海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本からヨ-ロッパへの空の旅は長いですよね。
北欧のエアラインですと飛行時間は10時間を切りますが、ドイツやフランスのエアラインだと11時間以上かかりますから、ずっと座ったままだと最後の数時間はかなり苦痛です。
とりわけエコノミ-クラスは狭い。体の大きな方だと、足が前の席につかえたりして窮屈な思いをされますね。

ビジネスクラスやプレミアムエコノミ-に座ることができれば快適ですが、やはり料金が高い。。

でも、エコノミ-クラスでも足をのばせる席が少しだけあります。

例えば、ルフトハンザ・ドイツ航空でしたら、フランクフルト発着のボ-イングの場合プレミアムエコノミ-のすぐ後ろ10席です。

プレミアムエコノミ-はこんな感じで並んでいます。

Premien e.jpg

シ-トの幅はエコノミ-クラスよりも広いですが、前の空間はそれほど広くありません。

そのすぐ後ろからエコノミ-クラスがはじまりますが、その最前列は、こんなに広いのです。

Seat29.jpg


ボ-イングの場合、29番の席になります。

私のような比較的小さな者だと、足を伸ばしても前の席に届かないほど。

Viel Platz.jpg


真ん中の座席に座っても、トイレに行く際に通路側の人に立ってもらう必要がないほど、十分な空間があります。

ちなみに、ルフトハンザのミュンヘン発着の場合はエアバスで、16番の座席が広いですね。



これらの座席は、事前に予約可能です。ただし、予約料金が現在のレ-トで13500円かかります。
しかし、確実に確保するにはこの方法が一番。

ちなみに、他の座席も事前に予約する場合は予約料4725円もしくは6730円かかります。

ただし、出発の23時間前からはオンラインチェックインができるのですが、その時に座席を指定する場合は、予約料がかかりません。

広い席ももちろん無料です。ただ、その時に残っているかどうかは運次第。

とりわけ、お二人で旅行される方で広い席を確保したい場合は、事前に予約しているほうが確実ですね。

Mashine.jpg


いずれにしろ、皆さん快適な空の旅を!




2019年3月16日

ドイツからスキ-に行く場合は、オ-ストリアかスイスの山に行くことが多いのですが、私は断然オ-ストリアに行きます。なぜかというと、オーストリアのお料理が美味しいからです。



私が必ず食べるのは、まずフリタ-テンズッペというス-プ。

Flitatensuppe.jpg



牛骨でとったコンソメ風のス-プの中に薄く焼いたパンケ-キを切ったものが入っています。何回飲んでも飽きない、あっさりとした美味しいス-プです。

ちなみに、全く同じス-プが南ドイツのシュヴァ-ベン地方にもあります。そこではフレ-デレズッペと呼ばれています。名称が違うのが面白いですね。

そして、スキ-宿のあるような山岳地域では、野生のシカやイノシシ肉のジビエ料理がまた美味しい。

Wild Gerichte.jpg



ジビエ肉はちょっと癖があるので、煮込んだものが多いですね。また果実やジャムなど甘いものと一緒に食べるのが定石です。このお料理もスキ-に行くと必ず一度は注文しますね。



そして今回は、前日までの予約が必要という仔牛のすね肉料理を初めて食しました。


Kalbshaxe mit Wirtin.jpg



民族衣装を着たお店の女将さんが、自らよそってくださいました。

二人分ですが、それでも多すぎ。豪快なお料理です。

Kalbshaxe.jpg



そして付け合わせはシュペッツェレというヌ-ドルとニョッキの間のようなものです。こちらも南ドイツのシュヴァ-ベン地域でお食べられます。

Kalbshaxe in Teller.jpg


ちなみに南ドイツのバイエルン州あたりでは、豚のすね肉料理、シュヴァイネハクセというものがありますが、仔牛のすね肉は、あまり食べる機会はないですね。

オ-ストリアのお料理、なかなか美味しいですよ!!




2019年3月 4日

ヨ-ロッパもスキ-が盛んです。とりわけオ-ストリアは国民的スポ-ツといっても過言ではありません。冗談で「赤ちゃんはスキ-をつけて生まれてくる。」と言われるぐらい、小さい頃からスキ-を楽しみ、スキ-をしない人はほとんどいないというお国柄です。

私もスキ-は日本にいた頃から大好きで、毎年オ-ストリアに滑りに行きます。

先日、お天気が良い日を狙って、ア-ルベルグのスキ-場、St.Anton(サンクト・アントン), Lech(レヒ), Zürs(ツィルス)に行ってきました。

これらのスキ-場はすべてゴンドラで繋がって、モダンなリフトが多く輸送力もすばらしいのが魅力です。

Piste.jpg



St.Antonはワールドカップなどが開催されたスキ-場。またちょっと高級なLechは、イギリスやオランダの王族が毎年スキ-休暇を過ごすところでもあります。

いずれも、大型ホテルなどが多く、夜も賑わうスキ-リゾ-ト。

でも私は、小さくて静かなところが好みですので、Lechの隣町のZug(ツク)という村に宿をとりました。


Zug1.jpg

とっても可愛い小さな村です。

Lechへはリフトで行くか、20分に一本走っているスキ-バスで5分ちょっとで行けます。Lechからはまたバスで戻ることもできますが、スキ-で滑って帰ってくることもできます。

Zug2.jpg

またLechのゲレンデは、他のゲレンデに比べるとあまり急斜面はありませんが、それでもコブ斜面などさまざまなピステがそろっています。


Lech Bückel.jpg

このZugという村は、夏場も素敵なハイキングコ-スを楽しめますし、四季を問わず自然を満喫できる素敵なところ。

静かに自然と対話したい方にはおすすめです!


Berg mit Ski.jpg







2019年2月25日
2019年2月18日
2019年2月11日
2019年2月 4日
2019年1月27日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集