグルトをハーフ&ハーフ(半分づつ)にして、
パイナップル、ストロベリー、キーウイをトッピングしてもらいました。
スモールサイズはトッピングつきで$5.75(税別)、トッピングなしだと$4.75(税別)。

ヨーグルトの味は、小さい時に食べたヨーグルトのような少し酸味のある味で、
しっとりとしてコクがあってなめらかな、ちょっと新鮮な風味。いくらでも食べられる感じです。

ウェブサイトでは、ヨーグルトやトッピングのすべてについて、使用されている材料や栄養成分表を
見ることができますので、食物アレルギーがある人やカロリーが気になる人でも安心ですね。


pinkberry_09.jpg

昨今の「ヘルシー志向」のアメリカ人たちののつぼにぴたっとはまった「ピンクベリー」のフローズンヨーグルトは、
ここラスベガスでも人気が出るのでしょうか。



pinkberry

場所はクリスタルズ(シティセンター)なのですが、ショッピングモールの中にあるのではなく、
モンテカルロホテル寄りの一角で、ストリップ沿いの歩道に面しています。


View Larger Map



■これまでの関連エントリー  
灼熱のアウトレットで手作りナチュラル・アイスキャンディはいかが? [ Jul. 2012 ]
ヘルシーなフローズンアイス登場 [ Jun. 2010 ]



地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2012年9月10日
« 前の記事「ショッピング?ファッションショー・モールにはラスベガスで「ここだけ」のお店も。」へ
»次の記事「コスモポリタンホテルのヒミツのピザ屋さんは相変わらずの人気!」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ミラージュに 2頭の赤ちゃんイルカがお目見え♪ ドルフィン・ハビタット
    ベラージオ・秋のボタニカルガーデンは「園芸の達人」たちも登場
    フリーモント・イーストの元気なフードトラック・イベント

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集