海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン特派員ブログ

イギリス/ロンドン特派員ブログ 小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

これはピカデリー・サーカス駅構内の一角にある、約100年前の世界時計。一見ただの大きな世界地図みたいで、これのどこが時計なの?!と思いますよね。


1arujikan6.jpg


真ん中にある白い帯状のものに時間が表記されていて、それが刻々と左に移動していくのです!


1arujikan7.jpg


しかも英国サマータイム期間とグリニッジ標準時間、どちらにも対応しているんですよ。シンプルながら合理的~~。


1arujikan.jpg


【サマータイムの期間】

イギリスでのサマータイムは、3月最後の日曜日から10月最後の土曜日までの7か月間です。


日本よりもずっと緯度の高いイギリスは、夏と冬の日照時間の長さがすごく違います。夏至の頃は夜10時まで明るいし、逆に冬至になると夕方4時には暗くなっちゃう!だから日照時間の長いシーズン中はそれを活用できるよう、グリニッジ標準時よりも1時間ずらしたサマータイムを適用。


appix29.jpg


【日本との時差】

サマータイム中は8時間、標準時は9時間、日本よりもイギリスの時間は遅れています。時間が変わるのは毎年3月最後の日曜日と、10月最後の日曜日。たとえば2017年ならば3月26日の01:00になると1時間進んで02:00になり、10月29日の02:00にグリニッジ標準の01:00に戻るんです。


appix18.jpg


【冬時間とは?】


サマータイムと反対にイギリスでは冬時間という言い方はせず、単にグリニッジ標準時間:Greenwich Mean Timeと呼ばれます。それを略して「GMT」と表記することが多いので、それさえ憶えておけば大丈夫。


1arujikan8.jpg


もちろん飛行機の発着時刻も、イギリスでの現地時間ですので・・・3月下旬と10月下旬にイギリス旅行をされる方は、その点をご留意くださいね!



2017年8月12日


バースは古代ローマ人の浴場跡があったりジョージ王朝時代の美しい建物が沢山あったり・・・と歴史的、言い換えればちょっと古めかしい?イメージがあるかもしれませんね。


18ju.jpg


そんな世界遺産の街バースに最近、トレンディーでお洒落なブティック・ホテルがオープンしましたよ!


18ju11.jpg


それが、この「No.5 グレート・パルトニー」という4つ星ホテル。建物の外見こそ、この街の景観に合わせてしっとり落ち着いた雰囲気ですが。


18ju4.jpg


中に入ると、デザイン・コンシャスな内装が目を引きます。


18ju10.jpg


18ju1.jpg


至るところに現代的なアート作品があったり、バー&レストランのシャンデリアなどは壊れたネックレスや片方なくしたイヤリングで出来たものだったり。


18ju2.jpg


こちらも古いアクセサリーや扇子を、ガラステーブルに閉じ込めたもの。DIYインテリアに興味のある方には、きっと素敵なインスピレーションになりそうですよね!?


18ju6.jpg


私たちがこのホテルに来たのはディナーを頂くため。宿泊しなかったのでお部屋の様子を見れなかったけれど、食事も美味しかったです。


18ju5.jpg


地元の食材を豊富に使って、それぞれ味わい深いお料理でした。また、昼間はアフタヌーン・ティーもやっていますよ。


18ju7.jpg


バースでの宿泊ホテルとして、またはお食事やアフタヌーンティーに、それともバーで一杯飲んだり。お洒落なインテリアに興味のある人には、特にお勧めです!


No 15 Great Pulteney
住所: 15 Great Pulteney St, Bath BA2 4BR
Tel: 01225 807015
URL:https://no15greatpulteney.co.uk/


2017年8月 2日

ピカデリー・サーカスからすぐ近くにある「カフェ・ロイヤル」は、創業1865年の老舗レストラン&社交場としてセレブ御用達のステータスを築いた場所。

常連客にはオスカー・ワイルドやノエル・カワード、バーナード・ショーなどの文人からチャーチル元首相のような政治家、またエリザベス・テイラーやブルジッド・バルドーなど華やかな顔ぶれ。故ダイアナ元妃もその一人だったそうです。


1arcafe1.jpg


10年ほど前に大々的な改装のため一旦クローズしたのち、2012年には5つ星ホテルとして再生しました!


1arcafe.jpg


先日お友達と一緒に、その中にあるカフェ・レストラン「パピヨン」でお茶してきましたよ♪


1arcafe3.jpg


大通りのリージェント・ストリートに面していて、とても明るく開放的な雰囲気です。


1arcafe4.jpg


スタッフの方々がいるカウンターには、ガラスケースの中に美味しそうなケーキ類が色々あったけど・・・私たちは別のレストランでランチ&デザートを完食したばかりで、お腹一杯!さすがにお茶やコーヒーだけ頼みました。笑


1arcafe6.jpg


でも周囲のテーブルではアフタヌーン・ティー£32.00や、スコーンと飲み物セットのクリーム・ティー£14.00、またはランチを頼んでいる人が多かったです。(料金はいずれも2017年7月現在・またサービス料が別途加算されます)


1arcafe5.jpg


私たちのコーヒーやお茶はそれぞれ£6.00で、普通のカフェに比べたら倍くらい。でもホテルの中にある美麗な化粧室を使えるのを考慮したら、これはこれで納得のお値段だと思いました。


1arcafe7.jpg


カフェ「パピヨン」から化粧室に向かう途中には、レストラン「テン・ルーム」。ホテル宿泊者はここが朝食ルームにもなるようです。また同ホテル内にある「オスカー・ワイルド・バー」でのアフタヌーン・ティー(£41.00~)は今年のアフタヌーン・ティー・アワードを受賞して、老舗セレブ・レストランだった実力を示しました。


1arcafe2.jpg


お食事やアフタヌーン・ティーももちろん素敵だけど、ちょっとお洒落なカフェとして利用するのも良いでしょう?!

Papillon at Hotel Café Royal
住所:68 Regent St, Soho, London W1B 4DY
電話: 020 7406 3333
URL:http://www.hotelcaferoyal.com/papillon-restaurant


2017年7月29日
2017年7月23日
2017年7月 8日
2017年7月 6日
2017年6月30日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン特派員

    ロンドン特派員
    小野 雅子
    ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集