海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > イギリス/ロンドン4特派員ブログ

イギリス/ロンドン4特派員ブログ パーリーメイ

イギリス・ロンドン4特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


日本ではようやく秋めいてき、三寒四温の日があったりする事も徐々に増えてくる頃かと思いますが、こちらイギリスではもうとっくに、下手をすると8月頃から秋の気配を感じます。それでも昨年はお隣さんに教えて貰った、9月になると一時的に夏のような暑さがぶり返すという「インディアン サマー」なる現象を目の当たりにしたので、今年も「イギリスの夏よ、再び」とばかりに待ち侘びていたのですが、今年はなんやらそんなカムバックもないまま10月に突入、現在、紅葉落葉で秋真っ盛りです。

94ECE221-7CCE-4DF9-8978-87F493D80131.jpeg

とは言っても、夏の暑さとまではいかないのですが、春ぐらいのポカポカ陽気になる事は週単位であったりします。ただ、それも長くは続かず21度だった翌日にはもう12度ぐらいだったり、前日のノリで翌日の服装を用意していたら翌朝無理な事が判明し、急遽取りやめたり、具体的に言うと前日半袖だったのに翌日はトレンチコートがマストな状況に陥る事は日常茶飯事です。更に細分化すると、そもそも一日のうちでの寒暖差がかなり大きく、特に今月に入ってからは、朝は晴れの予報でも大抵霧、それも濃霧レベルで、日本ではよっぽど高い山にでも登らない限りお目にかかる事はないのではないか、という程の一寸先は闇ならぬ真っ白、な状態になり、子供の頃に思い描いていた小説や映画のような、これぞ「イギリスの典型」と言って差し支えない状況になります。

AA0B369D-CDD3-4B84-8A97-8B10A8FC2461.jpeg

それでも予報では一応晴れなので、徐々〜にとってもゆっくりと晴れ間が見えてはくるのですが、完全なる明るみを目にできるのはお昼過ぎからの事が多いです。それも、ほんの僅かの間で、次の瞬間もう陰りが出て来たり、下手をするとポツポツと降り出す事も多々あります。当然明るく晴れてくる昼間に向かって気温も上がるので、私の場合、朝はジャケットや時には薄手のマフラーを羽織って「寒いねサムイね」と言いながら子供達の学校のママ達と挨拶を交わし、午後のお迎えの頃には一転、ジャケットを脱いで長袖一枚、ひどい時(気温差が)には半袖で、朝にグチグチ言ってたのを手の平返したように、ママ達と今度は大抵「なんてラブリー デイなの」だの「暑いんだけど・・」だの、好きな事を言い合っています。こういう気候に暮らしていると、イギリス人は天気の話をするのが大好き、と言われている事にも納得です。

605B196F-1EF4-474F-AF0C-5838235D8A09.jpeg

体質のせいか、欧米人は東洋人に比べて暑がりの人が多いように見受けられます。その証拠に、街角には季節を問わず通年半袖だのサンダルだのを履いている人が結構溢れています。さすがに冬は寒いのか、上半身はダウンジャケットだのでモコモコなのに、下にいくに従って薄手になっていき、何故か足元は裸足にビーサンだったりします。そして、これまた驚く事に、品のいい白人のお婆ちゃんが、綺麗に髪を整え、花柄のジャケットにスカーフまで軽く巻いて、長めのフレアスカートに・・何故かこの寒いのに素足にパンプス、あるいはサンダル。こ、このパターンを見たのが一度や二度ではない事に衝撃を受けました。今頃の秋ならまだしも、見かけたのが真冬だったので衝撃が大きかったです。イギリスでもストッキング着用はマナー的に必要なシーンがあるそうですが、お婆ちゃん、折角そこまで着飾ってるのに、なんか履いた方が見た目にも実用性でも有利なのでは?と、人ごとながらも心配になってしまいました。

EB41CA48-D179-4C96-96B6-B341E196EAE4.jpeg

このように、人種のるつぼと言えるイギリス、ロンドンにおいては、例え同じ気候の下に会していても気温の感じ方は十人十色、様々です。日本人としては長袖一枚が妥当な、穏やかな陽気かな?という時に、ミシュランタイヤのようなモコモコダウンジャケットを着ている親子の横に、露出も激しいタンクトップのお姉さんがいたり、一年を通して全ての種類の服装を目にする事ができます。こちら、日本人の旅行者に的を絞ったアドバイスを僭越ながらさせて頂きますと、イギリスにいらっしゃる場合は一にもニにも、羽織る物を一枚!春や秋にたとえポカポカ陽気、爽やかな秋晴れであっても、湿気が少ないイギリスでは日陰に入るとすぐに底冷えします。夏であっても状況は同じで、時間帯、急な雲の陰りや雨で寒くなる事も多いので、クシャクシャに丸めても構わないような、薄手の上着を鞄に忍ばせておくと重宝します。

158257A1-0BE1-4093-8624-79440B9CB5BD.jpeg


2018年10月12日

イギリスのボート競技(レガッタ)は世界的に有名なようで、毎年恒例のレースが幾つかあります。なかでも、グレート リバー レースという大会はロンドンから出発し約35キロに渡りテムズ川を遡るのですが、プロ並みにレベルの高いチームから、仮装をしながらワイワイ仲間で盛り上がるチームまで、イギリスだけでなく世界各地から玉石混交の参加者が集う、とてもユニークな催しです。しかもゴール地点が私の住むサリー州という事で、迷わず観戦してきました。

DBBEF20B-C5EC-4C15-B6D3-80B3ED1A78F7.jpeg

サリーと言っても広いので、クロイドンから車で一時間程かけてゴール会場のあるハムに向かいました。電車ですとクロイドン中心部からリッチモンド駅まで30分程度、その後川べりまで徒歩20分ほどです。ハムの川幅は狭く、流れも穏やかでこれが賑々しく派手なロンドンに繋がる、同じテムズ川なのか、と思うと不思議に感じます。カモメのような白い鳥が飛び交い、時折何隻かのボートやヒースロー空港へ向かって低空飛行をする飛行機が通り過ぎたり、対岸の整えられた芝にあるお城風の建物が見えたりと、とってものどかで目の保養になるような景色が続きます。

7A42444B-79DC-4051-A36E-6487D124D485.jpeg

世界的な大会というだけあり、川沿いを歩いている人達から聞こえてくる言葉は英語でない事も多く、イベント会場が近付くにつれて、歓声やチームのテーマに沿ったコスチュームを身にまとった参加者が増えてきました。空に向けてのぼりのような旗が沢山立ち並ぶのが見えてくると、スピーカーを流れるレースの順位を発表するアナウンスが聞こえてき、屋台と人が密集するメイン会場が出現しました。それまでの静けさとは打って変わって、こんなにも出店があり盛り上がっているとは露知らず、元来祭り好きな私のテンションはアーップ!その先には一体何があるのだろうか、とズンドコズンドコ、更に道を突き進んで行きました。

9F5BC273-DA75-4C88-8240-23F8E5ED4FEC.jpeg
4658CE3D-6A6F-4D38-903B-697577333AD4.jpeg

途中、「なんとかかんとか〜」という呼び声の後に「オイオイオイ‼︎」「オイ‼︎」と、まるで三三七拍子のように威勢の良い掛け声を聞き、最近ミランダ カーの動画でオーストラリア人(オージー Aussie)はオイオイ!って言うのが大好き、という情報をゲットしたばかりだったので、すぐにピンときました。オーストラリアチームのボートがゴールしたんですね。この時もおそらく、「オジオジオージー、オイオイオイ!」と皆でコールしていたのだと思います。またしても、一人で大興奮の私。

70E26577-F4CE-416E-9FD9-2531CC0446D7.jpeg

しばらくすると、今度はキッズスペースが見えてきました。無料で解放されている、遊び道具が置かれている広場に、お馴染みイギリス人形劇の「パンチとジュディ」、そして、我が子が夢中になりその後一時間は延々と遊び続けた、3ポンドで遊び放題の巨大ビニールテントと滑り台。他の家族も、ビールやツマミ片手に友人達と一緒にのんびり談笑しながら子供達を見守っています。子連れなので自家製ビスケットやバナナといった食べ物を持参しているママも多かったですが、近くにいたママはひげ根のついた人参や、何故かツルまでついた立派なインゲンまで裸のままリュックに入れて持ってきたようで(⁈)ママ友にもお裾分けしていました。英語じゃないので不明でしたが、「えー?いいのにぃ、もう、悪いわねぇ、ホントに。」ってな感じのやり取りだったはずです。白人はよく野菜スティックをおやつにするので、これらも多分食べる為にわざわざ持参したのだとは思いますが・・ワ、ワイルド!

5ED43C21-BF00-425E-AB8D-EDCAB9FECAE3.jpeg

と、そんな様々な人間模様も観察できた、想像以上にエキサイトで周りの静かな環境とのギャップが二度美味しいお祭り、いや、レースでした。

大会の公式ホームページ: https://www.greatriverrace.co.uk/index.php



2018年10月 4日

イギリスはロンドン南部、サリー州に位置するクロイドンの特派員になりました、パーリーメイと申します。2017年に夫の転勤でこちらに来たのですが、渡航前に現地の情報を得たいと思っても、宿泊予約の情報ばかりで知りたい情報が乏しくモヤモヤしてしまいました。そこで、在住一年を経た今、リアルタイムのクロイドンやその周辺地域での体験を皆様にお届けし、少しでもお役に立てれば幸いです。

IMG_00.jpeg

初めは「サリー州なのに、ロンドン??」と、頭がこんがらがっていたのですが、良い例を勝手に思いつきました。関東地方限定の表現になってしまい、申し訳ないのですが私は来英直前は東京在住でしたので、自然と「ここら辺は、日本で言うと東京都の多摩地区か」と思うようになったのです。つまり、新宿(ロンドン ブリッジ駅)に出るまで急行で20〜30分、渋谷(ビクトリア駅)へは30〜40分という距離です。正確には、ロンドン ブリッジ駅からクロイドンの中心地で栄えているイースト クロイドン駅までが国鉄の直通で約15分、その後各停に乗り換えてサウス クロイドン、パーリー オークス、パーリー等、南下するに従って緑が徐々に増え郊外型の住宅が拡がります。

IMG_9962.jpeg

イースト クロイドン駅からはX26番という、ヒースロー国際空港への直通バスも走っています。二時間ほどと時間はかかりますが、電車のように重い荷物を引きずって複数回乗り換える必要もなく、一旦乗ってしまえば市バスなのでわずか1.5ポンドで悠々到着出来ます。時間に余裕がある時、小さい子供連れの時などに重宝します。

IMG_9981.jpeg

人口は2017年6月時点で38万人弱と、ロンドン自治区の中ではバーネット区に次ぐ多さで、その分多種多様な民族が集まりエスニックな雰囲気を醸し出しています。そのため食事の選択肢には事欠かず、イギリスならではの大衆パブも揃っています。パブでは通常食事もドリンクもカウンターで注文、支払いもしなければならないのですが、クロイドンにあるパブチェーン大手のウェザースプーン系列、スカイラークではさすがファミリー向けを謳っているだけあり、子供を席に残してカウンターに行かなくて済むよう、テーブルで注文支払いできるアプリを用意してあります。これは、慣れない地で注文に時間がかかってしまう旅人にも、大助かりなシステムなはずです。お値段もビールが1パイント(568ml)2ポンド代から、サーロインステーキが8オンス(約227g)10.25ポンド、コーヒー紅茶、エスプレッソもそれぞれたった1.25ポンドで飲み放題と雰囲気も良いのにコスパが最高です。

IMG_0036.jpeg

店名: The Skylark
住所: 34-36 South End Croydon London CR0 1DP
営業時間: 朝8時から深夜0時まで(金・土は深夜1時まで)


他に特徴的な点は、ロンドンで現在唯一残っているトラム、路面電車が長閑に走っている一方、ロンドンの主要なビジネス、金融、文化の中心地でもある近代的な一面も持っているという事が挙げられます。来年からはウィットギフトWhitgiftというショッピングモールを大改装して、新たにデパートのジョン ルイスや高級スーパーのウェイトローズ、M&Sをテナントに入れるなど、2024年までに46のプロジェクトを完遂させるという長期計画を打ち立てたクロイドン区は、今後も開発が進み目が離せない、活気ある街です。

IMG_9960.jpeg

こちらのブログでは、このような賑やかなクロイドン都心部とその周辺のゆったりした美しい郊外の話を織り交ぜ、時には国外まで飛び出した、楽しいお役立ち情報満載でお届けしていきますので、宜しくお願い致します。


2018年10月 3日
⇒すべての記事を見る

イギリス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ロンドン4特派員

    ロンドン4特派員
    パーリーメイ
    現在海外在住二ヶ国目、イギリスのロンドン南部、クロイドンに2017年より家族で住んでいます。初めて暮らす土地、慣れない頃の初歩的な過ちや素朴な疑問を交えながら、フレッシュなうちにお届けします。ロンドン都心部とは違った、郊外ならではのホッコリするような地元ネタを中心にその他の地域、国々の旅ネタも満載します。息抜きは、おウチでタイ語ヨガ(タイ語のヨガ番組を観ながらするヨガ)です。 DISQUS ID @disqus_FJ7ATyjbdg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集