海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > サマータイム(夏時間)について

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ 旧特派員 佐々木 とも子

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2006年9月15日

サマータイム(夏時間)について


メール プリント もっと見る

サマータイム(夏時間)について

サマータイムについて、このBLOGの読者の方からご質問があったので、今回はもうすぐ終わってしまう(涙)、サマータイムについて書いてみたいと思います。

サマータイムは、アメリカではDaylight Saving Time と呼ばれており、1986〜2006年までの間は、4月の最初の日曜日にはじまり、10月の最後の日曜日(今年は10月29日午前2時に切替)までをサマータイムとしてきましたが、来年2007年からは3月の第2日曜日スタート、11月の第1日曜日に変更となります。

Daylight Saving Timeは、アメリカ全州で行われているわけではなく、アリゾナ、ハワイでは行われていません。また北米では、カナダの一部の地域で採用されています。

毎年Daylight Saving Timeがスタートする時には、1時間時計を進め(例:朝7時を8時にする)、1時間損した気になりますが、終了時には1時間時計を遅らせる(例:朝7時を6時にする)ので、サマータイムが終わる時には1時間余分に睡眠がとれます。

公的にはトラブルを避けるため、深夜2時に時間を切り替えていますが、一般の人々は夜寝る前に時計を変更し、起きたら自然に変わっているというようにして生活しています(毎年ニュースで「寝る前に時計を変えるのを忘れないように!」とのアナウンスがあります)。ケーブルテレビの時刻表、コンピュータ、携帯電話などは勝手に切り替わるよう作られているので、実際に混乱というのはとても起こりにくいです。

サマータイムの良い点は、夏は1時間早く起きるせいで、夕方が遅い時間まで明るくなり、夏の涼しい夕べを楽しむことができる点です(夜8時くらいまで明るいため、散歩やジョギング、庭でのBBQなどにぴったり)。そのかわり、サマータイムが終わった後は、突然夕方6時くらいでも真っ暗になるような気がして、私は毎年このギャップに泣かされます。

ちなみにサマータイムというのはイギリス英語で、アメリカでもこれでも通じますが、一瞬「あれ?」という顔をされた後、「あ〜Daylight Saving Timeね」と言い直されます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2006年9月15日
« 前の記事「トム・ハンクス&ギリシャ祭り」へ
»次の記事「秋はお祭りシーズン」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    No. 396: 夏?それとも秋?ファーマーズ・マーケットで見つけてみよう。
    No. 385: 秋と言えば?私はクラフトの秋、、、となります。
    No. 384: 、、、そしてドーナツ・ショップにも立ち寄ってみた
    No. 383: 怖顏のセレブの店。絶対に立ち寄りたい!タコスはここで!!!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      佐々木 とも子
      写真スタジオ勤務を経て、フリーランスのライター・フォトグラファーとして東京を拠点に活動。1997年に渡米し、ロサンゼルスの日系情報誌にて働いた後、インターネット会社に転職。ライターの仕事と平行しながら、3つの会社でコンテンツクリエイター、プロダクトマネージャー、マーケティングと異なる分野の仕事を経験。趣味はフラダンスで、ハワイ語も勉強中。 連絡先:orange28@gmail.com

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集