海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン2特派員ブログ

ヨーロッパにもどる

地球の歩き方
Web特派員募集

特集&トピック

イギリス/ロンドン2特派員ブログ デュポン 洸子

イギリス・ロンドン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ロンドンに数ある老舗パブの中でもかねてから行ってみたかった1875年に作られた「Viaduct Tavern」。
1.jpg

内装は1898年から1900年に改装されて以来そのまま。
天井の高いこのパブは昔は高級ジン・バーとして始まり、木の色から 天井に掘られた模様、皮の椅子に、壁に飾られた大きな絵まで何から何まで気取らず上品で、かつ暖かい雰囲気を醸し出しています。
ヴィクトリア朝のジン・バーとしてはロンドンでは最古のものになのだそうです。
2.jpg

中央裁判所の向かいにあるViaduct Tavern。
かつて目の前の交差点は公開処刑所だったとか。。。
実は地下に大昔に実際使われていた牢屋が残るこのパブ。「幽霊を見た」などという噂が絶えません。
暗闇で電気のない中数十人が詰め込まれていたという牢屋は、食べ物が上から投げ落とされた穴なども残るとても貴重なものだそうで、
店内がもしもしすいていると稀に見学させてくれるそうな。(私が行った時は4時半頃でちょうどぼちぼち人が入りだす時間帯。”Sorry(ごめんね)”と言われてしまいました。次回こそ!)

それはさておき。

折角なのでジンを頂いたらよかったのですが、この日の気分はどうしてもサイダーだったので。
ガラス張りのシックな絵の隣にある高いすに腰掛けて、一杯。
3.jpg

この入って右側の壁いっぱいにあるガラス張りの大きな絵の一つ、右端に大きく焦げた穴があります。
第一次世界大戦の時にできた弾痕と教えていただきました。
4.jpg

5.jpg


100年以上の歴史を持つViaduct Tavernが放つ雰囲気は独特で心地よいものでした。
様々なストーリーからできているパブで気軽に時間が過ごせる、そんな贅沢な時間もロンドンではできてしまうんですね〜。
また、ここはセント・ポール大聖堂やスミス・フィールドミート・マーケットなどその他多くの歴史的建造物に囲まれているので、ぶらり散歩のついでパブ としても是非立ち寄ってみても?

ナニかに会えるかもしれません。。。。


住所:126 Newgate St, London EC1A 7AA
電話:+44 20 7600 1863
Web:www.viaducttavern.co.uk
日本語対応:なし
最寄駅:St.Paul’s駅
無料WiFiが使えます


2017年6月20日

いろんな種類の味がいっぺんに食べられて、しかも見た目も可愛くて美味しくて!
という女子の夢、叶えてくれる本場のイタリア人たちも大満足のジェラート屋さん『Amorino』がSoho(ソーホー)に!!!!!!
1.jpg

2.jpg


ここは何が特別か。


まずカップでなくコーンでオーダーをするのが鍵。
3.jpg

3種類の大きさから選べ、何種類でも味(フレーバー)が選び放題!
その味一つ一つが「花びら」となってお会計をする頃には大きく綺麗な薔薇ジェラートになっているんです。
4.jpg

5.jpg

食べるのが勿体無い〜〜〜〜〜〜。。。。。なんて言ってると溶けてしまいますよ!
ここは意を決していただきましょう!
6.jpg

2002年に開業したAmorino。オーナー達こだわりのジェラートは、オーガニック食材を使った着色料、人工甘味料などを一切使用しないもので その美味しさは。。。。絶えない人だかりが証明しています。
味はライム+バジルからココナッツ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ、キャラメル、カフェ、チョコレート、ティラミス、バナナ、ベリー、オーガニック・グリーン・デトックス シャーベットなどなど、本当に様々。
7.jpg

Amorinoのウエブサイトに行くと、コーンのサイズやフレーバーの組み合わせでカロリー計算をしてくれっちゃったり。
カロリーが気になるあなたにも優しいお店。

でもロンドンは歩いてなんぼの街。食べた分は歩きまくれば、無問題☆
ロンドンまで来たんだもん、食べたいものは食べるべし!

お買い物や観光のちょいと一息に、見ても楽しい食べても美味しい、
そんなジェラートはいかが?
8.jpg

住所:41 Old Compton St, Soho, London W1D 6HF
電話:+44 20 7494 3300
日本語対応:なし
最寄駅:Leicester Square駅


2017年6月13日

いつもとはちょっと変わったものでも食べようか。
と、いうことでランチに向かったのはBourough にある地中海料理のレバノン料理屋さん、『Al Masar』。
様々なレストランが並んでいるので思わず目的地を変えようか迷ってしまいます。
1.jpg

店内は空きすぎず混みすぎず、程よい人の入りかたで。(お昼時にお店が空きすぎているとスコーーーーシ不安になるたち)

期待に胸を高まらせながらメニューに手を伸ばします。
2.jpg

美味しそうな写真はいっぱい!
でも、メニューに見慣れない単語が並んでいるため、下に説明文はあるのですが目があちこちしてどうしたらいいかわからない!
決められない!助けてお姉さん!!
そうしてお店の方にお勧めを伺ったところ、「二人用セットは如何でしょう」、とのこと。

3.jpg

メニューを見てみたら前菜からメインからデザートまでついている様子だったので、3人だったのですがこちらのセットを注文。
すると。まずは2品
4.jpg

しばらくして3品4品と、次々運び込まれる美味しそうなお皿の数々に思わず小躍り。
小さめのお皿に見えて結構お腹にたまります。

写真のものは前菜。この後さらに2品出てき、もう無理〜と思ったところにメインの鶏肉とヤギ肉が。
トドメに濃厚なデザートをいただき。。。。。2人前を3人で食べたはずなのにお腹がはちきれそう!

しかし考えてみるとヘルシーなものばかりで彩りも見ていて楽しいだけでなく 色々少しづついただくことができたので セットメニューにしてよかったと思いました。
是非またきて今度は違うものにチャレンジしてみたいです。

地中海料理はほとんどいただいたことがないのですが、私の口には合い、美味しかったです!
料理選びが難しかったこと以外何一つ文句ありませんでした。
有名なBoughrough Market(ボロー・マーケット)からもそう遠くはないので ついでに寄り道しても楽しいかもしれません。


住所:214-, 216 Borough High St, London SE1 1JX
電話:+44 20 7407 6961
Web:almasar.co.uk
日本語対応:なし
最寄駅:Borough駅


2017年6月 6日
2017年6月 5日
2017年5月23日
2017年5月16日
2017年5月 8日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ