海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 冷たいスイーツならこれ!~スノークリーム・KUMA

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月 1日

冷たいスイーツならこれ!~スノークリーム・KUMA


メール プリント もっと見る

冷たいスイーツならこれ!~スノークリーム・KUMA


kuma_01.jpg

5月のラスベガスはすでに夏。今週は気温が摂氏39度まで上がった日もありました。
今月のお題は「スイーツ」ですが、こんな季節のスイーツはやっぱり冷たいのが一番。
ジェラートやフローズンカスタード、フローズンヨーグルトやシェイブアイス(ハワイ的カキ氷)なども人気がありますが、
なんといっても今、地元っ子に大人気なのはKUMA(クマ)スノークリームですね。

kuma_08.jpg

トレードマークのKUMA君。このかわいさも人気の秘密かも。ぬいぐるみも売られているんですよ。


「スノークリーム」はその名の通り、まるで雪の塊を口に入れた時みたいに、
入れた瞬間にさらっと解けていく感じの新鮮な食感です。
アイスクリームの濃厚さやシャーベットの甘さのとがった感じとは違うし、
カキ氷のように水気のある解け方もちょっと違うかな。
もちろん甘みはあるのですが、さらさらした感触の甘さって言えばいいのでしょうか。

カップにこんもりと盛られたスノークリームの山の上にトッピングを乗せて、ソースをかけて出来上がり。


kuma_02.jpg

これはオリジナルのスノークリームに求肥(こちらではMOCHI(モチ)と呼ばれます)とグミベアをトッピングして
マンゴソースとコンデンスミルクをかけてもらいました。



カウンターの向こう側では、カキ氷(?)マシンでスノークリーム作成中。

kuma_04.jpg

ふわっとしたリボン状のカキ氷をきれいに折りたたんで盛り上げていきます。


この「スノークリーム」、台湾のxue hua bingというカキ氷のデザートのアメリカ版ということになるようですが、
名付け親はこの「KUMA」をオープンしたシェフのJet Tila氏。
タイ系アメリカンのTila氏は、カリフォルニアではちょっとした有名シェフで、昨年、在ロサンゼルス・タイ総領事からタイ料理大使に任命されたそううで、
ラスベガスでもEncoreホテルの中にアジアンレストランをオープンされたことで知られています。
テレビにもよく顔を出していて、現在は、料理専門チャンネル - "フードネットワーク"の人気番組、"Cutthroat Kitchen"(過酷な条件下で戦う料理番組)にもジャッジとして登場中。

ところで、オープン当初はカップの大きさは2種類だけでしたが、最近はMINIサイズも登場しました。
一番大きいサイズは「SUMO」(相撲)、2番目は「NINJA」(忍者)と名前がつけられていますが、
一番小さいサイズはなぜかそのまま何のひねりもなく、「MINI」(ミニ)。
kuma_03.jpg




スノークリーム、トッピング、ソースの組み合わせは好きなように選んで自分だけのカップを作ることができます。
スノークリーム自体も、マンゴやイチゴ味だけでなく、抹茶やタロ(タロイモ)、ハニーデュー(メロン)など、
アジアなテイストもたっぷり。
また、アメリカならではのビーガン(乳製品の代わりにココナッツミルクを使ったもの)やシュガーフリー(砂糖を使っていないもの)も揃っています。
トッピングはフルーツやM&M(チョコレート)や、オレオクッキー、グミベアやアーモンドなど常時20種類以上、ソースもコンデンスミルク、ココナッツミルク、マンゴソース、チョコレート、ストロベリーソースなど7種類。

いろいろあって迷ってしまう方のために、お勧めのレディーメードの組合せもいくつかありますよ。
kuma_07.jpg

抹茶味のスノークリームに小豆やコンデンスミルクをかけた「ブルース・ティー」が、結構人気があるようですが、
ほかにも「パンダベリー」(イチゴ味のスノークリーム+チョコレートソース)とか「バナナボンブ」(バナナ味のスノークリーム+ホイップクリーム&チョコレートソース)など、おいしそうな組み合わせばかり。


natsu_03_kumasnowcream2.jpg

これはマンゴ味のスノークリームに、MOCHIとフルーツ、シリアルを乗せて、マンゴソースをかけたもの。
名づけて、MANGOZIKKA(マンゴジラ)!


このお店、夜でもお客さんが絶えません。
kuma_05.jpg


KUMAは、ツイッターやインスタグラムなどのソーシャルメディアをふんだんに活用していて、
店内の壁にかかった大型ディスプレイには、お客さんのツイートや、インスタグラムの写真がリアルタイムで表示されるので、
みんな大騒ぎ。
kuma_06.jpg


この夏、ラスベガスでチャイナタウンに足を運ぶことがあったら、ぜひこの人気スイーツ
KUMA スノークリームを試してみてくださいね。


kuma_09.jpg


KUMA Snow Cream
3735 Spring Mountain Road, Suite 206, Las Vegas, Nevada 89102
(Spring Mountain RoadとValley Viewの角で、スターバックスの裏手にあります。)
Phone: 702.816.5862
Open: 12:00pm - 12:00am


(5月お題"今はやりのスイーツ")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2014年6月 1日
« 前の記事「ラスベガスで一晩だけよみがえったシルク・ド・ソレイユのショー ~ 「ZED」DVD上映会」へ
»次の記事「コンテナパーク、生まれ変わったあのホテル、そして世界一の巨大観覧車」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    夏っ!ひまわりと紫陽花があふれるベラージオのボタニカルガーデン

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/23更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集