海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ベルリンとライプツィヒの間にあるブランデンブルグ州。その州東部に位置する

シュプレ-ヴァルド(シュプレ-の森)に行ってきました。



自然が多く残る低湿地地帯で、1990年にはユネスコから生物圏保護区に指定されています。河川網が広がり、他では見られない景観が人々を魅了します。

その河川網では昔ながらのゴンドラに乗りながら、のんびりと楽しむことができます。

Shiff fährt.jpg


私が訪れた町は、Burg(ブルグ)。この町で一番古い船着き場があります。

Spreehafen Burg(シュプレ-ハ-フェン ブルグ)。

Spree kawa.jpg

かつて、この乗り場から農民が水車小屋までゴンドラで渡って行って仕事をしていたそうです。また、周辺に住む農家の人々が家畜を市場まで運んで来たり、教会を訪れたりする際には必ず利用する、重要な交通手段だったとのこと。

1913年にはブルグで最初の公式ゴンドラ乗り場となり、訪れる人々誰もがシュプレ-ヴァルドの自然を水上で満喫できるようになりました。

毎日午前10時に営業開始。ゴンドラが満席になり次第出発します。

Hafen.jpg

また、体を動かしたい人は、カヌ-を借りて自分で漕ぐこともできます。

その他には、ゴンドラに座って優雅に朝食を楽しむプログラムや、夜月明りを楽しむロマンチックなプログラムなどが用意されていますよ。

チケットは、このかわいらしい小屋の中で販売されています。

Spreehafen Haus.jpg

料金は、

通常のゴンドラ

1時間 8.5ユ-ロ

1.5-2時間 12.5ユ-ロ

3時間 14.50ユ-ロ

5時間 18.50ユ-ロ



観月ゴンドラ

14.5ユ-ロ


グリュ-ワインを飲みながら楽しむゴンドラ

12.5ユ-ロ


デラックスコ-ス

一時間65ユ-ロ


カヌ-レンタル

           二人乗り    三人乗り    四人乗り

最初の1時間    6ユ-ロ    7ユ-ロ   10ユ-ロ

それ以降、1時間   4ユ-ロ    6ユ-ロ    8ユ-ロ

1日乗り放題    25ユ-ロ  30ユーロ   35ユ-ロ



これから夏にむけて、ゴンドラやカヌ-が気持ち良い季節になりますね。

シュプレ-ヴァルドにいかれましたら、是非お試しください。

Sprreehafen Burg

Am Hafen 1

3096 Burg (Spreewald)

Tel.0171 6852882

Fax.035603 150405

www.spreehafen-burg.de



ところで、シュプレ-ヴァルドではゴンドラ以外に良く知られたことがあります。

それは、春になると多くのコウノトリがやってくることです。

今回も数はまだ少ないですが、もういましたよ。

Storch fern.jpg


Storch nah.jpg


ところで、なぜシュプレ-ヴァルドに多くのコウノトリが到来するのかというと、

このあたりには、刈り取られて整備された耕地が多くあり、コウノトリが餌をとるのに適しているからだそうです。

シュプレ-ヴァルドの魅力であるシュプレ-川河川網でのゴンドラとコウノトリ。

自然が大好きな方には是非お勧めの旅行先です!





2018年4月18日

引き続き、テネリファ情報です。

火山の周りのトレッキングもお勧めですが、あまりアウトドア派ではないという方には、イルカウオッチングはいかがでしょうか?


テネリフェの西側の海岸は、イルカやクジラの自然保護地域になっているそうで、船で沖まで行くと、イルカはもちろん、そして運が良ければクジラにも遭遇するそうですよ。



船が出るところは、Los Gigantesの港。






Hafen.jpg

Flipper Unoという会社が、小さな船を出していて、1時間、2時間、3時間コ-スと選べるようになっています。



Fune.jpg

私達は、2時間コ-スを選びました。料金は15ユ-ロ。

この日は波が結構高くて、かなり揺れました。一人船酔いされた方もおられたみたいですので、乗り物酔いしやすい方は、波が高い日は避けたほうが良いかもしれません。


かなり沖の方まで揺られながら行くと。。いました!!




Delfin1.jpg

中には船と一緒に並走してくるイルカがいたり、大きく飛ぶはねるイルカがいたり。

Delfin3.jpg

Delfin2.jpg

水族館で見るのとは違って、野生のイルカですから、大自然を感じますね。




イルカと遭遇するところを数か所行ったあとは、切り立った断崖沿いに船を走らせてくれます。

Kamome.jpg

カモメもビスケットをもらいに近寄ってきます。

しばらく行くと、船着き場のようなところで船を泊めて、しばらく停泊。

Masca Schult.jpg

ここは、Mascaという場所からガイド付きのトレッキグツア-をした場合の終着点。

ここに、船が迎に来てくれて、港までトランスポ-トしてくれるそうです。

今回は、残念ながら閉鎖されていました。



停泊時には、飲み物サ-ビスもあります。

輝く太陽の下でクル-ジングは最高。今回は、クジラには遭遇しませんでしたが、

イルカだけでも大感激でした。

3時間コ-スなら、クジラにも遭遇する確率が上がるかもしれませんね。




Gaikan.jpg

イルカウオッチング情報

Flipper Uno

www.flipperuno.com


2018年4月11日

先日、カナリア諸島のテネリフェに行ってきました。素敵なところなので、ご紹介したいと思います。

日本ではあまりポピュラ-な旅行先ではないかもしれませんが、一年中春のような穏やかな気候に恵まれていることから、ヨーロッパでは人気のある旅行先の一つです。

アクセスも、ヨ-ロッパ主要都市からチャ-タ-便が飛んでいますので便利。

私が住むライプツィヒからもルフトハンザドイツ航空の関連会社Condorがテネリフェ南空港まで飛んでいます。所要時間は5時間弱。ちょうど良い移動時間です。


テネリフェは北アフリカ近くの大西洋に浮かぶ島。3月でも日中の気温は海辺では25度ありました。

ちょうどこの時期はア-モンドの花がそこらじゅうで咲き乱れていて、目を楽しませてくれます。

Mandelblüte.jpg

花自体も桜によく似ていますね。テネリフェの人達は口をそろえるかのように「今ア-モンドの花が咲いてるよ!」と言っていましたので、日本の桜のような春を象徴する花なのでしょうね。

テネリフェの海は大西洋ですので波が高いため、海水浴は限られた海岸でないと危険なようです。また、火山活動でできた島のため、砂浜も灰色をしていますね。

Umi.jpg

その火山の一つ、El Teide (エル テイデ)が島の中央部にそびえています。

El Teide.jpg


3717mの高さですから、富士山より少し低いだけ。頂上まで登ることもできますが、

その周りがナショナルパ-クになっており、ハイキングコ-スがいくつも整備されていて、魅力的なトレッキングが楽しめます。

Trecken2.jpg

Treking 3.jpg



周りはすべて、溶岩。

Trecking1.jpg

まさに長い年月を経た地球の大地を感じます。



さて、私達が滞在したところは、テネリフェの北西部、標高900mにたたずむ小さな村、

Santiago del Teide。

海辺に比べると、気温が低く20度を割るときもありましたが、

浜辺には大型ホテルがひしめき合っているため、静かに過ごせるのがメリットです。

この村から車で少し走ると、Mascaいう美しい隣村があります。

Masca.jpg

この村からは、ガイド付きで海までトレッキングツア-があり、到着地点からは

船で迎えに来てくれて、海辺のLos Gigantesまでトランスポ-トしてくれます。

私達もそれを今回の旅の目的の一つにしていたのですが、残念ながら今はしばらくトレッキングコ-スは閉鎖されているとのことでした。

夕日もとても幻想的。

yuuhi.jpg

とにかくカラッとさわやかな気候のテネリフェ。真夏でもそれほど暑くならないそうです。

トレッキング好きの自然派の方には、お勧めの島です。


2018年4月10日
2018年4月 5日
2018年3月30日
2018年3月23日
2018年3月16日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ライプツィヒ特派員

    ライプツィヒ特派員
    シェ-ファ-玲子
    2008夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで支局スタッフとして21年間従事していたが、支局閉鎖に伴い現在は公私ともにライプツィヒに腰を落ち着かせている。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集