海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ビッグ・ベンで有名なイギリス国会議事堂付近で、昨3月22日の午後2時40分ごろに発生したテロ事件。もう日本などでも報道されていて、ご存知の方も多いと思います。


arutero6.jpg


犯人が運転していた車がウェストミンスター橋で歩行者ら数十名を攻撃し、更に車から降りて国会議事堂ゲートの平服警察官を刺殺。その直後に犯人も武装警官に射殺されました。


arutero5.jpg


現在のところ歩行者3名と、上記2名の死亡が確認されています。なお重軽傷を負って病院に運ばれた方々の国籍はイギリス、フランス、ルーマニア、ドイツ、ポーランド、イタリア、ギリシャ、韓国、中国、アイルランド、アメリカ。犠牲になった方々のご冥福と、負傷者の快復を心から祈るばかりです。


arutero.JPG


(ここから先の画像はウェストミンスターではなく、今夜のピカデリー・サーカス周辺です)
事件の起こった昨日午後から本日午前中までは、現場となったウェストミンスター橋や最寄り地下鉄駅は閉鎖されていましたが、正午過ぎから解除。さすがに現場付近は通常よりも警官やジャーナリストが多いものの、テロ発生から24時間未満で一応は平常に戻ったロンドンです。


arutero1.JPG


射殺された犯人カリド・マスード(52歳)はイギリス生まれ。犯行そのものは単独でしたが、他にも共謀などの容疑でロンドンとバーミンガムを中心に8名ほど取り調べを受け、イスラム過激派ISも関与を認めています。


arutero3.JPG

対してメイ英国首相およびカーン市長が相次いで、「我々は卑劣なテロ行為に決して屈服しない」という声明を発表しました。


arutero4.JPG


街中の賑わいも、いつも通り。もちろん周囲に不審な行動があったら即通報したり避難する心がけは必要ながら、恐怖に身を縮めていたらテロリストの思うつぼ。平常生活を続ける事によって対抗する、ロンドン市民の姿がここにあります。

arutero2.JPG


外務省・海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C057.html


2017年3月24日

今日は3月17日。アイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリックの命日という事で、アイルランド共和国と北アイルランドでは祝日です。イングランドやウェールズでは祝日じゃないものの、アイルランド系の人々が中心となって各地で盛大に祝います。


17aru1.jpg


もちろんロンドンでも大きなパレードや行事が開催されますよ!今年のように3月17日が平日の場合は、その前後の週末に行われる事が多いんです。


17aru2.JPG


特にロンドンでは日曜日に、ピカデリー・サーカスからトラファルガー広場までのパレードと、同広場に設けたイベント場でのコンサートなどを開催。平和で楽しいイベントなので、アイルランド系に限らず大勢の人々で賑わいます。


17aru3.jpg


私も以前、たまたまその日にロンドン中心地に行った時にパレードを見かけた事があるんですよ。アイルランド国旗は白・緑・オレンジの三色ですが、特にシンボル・カラーである緑色が目立ちます。


17aru4.jpg


またシャムロック(クローバーやカタバミなど三つ葉の総称:花じゃないけどアイルランドの国花)や、アイルランド伝承の妖精レプラコーンも、この日のシンボルとして多用されます。


17aru5.jpg


アイルランド系の会社から大型トラックが参加していたり、大人も子供も緑色のコスチュームに身を包んでいたり、陽気で明るい雰囲気!


17aru6.JPG


そして大人にとって欠かせない(?)のがギネス!このアイルランドの誇るスタウト種のビールは年間を通して人気とはいえ、特にこの日の消費量は凄そう。街中のパブは軒並みアイルランド国旗を掲げて、「ギネス一杯無料」などプロモーションに大忙しです。


17aru7.JPG


それじゃあ、私も便乗して・・・聖人パトリックさんに乾杯!


2017年3月18日

春休みや卒業旅行など、3月から4月にかけてロンドンを訪れる方も多いことでしょう。そこで今の季節、どんな天候を想定して衣類や持ち物を揃えれば良いのかな?という疑問に、できるだけ実情に即してお答えしてみようと思います。


aruten1.jpg


まずその為に知っておきたい事は、ロンドンの気候の特徴。一年を通して気温差が少なく降雨量も日本に比べてずっと少ない、という典型的な「西岸海洋性気候」なのです。


aruten1 (2).jpg


大雑把ながら目安として平均気温を挙げれば、冬は日中4~5℃、夏でも17~20℃ほど。日本のように寒暖差が激しくないため、「衣替え」という季節行事が要らないくらいです。たとえ真夏でも、朝晩はコートやジャケットがないと寒く感じますよ。


aruten9.jpg


さて、季節を3月~4月に限定しましょうか。日中の最高気温は12℃~15℃になる日が多いものの、夜は5℃前後まで下がります。重ね着やスカーフを活用して、簡単に温度調整できるのが理想。


aruten7.jpg


「ロンドンって雨が多いでしょう?」という印象がありますよね。それは当ってもいるし、外れてもいます。


aruten2.jpg


一日のうちに四季がある!なんて言われるほど天候が変わりやすいから、確かに雨が降る確率は非常に高い・・・なのに降雨量は少なく、シトシトまたはパラパラと降る事が多いんですよ。もちろん折り畳み傘を携帯すれば万全ですが、フード付きのコートやジャケットで間に合わせちゃうロンドンっ子も珍しくありません。


aruten6.jpg


日本ほど沢山スギの木がないのは、スギ花粉にアレルギーの方にとって朗報。とはいえ他の花粉は色々ありますから、そちらにも反応しちゃう場合は対策が必要かもしれません。残念ながらイギリスではマスクをする習慣がないため、街中でマスクをすると結構ガン見されるのでご覚悟を。


aruten4.jpg


以上、そこそこに寒くもあり暖かくもあり、雨がしょっちゅうパラつく割に降雨量は大した事ない。というアイマイで不安定な天候を想定しておくのが、ロンドンで快適に過ごすコツだと思います!


2017年3月17日
2017年3月13日
2017年2月28日
2017年2月22日
2017年2月11日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ロンドンイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストバルカン半島フィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ