海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イタリア/ラ・スペツィア特派員ブログ マイエル ケイコ

イタリア・ラ・スペツィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

皆さん、こんにちは!

在イタリア日本大使館、領事・警備班からのお知らせをメールにて受信しましたので、読者の方にも誤解のないように早速そのまま引用させて頂きます。

在留邦人及び旅行者の皆様へ


在イタリア日本大使館、領事・警備班からのお知らせです。


平成29年4月11日

4月11日、外務省において最近の欧州での一連のテロ事件発生に対する注意喚起として以下のとおり「海外安全情報(広域情報)」を発出しましたところお知らせします。特にイースターを控え、皆様も安全確保に十分注意を払われるようお願いいたします。

2017.4.11


〜海外安全情報(広域情報)〜

【ポイント】


○4月7日,スウェーデンでトラック突入テロが発生し,8日には,ノルウェーで爆弾らしき不審物が発見されています。


○これまでにあまりテロ事件が発生していなかった国においても,テロに対する注意が必要です。また,4月中旬のイースター期間には,関連行事や教会等がテロの標的となる可能性も懸念されます。


○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】


1.欧州では,車両や銃器,爆弾,ナイフなどを用いたテロ等が続発しています。特に今月に入ってからは,以下のとおり発生が続いています。これらは,近年テロ事件が発生していない国又は都市です。これまでに事件が発生した国はもちろんのこと,それ以外の国でも注意が必要であり,改めて,いつどこでテロが起きてもおかしくないとの認識を持つことが重要です。


また,4月中旬にキリスト教行事であるイースター期間を迎え,関連行事や教会等がテロの標的となることが懸念されます。


 ○4月8日 ノルウェー:オスロの地下鉄駅付近での爆弾らしき不審物発見事件


 ○4月7日 スウェーデン:ストックホルム市内ショッピングセンターにおけるトラック突入テロ事件


 ○4月3日 ロシア:サンクトペテルブルク地下鉄での爆発事件

2.「ここは日本ではない」という意識を持ち,以下のテロ対策をお願いします。


(1)最新の関連情報の入手に努める。


(2)テロの標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等,安全確保に十分注意を払う。


  (※)観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。また,車両突入の場合,ガードレールや該当などの遮へい物がない歩道などでは危険が増します。

(注)最近の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)


【2017年】


○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)


○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)


○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)


【2016年】


○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)


○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)


○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)


○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)


○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)


【2015年】


 ○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った連続テロ事件(11月13日)

3.在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。


3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。


(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」


(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」


(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)


○外務省領事サービスセンター


住所:東京都千代田区霞が関2-2-1


電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)


○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)


電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047


○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)


電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139 


○外務省 海外安全ホームページ:


http://www.anzen.mofa.go.jp/


http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版) 


在イタリア日本国大使館

Ambasciata del Giappone


Via Quintino Sella, 60


00187 Roma


+39 06-487-991


E-mail: consolare@ro.mofa.go.jp


イタリアを初め、これからヨーロッパの海外旅行をご検討中の方がいらっしゃいましたら、今一度この情報をぜひ読んで頂き、ご確認のほどよろしくお願い致します。


ケイコ


2017年4月12日

皆さん、こんにちは!

ここはもうすっかり春模様になりました。お昼は半袖を着ている人もチラホラ。。。幸いお天気もよくモデナ滞在を満喫しています。そんなころ、久しぶりに日本料理が食べたくなり、どうせ行くならホームステイ先から近くがいいなあとネットから探して見ました。

このレストランは日本人ではなくタイ人が経営をしていますが、味のレベルがかなり高くその上お昼も晩も食べ放題メニューがあり、日本食をガッツリ食べたい人に満足して頂けると思います。
そして、従業員の人達もとても親切です。

IMG_0337[1].JPG


日本風のサラダ


IMG_0395[1].JPG

お肉入り焼きそば

IMG_0396[1].JPG

揚げ豆腐

IMG_0397[1].JPG

ウラ巻き(中はエビフライ入りでした!)

IMG_0398[1].JPG

春巻き


IMG_0399[1].JPG

アボカドやカニ入りのウラ巻き


IMG_0400[1].JPG


これもサーモンやスズキのウラ巻き


IMG_0401[1].JPG

こちらはエビ入りのサラダ

IMG_0402[1].JPG

エビと野菜の天ぷら

IMG_0403[1].JPG

お味噌汁


IMG_0404[1].JPG

日本レストラン玄関口

IMG_0393[1].JPG

かわいいお皿や湯のみ茶碗


IMG_0392[1].JPG


店内内装


この日本レストランも素敵なのですが、基本モデナは本当に住みやすい街です。

まず、人が親切で正確、優しいですし、心が純粋で穏やか、感じの悪い人、意地悪の人が少ないというのか、波長がなんとなく日本人に似ているような気がします。お買い物をしてもきちっと1セントまでお釣りを渡しますし(他の街はほとんど切り捨てか切り上げされます)スーパーの人たちもお客様よりも従業員が積極的に挨拶をします。いろんなイタリアの場所に住みましたが、こんな心地のいいところはなかなかないと思います。ラ・スぺツィアの人たちもきちっとはしていますが、なんだか神経質できりきりしているところがあり、当然露骨に外国人の差別もあります。もちろん、モデナも多少は外国人を見ると特別視で見るところもありますが、でも人間みな兄弟的な態度でフラットな雰囲気で接します。

本当にいろんな意味でこの町は私にとって<聖地の町>となりました。

一度観光へ来てみてください。ほかの町へ行った後でモデナに来るとその違いが明確にわかります。
だからこんな小さな町なのに、素晴らしい人たちが生まれるんだと理解できます。

偶然にもボローニャに住んでいる同級生の義理の弟がモデナに本社があるフィアットグループの高級車マセラーティにエンジニアとして勤めていて、先日その彼とランチをしましたが、彼もボローニャもいい街だけど、モデナは別格だと言っていました。
その上、どこのお店に入っても食べ物が美味しい、かなりレベルが高いです。洋服もどこでも売っている有名ブランドのショップもありますが、個人で出している洋服屋あちこちにありアート的な洋服が飾られていてウインドーショッピングをするのが楽しいです。

<インフォメーション>

お店の名前 Liang ristorante giapponese

住所:Via Gabriele Falloppia 25, 41121, Modena, Italy

TEL:+39 339 228 7671

モデナへ来て日本料理が恋しくなった時にお勧めのレストランです!

ケイコ


2017年4月 1日

皆さん、こんにちは!

さて、在イタリア大使館からのお知らせが届きましたので早速転送させていただきます。


イタリアにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

              平成29年3月24日


           在イタリア共和国日本国大使館

1.背景


 当地保健省(以下のリンク参照)の3月16日付けプレスリリースにありますように,今年になってから700名以上の麻しん感染者が出ており,昨年同時期220名の3.3倍以上のペースです。ピエモンテ州,ラツィオ州,ロンバルディア州,トスカーナ州での発生がほとんどで,15歳から39歳までの感染が半数以上です。当地の麻しんは,1月から7月に流行することが多く,低い予防接種率も考慮すると,引き続き感染拡大の可能性があります。他のEU加盟国域内でも,2016年2月よりルーマニアで流行が続いています。特に流行地に滞在,または渡航を予定されている方は,以下の点に留意して,自らの感染予防対策・健康対策を十分にとってください。

2.麻しんについて


(1)感染源


 麻しんは伝染性の強い急性発疹性のウイルス感染症で,感染者の気道分泌物(鼻,咽頭,口腔からの飛沫,飛沫核)による空気感染,飛沫感染などにより感染します。


(2)症状


 潜伏期間は10〜12日で,主な症状は38℃前後の発熱,咳,鼻汁,結膜充血,目脂,発疹などです。合併症のないかぎり7〜10 日後には回復しますが,合併症として中耳炎の他,肺炎,脳炎などを来すこともあり,特にワクチンを接種していない幼児や妊婦には死亡を含む合併症のリスクが最も高く注意が必要です。


(3)治療


 特別な治療法はなく対症療法が中心となります。一度,典型的な麻しんを発症した人は,通常,終生免疫が獲得されます。


(4)予防方法


 麻しんは感染力が非常に強いため,最も有効な対策は,事前の予防になります。日本国内の排除状態を維持するためにも,定期の予防接種により対象者の95%以上が2回の接種を完了することが重要となります。また,麻しんの流行している地域に渡航する際にも,流行のみられる海外から日本国内へ麻しんを持ち込まないために,事前の予防対策が重要となります。このため,これまで麻しんに感染したことがなく,2回の予防接種を受けていない方や,過去の接種歴が不明な方には,麻しんワクチンの接種が勧められます。


なお,現在日本国内では麻しん風しん混合ワクチンを定期予防接種として,生後12月から生後24月に至るまでの間にある小児(1期接種)及び小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間にある5歳以上7歳未満の小児(2期接種)に対して実施しています。 

 この機会に,ご家族も含め,それぞれの予防接種歴の確認し,「これまで麻しんに感染したことがなく,2回の予防接種を受けていない方や,過去の接種歴が不明な方」には,麻しんワクチンの接種をお勧めします。

 イタリアでは小児に対して麻しん単独のワクチンではなく,MPRV(Morbrillo麻疹,Parotiteおたふく風邪,Rosolia風疹,Varicella水痘)の四種混合ワクチンが採用されております。詳しくは家庭医やお近くのASLにお問い合わせ下さい。

 麻疹に関して詳しくは以下をご参照ください。


「参考情報」


○イタリア保健省プレスリリース「Incremento casi morbillo in Italia」(イタリア語)


http://www.salute.gov.it/portale/news/p3_2_1_1_1.jsp?lingua=italiano&menu=notizie&p=dalministero&id=2867

○国立感染症研究所 感染症情報センター 麻疹


http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/index.html


○厚生労働省「麻疹について」


http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/measles/index.html


○厚生労働省「麻しん(はしか)に関するQ&A」


http://www.mhlw.go.jp/kenkou/hashika/index.html


○イタリア国立高等衛生研究所「Morbillo(麻しん)」(イタリア語)


http://www.epicentro.iss.it/problemi/morbillo/morbillo.asp


○イタリア国立高等衛生研究所「Morbillo & Rosolia News(麻しん・風しん月報)」(イタリア語)


http://www.epicentro.iss.it/problemi/morbillo/bollettino.asp


○イタリア保健省「Morbillo(麻しん)」(イタリア語)


http://www.salute.gov.it/portale/salute/p1_5.jsp?lingua=italiano&id=13&area=Malattie_infettive


○欧州疾病予防管理センター(ECDC)「Measles(麻しん)」(英語)


http://ecdc.europa.eu/en/healthtopics/measles/Pages/index.aspx

(問い合わせ先)


○外務省領事局政策課(海外医療情報)


  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1


  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850


  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1


○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)


  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1


  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902


○外務省 海外安全ホームページ:


  http://www.anzen.mofa.go.jp/


  (携帯版) http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp


(現地大使館連絡先)


 ○在イタリア日本国大使館


  Ambasciata del Giappone in Italia


  住所: Via Quintino Sella, 60, 00187 Roma


  TEL: (+39)-06-487-991


  FAX: (+39)- 06-4201-4998


  ホームページ:http://www.it.emb-japan.go.jp/index_j.htm

在イタリア日本国大使館


Ambasciata del Giappone


Via Quintino Sella, 60


00187 Roma


+39 06-487-991


E-mail: consolare@ro.mofa.go.jp


2017年3月28日
2017年3月24日
2017年3月21日
2017年3月12日
2017年3月 6日
⇒すべての記事を見る

イタリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イタリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ