海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > カケハシプロジェクトでラスベガスでも日米の高校交流...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月15日

カケハシプロジェクトでラスベガスでも日米の高校交流!


メール プリント もっと見る

カケハシプロジェクトでラスベガスでも日米の高校交流!

03.22.2014_06_400.jpg
3月に行われた歓迎会の様子


先月の話になりますが、カケハシプロジェクトによりラスベガスを訪問した高校生の歓迎会に参加する機会がありました。

「カケハシ(架け橋)プロジェクト」というのは、外務省の進めている北米地域との青少年交流プログラム。
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)によって実施されているこのプロジェクトは、
日米の高校生や大学生たちが、お互いの国を訪問し合い、学校交流などを通じて日米の相互理解を深め、
グローバル人材を育てようという目的なのだとか。

今回ラスベガスを訪れたのは、宮崎県立宮崎西高等学校と群馬県の高崎経済大学付属高等学校。

アメリカ国内での全行程10日間のうちラスベガス滞在は11月15日からの4日間でしたが、各高校から参加の25名
(生徒23名と先生2名)が、それぞれスプリング・バレー高校、クラーク高校と交流・ホームステイを体験しました。
ホームステイのホストファミリーは、各高校の日本語クラスで勉強している生徒さんたちの家庭なのだそうです。

初日の歓迎会はスプリング・バレー高校のカフェテリアにて。
11.24.2014_02_400.jpg

歓迎会では日本の高校生たちによる、日本の紹介、学校の紹介などのプレゼンテーションも行われ、
一生懸命マイクを握って英語でプレゼンテーションする姿には、ちょっと感動。
会場のホストファミリー達からもあたたかい拍手が絶えませんでした。


11.24.2014_04_400.jpg
プレゼンテーション中。
シックな色合いのブレザーとタータンチェックのスカートというこの学校の制服はとても印象的だったようで、
こちらの校長先生も「ウチの高校もこういう制服を作りたいねー♪」と言って、生徒に大ウケしていました。


11.24.2014_06_400.jpg
ホスト校であるスプリング・バレー高校の校長先生からもあたたかいご挨拶が。


歓迎会での夕食は、カフェテリアの外でグリルされていた熱々のハンバーガーやホットドッグをいただきました。

11.24.2014_03_400.jpg
ボリュームたっぷり。炭火でじっくり焼かれているのでおいしー!


実は今年3月にもカケハシプロジェクトによるラスベガス訪問が行われていまして、
この時には愛知県の南山国際高等学校とクラーク高校との交流が行われています。

03.22.2014_02_400.jpg
3月、クラーク高校での歓迎会。アニメについてのプレゼンテーションで、会場を沸かせているところ。

ところで、このカケハシプロジェクトの一環で、この夏ラスベガスの各ホスト高校の生徒さんたちは
日本を訪問したそうです。
あいにく台風のために、スプリング・バレー高校のグループは宮崎まで行くことはできなかったそうですが、
クラーク高校のグループは群馬を訪れ、高崎経済大学付属高校の生徒さんたちと交流を深めてきたそうですよ。

皇居前_400.jpg
皇居前にて

群馬県迦葉山弥勒寺 kashozan mirokuji_400.jpg
群馬県の迦葉山弥勒寺にて

高崎経済大学付属高校_400.jpg



群馬県老神温泉観山寺荘 oigaimi_400.jpg
群馬県老神温泉観山寺荘での一枚
(上記4枚の写真は実際に同行された先生からお借りしており、掲載の許可は得ています。)


同行された先生によれば、旅館に宿泊した時には、温泉に入ることを最初尻込みをしていた人もいたものの、
最後にはすっかり気に入って温泉を楽しんでいたそうです。
(あかの他人もいる温泉に裸で入っていくというのは、そういう習慣のない人にとってはかなりの勇気がいることでしょう!)

アメリカの高校生って、多分アニメやJ-POP, お寿司やラーメンなどから日本に興味を持ち始めたんだと思いますが、
初めての日本訪問はきっとそれだけではない、もっといろいろな「Japan」を発見する旅だったのではないかと思います。

ラスベガスで4日間を過ごした日本の高校生たちも、短い滞在ではあったものの、
たくさんの「プライスレス」な体験や感動をお土産に帰国されたことでしょう。
いつかこの経験が日米の「架け橋」に繋がっていきますように、と思わずにはいられません。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2014年12月15日
« 前の記事「コンテナパーク、生まれ変わったあのホテル、そして世界一の巨大観覧車」へ
»次の記事「ラスベガスならでは?サボテンがきらきら輝くガーデンへ」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち
    こんなのもあり?ラスベガスのユニークな道路標識
    1年前の同じ月に投稿された記事
    巨大観覧車「ハイ・ローラー」はこんな感じで完成間近!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/18更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集