海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ラスベガス特派員ブログ > 気持ちいい!避暑地マウントチャールストンはラスベガ...

アメリカ/ラスベガス特派員ブログ 石川 葉子

アメリカ・ラスベガス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月30日

気持ちいい!避暑地マウントチャールストンはラスベガスからたったの50分


メール プリント もっと見る

気持ちいい!避暑地マウントチャールストンはラスベガスからたったの50分

36.jpg
夏の雲が広がる157号線をのんびりとドライブ

短い夏休みの一日、久しぶりにマウントチャールストンへ行ってきました。
マウントチャールストンはラスベガスの目と鼻の先にありながら、富士山級の高さ(約3,600メートル)で
ネバダ州で8番目に高い山です。
だから冬はスキーやスノボで楽しめるし、夏は私たちにとっての避暑地でもあります。

どのあたりにあるのかというと、レッドロックキャニオンの北西、ストリップ沿いのホテルからだと
フリーウェイ95号線から157号線(Kyle Canyon Road)に入って、ビジターセンターまで約50分の近さ!


そのビジターセンターは今年の5月、この場所に新しくオープンしました。

38.jpg


林の中にポツンとたたずむ小さな山小屋だった古いビジターセンターと比べると、
何倍も大きくなっただけでなく、駐車場やピクニックエリアが揃った使いやすい施設に。
年間100万人以上が訪れるという人気の観光地でもあり、4,500万ドルをかけてまったく新しい施設を作ったのだそうです。




ビジターセンターにはアウトドアスペースが広がっていて、アスぺンの木や山の植物が植えられて、
ブリストルパインコーンの切り株がいくつかごろんところがっています。
ブリストルパインコーンというのは、樹齢4000年から5000年にもなるという長寿の松ですが、
ここにあるものは、マウントチャールストン周辺の山々から運んできたもので、樹齢1000~2000年の株だとか。

ピクニックテーブルやBBQグリル、大小二つのアンフィシアターなどもあり、
ハイキングトレイルの入り口にもなっています。


59.jpg
アウトドアスペースがかなり広いのでパノラマってみました


この広い庭の真ん中あたりに、セブン ストーンズ プラザ(Seven Stones Plaza)がありました。
39.jpg


マウントチャールストンを含むこのあたり一帯は、ネイティブインディアンNuwuvi (サザンパイユーテ) が長い間住んでいる土地でもあり、彼らにとってはとても神聖な場所と考えられています。
そのサザンパイユーテの象徴として作られたのがこのセブン ストーンズ プラザです。


40.jpg

マウントチャールストンを表わす大きな岩を中心にして周りをとりまく岩は、ラスベガス パイユーテ、モアパ パイユーテ、
パーランプ パイユーテ、チェメフエビ、コロラドリバーインディアン、パイユーテ(ユタ)、カイバブパイユーテの7つの部族で、
山から出てさまざまな方向に広がっていく水の流れが、各部族とマウントチャールストンを結び付けていると考えられています。



ビジターセンターを出てから、は157号線から158号線(Deer Creek Road)に入り、
156号線(Lee Canyon Road)を通って景色を楽しみながらゆっくりと進みます。

48.jpg
この風景、2年前にドライブしたコロラドの風景を思い出しました。
(そういえばコロラド旅行記、完結させていなかった...)

49.jpg

針葉樹を見るのも久しぶり。この日ラスベガスの気温は38度でしたが、ここでは24度。
ひんやりと清々しい空気を思いきり深呼吸できるって、かなり贅沢かもしれません。

50.jpg
山の斜面に見え隠れする家々

156号線の終点は、 Upper Bristlecone Trailhead。
27ヵ所あるトレイルのひとつ、アッパー ブリストルコーントレイルの入り口で、ここは標高2,500メートルほど。
51.jpg


午後3時を回っていましたが、野生馬のファミリーが食事をしていました。
こちらを気にすることなくもくもくと草をはんでいるということは、野生とはいえ人間に慣れているのかな。

54.jpg

53.jpg

52.jpg



さて、初めてマウントチャールストンに来た時に道路の脇にスクールバス用のバス停をみつけて、
ここに住んでる人たちがいるの?とびっくりしたものですが、
ここには290人ほどの方が住んでいるそうです。だから小学校も小さいながら図書館もあるのでした。
56.jpg
ずらりと並んだ郵便受け。このあたりから先は居住者オンリーのエリアになっています。


古いビジターセンターはクローズされましたが、入り口あっにたスモーキーベアのサインは、
色がだいぶ剥げてしまっているものの健在でした。
57.jpg
暑い夏、この日も山火事の危険度「高」でした。

ところで、これまでマウントチャールストンに行くときには、いつもサンドイッチを持っていって
ピクニックテーブルで食べていましたが、今回はホテルのレストランに入ってみました。

ザ リゾート オン マウントチャールストンはビジターセンターの少し先にあります。
60.jpg
The Resort on Mount Charleston
Address: 2755 Kyle Canyon Rd, Las Vegas, NV 89124
Phone:(702) 872-5500
61.jpg
木の梁と高い天井、国立公園にあるロッジを思わせるような落ち着いた雰囲気のロビー

62.jpg
レストランの中心、太い木の幹が柱になっていました

63.jpg
分厚いけどとてもジューシーなビーフハンバーガーとカリカリに上がったフィッシュ&チップス。
付け合わせのコールスローが手作り風の味わいで、何も特別ではないのだけれどしっかりとおいしかったです



マウントチャールストン ロッジ
Kyle Canyon Roadを少し上っていったところにあります。
店内だけでなく崖っぷちのデッキでも食事ができるので、気持ちよさそう。

55.jpg
Mt. Charleston Lodge
Address: 5375 Kyle Canyon Rd, Las Vegas, NV 89124
Phone:(702) 872-5408


実は事前に調べたメニューが気になっていたのでこちらの方に行きたかったのですが、
予定の立て方がゆるすぎて、なぜかビジターセンターから近いThe Resort on Mount Charlestonに
ふらりと入ってしまいました。次回はこのロッジにトライしたいと思います。


58.jpg

帰りは156号線(Lee Canyon Road)から95号線に入るルート。
何度も同じ道を通っているのに、この何もない乾いた風景についシャッターを押してしまうのは何故かなぁ?


長い夏休みを取りにくい私のささやかな2015年の夏休みは、こんな風に過ごして
心も体もリフレッシュさせました。



■これまでの関連エントリー
この夏も熱かったラスベガス~熱波・山火事・スノークリーム [ Sep. 2013]
ラスベガスの避暑地・マウントチャールストン [ Aug.2010]



(8月お題"ぼくの夏休み")


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 天気・気候・気温 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2015年8月30日
« 前の記事「ラスベガスならではの歌舞伎!市川染五郎さんがベラージオの噴水で演じた「鯉つかみ」にドキドキ」へ
»次の記事「ラスベガスに広がるオキナワの輪。東風平高根(こちひらたかね)さんと沖縄ナイト!」 へ
おすすめ記事
    ラスベガス特派員 新着記事
    ラスベガスで起きた銃乱射事件のこと#PrayForLasVegas, #VegasStrong
    沖縄からラスベガスへ!東風平高根(こちひらたかね)さんの沖縄ナイト再び!
    コーヒーもクロワッサンもかなりおいしい、地元で人気上昇中のカフェはこちら
    ダラーショップだけじゃない。激安を超えた?爆安アパレルショップで宝探し
    アクアリウム登場!ベラージオのボタニカルガーデンで海の中へ
    新しいアリーナ誕生!ラスベガスのティーモービルアリーナ(T-Mobile Arena)
    信じられない!?ラスベガスのホテル駐車場が有料になります!
    バレーオブファイヤーで見かけた春の花たち

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ラスベガス特派員

      ラスベガス特派員
      石川 葉子
      南の島ばかり旅して潜っていたのに、なぜか今は砂漠のど真ん中。縁あってたどりついたここラスベガスは、街そのものも魅力にあふれていますが、実はちょっと足を延ばせば心癒される自然にたっぷり出会える「一粒で2度おいしい」街。そんなラスベガスのいろいろな顔をご紹介していきます。
      最近はフードトラックを追いかけて{ラスベガス・フードトラック図鑑}も始めました。 DISQUS ID @disqus_Pbu2BZjaQz

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集