海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > コンテナパーク、生まれ変わったあのホテル、そして世...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月 1日

コンテナパーク、生まれ変わったあのホテル、そして世界一の巨大観覧車


メール プリント もっと見る

コンテナパーク、生まれ変わったあのホテル、そして世界一の巨大観覧車

いよいよ12月。しばらくご無沙汰してしまっていましたので、年末でもありラスベガスで今年話題になったスポットを
3つまとめてご紹介したいと思います。

○ダウンタウン コンテナパーク

昨年秋、ダウンタウン・フリーモントストリートエクスペリエンスの東側エリアにオープンしたコンテナパークは、
ショッピング・ダイニング・イベント用ステージ・プレイグラウンドがコンパクトにまとまった楽しいスペースで、
ダウンタウンの新しいエンターテイメント施設として人気上昇中。

パーク中央のプレイグラウンドにはツリーハウスやスライダーなどもあって、子供も大人ものんびりと過ごせる場所となっています。


containerpark_kamakiri.jpg
ちょっと怖いカマキリがお出迎えです。


ユニークなのは、プレイグラウンドをぐるりと取り囲むお店が、すべて輸送用コンテナをリサイクルして作られていること。積み上げられたコンテナが集まって2階建て、3階建てのビルになっています。
ブティックやフードスタンドに変身したコンテナひとつの広さは、お店の人によれば広さ300スクエアフィート(約28㎡)ぐらいとのこと。これって、ストリップのホテルで言うと、モンテカルロやNY-NYのレギュラールームよりも狭いんですよ。なので、お店のオーナーさんたちはいかにスペースを節約するかが腕の見せ所のようです。

ところで、このパークのあるエリアは「フリーモント・イースト・ディストリクト」と言って、フリーモントストリート東側部分の再開発地区ということもあり、この施設も地元のスモールビジネスやアントレプレナー達をサポートするという目的があり、テナントはみんなローカルのビジネスなんです。

ブティックやトイストア、アートギャラリーのほか、BBQにホットドッグ、タコスやカップケーキ、バーやカフェ、この秋には小さなレストランもオープンしました。ここでは買い物も食事も、メイドイン・ローカルとの出会いが楽しめそうです。 

 

containerpark_entrance.jpg

Container Park
http://downtowncontainerpark.com/
700 E Fremont, Las Vegas, NV, 89101
phone: 702-637-4244
ストリップからタクシーで約15分
駐車場はないので、周辺の有料路上パーキングを利用


○あのホテルが生まれ変わって新登場 SLS Hotel

今年8月、ストリップの北の端に新しいホテルが誕生しました。
SLS Hotel、LAのビバリーヒルズやマイアミのサウスビーチで人気のブティックホテルです。


場所はストリップとサハラアベニューの角、そう、ここはもともとサハラホテルだった場所
フランク・シナトラ、サミーデイビス・ジュニア、ディーン・マーティンなどに代表されるラスベガスの一時代を駆け抜けたサハラホテルは、60年近い歴史に終止符を打ち2011年にクローズ されたままになっていたのですが、今年SLSホテルとして生まれ変わったというわけです。

sls.entrance.jpg
ホテルエントランス周辺、サハラホテルの面影はほとんどありません。

      

一説にはSLSは「Style, Luxury, Service(スタイル、ラグジュアリー、サービス」の頭文字から名付けられたとも言われていて、確かにスタイリッシュで軽めでコンテンポラリーな雰囲気。


サハラホテル終焉の頃は、入り口の扉を開けると時の止まった世界に来てしまったような感じもしましたが、SLSホテルは空気が勢いよく動いているような躍動感がいっぱい。


カジノフロアには、シェフJosé Andréssi氏のBazaar Meat(ステーキ)、Katsuya Uechi氏のKatsuya by Starck(日本食)のほか、Umami Burger(ウマミバーガー)や800 Degrees(ピザ)などカリフォルニアで人気のレストランがずらり勢ぞろい。
また、ウェストコーストのセレブ御用達ショップFred SegalがSHE, HE, SHOESなど7つのブティックをオープンしたのもちょっとした話題になっています。


sls.casino.jpg
ダクトパイプ剥き出し天井がなぜか落ち着くカジノフロア

sls.katsuya.jpg
Katsuya by Starckの寿司カウンター。

sls.fredsegal.jpg
人気セレクトショップとスロットマシンの組み合わせはラスベガスならではの風景


 

ダウンタウンとストリップのちょうど中間というロケーションなので、ストリップの中心からは離れていますが、
MGMから出ているモノレール(有料)の駅(駅名はSLS Station)がホテルに隣接していますので、思ったほど不便ではなさそう。
これまで殺風景だったこのあたりに、人が戻って活気がよみがえるのを期待したいと思います。

SLS Las Vegas
http://slslasvegas.com/
2535 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
Phone:(702) 737-2111


○世界一の巨大観覧車でハッピーな30分

3月には巨大観覧車「High Roller(ハイローラー)」 が「LINQ」にオープンしました。
高さ約167mのこの観覧車は世界で一番の高さ、一周する30分の間キャビンからは東西南北360度の絶景を味わえます。


linq_zentai.jpg
「ハイローラー」はエンターテイメントプロムナード「LINQ(リンク)」の看板ムスメです。

チケット料金(大人1名)は、昼間$24.95、夜は$34.95。この料金を高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれだと思いますが、このキャビンからしか見られない景色は、充分に価値ありでしょう。
キャビン内にはモニターがついていて、キャビンの位置が一番高くなる直前にカウントダウンをしてくれますよ。

 

linq_cabin01.jpg

linq_cabin03.jpg

linq_cabin02_bellagio.jpg
手前右から時計周りに、フラミンゴホテル、シーザースパレスのオーガスタスタワー、ベラージオ(湖が見えます)、
コスモポリタン、パリス、バリーズ



昼間は遠くの山並みまで見られるので絶景感たっぷりですが、ストリップのネオンがくっきりと見え始めるサンセットの頃か夜の乗車もお勧めです!

LINQはシーザースパレスホテルの向かい側にありますので、ストリップから徒歩で行くも良し、モノレール(有料)利用の場合はフラミンゴホテルの駅が便利、また車の場合は広い駐車場があるので安心です。

ちなみに観覧車脇のホテルQuad(以前のインペリアルパレスホテル)は、このたび名前がLINQ Hotelに変わりました。

さて、このハイローラーで12月13日に、ユニークなイベントが予定されています。
その名も「ハイローラー ウェディング」!

この日は12/13/14(2014年12月13日)と数字が並ぶ日で、アメリカ国内では20,000組以上のカップルが
この日に結婚する予定なのだとか。(覚えやすい日付ということでこの日を選ぶというのが理由)

そして、ハイローラーでは当日10:11AM - 12:13PMの間(10/11/12/13 と、こちらも数字が並んでいます)、
無料でウェディングセレモニーを行えるそうです。
もちろん、キャビンには他のお客様も乗っているわけですが、キャビンを貸切にして家族や友人たちと使えるパッケージ(有料)も用意されています。
観覧車がてっぺんに来た時に誓いのキスなんて、かなりロマンチックかもと思うのですが、いかがですか?

 

High Roller (at LINQ)
http://www.caesars.com/linq/high-roller.html#.VHuh4ovF9qo
営業時間は毎日 11:30 a.m. to 2 a.m.

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2014年12月 1日
« 前の記事「冷たいスイーツならこれ!~スノークリーム・KUMA」へ
»次の記事「カケハシプロジェクトでラスベガスでも日米の高校交流!」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    巨大観覧車「ハイ・ローラー」はこんな感じで完成間近!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/16更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集