海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > コスモポリタンホテルのヒミツのピザ屋さんは相変わら...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年10月13日

コスモポリタンホテルのヒミツのピザ屋さんは相変わらずの人気!


メール プリント もっと見る

コスモポリタンホテルのヒミツのピザ屋さんは相変わらずの人気!



ストリップ(大通り)界隈で今一番ヒップなホテルといえば、2010年の暮れにオープンしたコスモポリタンホテル
(THE COSMOPOLITAN)。
週末ともなれば、まっ昼間から「おおっ!」と唸ってしまうような出で立ちの女の子たちがフロントロビーを闊歩しているわけですが
(ナイトクラブだけでなく、プールエリアのあるデイクラブもあるんです)、今日のお話はこのホテルで密かに人気のピザのこと。



cosmo_pizza_06.jpg
コスモポリタンのベランダつきのお部屋からは、お隣ベラージオの湖ビュー。



コスモポリタンホテルのレストランフロアには、Estiatorio Milos (ギリシャフード)、SCARPETTA(イタリアン)、
BLUE RIBBON SUSHI BAR & GRILL(アメリカンな和食)など、ニューヨークで人気のお店を始め、セレブシェフのレストランが軒を連ねていますが、
これらの人気レストランとは別に、オープン直後から密かに話題の場所がありました。

それは・・・名前のないピザ屋さん。
もちろんお店のサイン(看板)も見当たりません。
電話番号もウェブサイトもありません。

では、お店に入ってみましょう!



cosmo_pizza_01.jpg


ここは、知らなければちょっと足を踏み込みにくい通路から始まります。
細長ーい通路の壁と天井は古い(1940~50年代、いや、もっと前のものも?)レコードジャケットや写真で埋め尽くされています。
そして、通路の先の入り口には、ピンボールマシーンもあったりして。



cosmo_pizza_02.jpg

お店のスペースはかなり狭い。壁際に作られたカウンターテーブル以外に座って食べる場所はありません。
それでもキッチンスペースには、4つのピザオーブンが絶え間なくピザを焼き上げているようで、
ガラスの向こうには数種類のホールピザが、カットされるのを待っています。



cosmo_pizza_03.jpg

ただ今ピザ生地を作成中。



cosmo_pizza_04.jpg

基本的にピザはスライス買い。
その時に出来上がっている数種類のピザの中から好きなものを選んで一切れ単位で買えます。
もちろんホール(丸ごと一枚)もOKですが、焼きあがるまでの待ち時間が長くなるのは覚悟しましょう。
(この時は40分かかると言われました。)
ちなみに、ランチだったらスライス1枚で結構お腹一杯です。



cosmo_pizza_05.jpg

ペパロニとマッシュルームのピザのスライス。
ニューヨークスタイルの薄めの生地。かといって薄すぎもせず、プクプクと気泡のできたクラストの感触はかなりいい感じ。
クラストだけでなく、トッピングのひとつひとつがきちんとおいしかったです。


この日は週末の夕方、早い時間でしたが、途切れなくお客さんが入っているのにもびっくり。
これだけ人が入っていると、いつもほぼ「作りたて」のピザっていうことになるんでしょうね。

スライスは$5.00~$6.00。トッピングの種類によって値段は変わります。


さてこのピザ屋さん、おいしいだけでなく、さらなる人気のヒミツは夜中でも食べられること。
夜じゅう飲んで踊って、さあホテルに帰る前にちょっと腹ごしらえしますか。っていう人たちに人気のようです。

場所はホテル内 EAST SIDE TOWER 3階のレストランフロア。
レストランのJaleo と Blue Ribbon の間に通路がその入り口。
ホテルのフロントデスクで頼めばホテル全体のマップをもらえますが、それにも「PIZZA」としか、表示されてません。

cosmo_pizza_07.jpg
ホテルマップ。矢印のところが入り口です。


おいしいピザを食べたい人、夜遊びのあとに腹ごしらえしたい人にオススメ。



The Cosmopolitan of Las Vegas


ウェブサイトはないのですが、フェイスブックから拾ってきた営業時間は下記となっています。
Mon:    11:00 am - 5:00 pm, 9:00 pm - 4:00 am
Tue - Wed:  1:00 pm - 3:00 am
Thu:    3:00 pm - 7:00 pm, 1:00 am - 3:00 am
Fri:    5:00 pm - 2:00 am
Sat - Sun:   11:00 am - 4:00 am
*時間は不定期に変わっているようです。



■これまでの関連エントリー  
噂のフローズンヨーグルト「ピンクベリー(pinkberry) 」、ついにラスベガスに登場 [ Sep. 2012 ]
ベラージオでお菓子のアートを堪能する・ジャン フィリップのパティスリー [ Jul. 2011]




地域情報(北アメリカ) ブログランキングへ



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2012年10月13日
« 前の記事「噂のフローズンヨーグルト「ピンクベリー(pinkberry) 」、ついにラスベガスに登場」へ
»次の記事「久しぶり!のネリス空軍基地の航空ショー」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    B級グルメに欠かせないホットソース
    ラスベガスの秋祭り・大きくなって今年も大盛況
    オープンまで8ヶ月 - ラスベガス・マッキャラン空港の新しいターミナル

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集