海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 世界一の巨大観覧車がお目見えする予定。今年のラスベ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月31日

世界一の巨大観覧車がお目見えする予定。今年のラスベガス。


メール プリント もっと見る

世界一の巨大観覧車がお目見えする予定。今年のラスベガス。





最近ラスベガスを訪れた方、ストリップ通り沿い、フラミンゴラスベガス付近で
何やら工事が行なわれていることにお気づきでしたか?

ホテルThe Quad(元インペリアルパレスホテル)とフラミンゴラスベガスの間の道路がふさがれて、
昨年からかなり大規模な工事が進められているのですが、完成後はこのエリアに
シーザースエンターテイメントグループによる新しいエンターテイメント施設「LINQ(リンク)」が登場することになります。

LINQのオープンは今年12月の予定。
オープンエアーのエリアに小売店やレストラン・バーなど約30店舗が入るそうなので、かなり賑やかな場所になりそうですが、
ショッピングや食事だけでなく、まったく新しいアトラクションがお目見えするんです。


それは・・・巨大観覧車。



(Lasvegas Weeklyサイトより)
LINQ完成後のイメージ。
二つのホテルの間にちらりと見える光り輝くモノがその観覧車です。
名前は「High Roller」と、いかにもラスベガスらしいネーミング。
(High Rollerとは、カジノで大金を使って遊ぶギャンブラーのことを指します。)


こちらは建設現場を見下ろすライブカメラの画像です。(多分シーザースパレスからの撮影でしょう。)


赤い矢印の先にあるのが、観覧車の輪の部分をささえる支柱です。


立派なのは名前だけでなく、その高さも、シンガポールのSingapore Flyerや
ロンドンのLondon Eyeを抜いて世界一の観覧車になる予定です。
約167m (550ft) ということなので、多分並びにあるベネチアンホテルと同じくらいか少し高いという感じでしょうか。

ガラス張りのキャビンに乗って1周約30分、ストリップの北側と南側の両方を
はるか上空からじっくり眺めることができるわけです。
キャビンは40名乗りだそうですので、貸切で使ったりしたら楽しそうですね!


フラミンゴラスベガスのちょうど裏あたりで行なわれているHigh Rollerの建設工事。
逆V字型の支柱2つで、巨大な観覧車をささえることになるんですね。
まだ建設中なのに、見ていると大きすぎて頭がくらっとしてきました。


余談ですが、このLINQ建設にあたっては、約3,000人の建設作業員の雇用が生まれているそうで、
建設現場近くのリカーショップには、こんなサインも現れました。



「Construction Workers Welcome. (建設作業員の方々歓迎!)」
1日の疲れを癒そうと、ついついバドワイザーとか買ってしまうんでしょうか。

ということで、新しい施設のオープンとはしばらくご無沙汰していたストリップ界隈で、
LINQと巨大観覧車「High Roller」は今年1年、話題に上ることが多くなりそうで目が離せません。

Linqについて


(1月のお題"2013年コレに注目!")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 見所・観光・定番スポット
2013年1月31日
« 前の記事「ラスベガスでラーメン、カレー、おそばやうどんが恋しくなったらここ!」へ
»次の記事「今年も元気なラスベガスのチャイニーズニューイヤー(旧正月)」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2012年期待の星・マッキャラン空港ターミナル3
    ラスベガス的チャイニーズ・ニューイヤー(中国の旧正月)の風景
    ラスベガスはアメリカで2番目にストレスが多い街らしい
    ラスベガスの巨大ホテルでもう迷わない?インドアGoogle(グーグル)マップ

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集