海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > 成田→ロサンゼルス便

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ 旧特派員 佐々木 とも子

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年1月24日

成田→ロサンゼルス便


メール プリント もっと見る

成田→ロサンゼルス便

Jan07%28LA%29%20002.jpg

先週1週間ほど日本に行っていました。
いつも通りTSA(アメリカ運輸保安局)認可の鍵を使ってスーツケース、ボストンバッグを某アメリカ系航空会社のカウンターで預けようとしたのですが、なんと施錠したままではダメといわれました。TSAはアメリカ国内のみの規格なので、アメリカ→日本に行く場合やアメリカ国内を移動する際は、TSA認可の鍵な轤ゥけていてもOKなのですが、日本→アメリカの場合はいくら入国先がアメリカであっても、鍵はかけていてはいけないそうです。

ちなみに、どうしても鍵をかけたいという場合は、「大型手荷物検査場」で直接X線を通せば、鍵をかけたままでもOKです。(私が利用した便では、航空会社カウンターのすぐそばにあったので、ボーディングパスをもらった後、すぐその足で行きました)

ちなみに私もこの「大型手荷物検査場」でX線を通して、そのまま荷物2個を預けたのですが、なんとロサンゼルスで荷物を受け取った際、バッグのファスナーが壊されていました。アメリカの空港で検査を行う際、TSA認可の鍵であれば、空港係員が合鍵を持っているので本来このようなことはないはずなのですが、今回初めてこのようなトラブルにあい、とてもショックでした。

スーツケースなど預けた荷物が壊れている場合は、バゲージクレームで書類をもらい、届け出を出すことによって航空会社側で修理してくれるケースもありますが、タイヤ、ファスナーなど免責になっており、修理の対象外も多いので、残念です。私の場合もダメでした。(このあたり、同じ航空会社でも日本の方が対応が柔軟なようです)

こうしたトラブルを避ける方法としては、荷物を預ける際にビニール袋をかけてもらうという方法もあります。これは航空会社や空港によって、対応が違いますが、ダメ元でリクエストしてみてはいかがでしょうか。ビニール袋を用意している会社の場合、無料でスーツケースをカバーしてくれます。以上、ご参考までに!

PS:アメリカ出入国向けの飛行機に乗る際は、手荷物検査場を過ぎた後の売店で買ったものでも、液体は持ち込みが不可です。これを知らないで、水やお茶、お酒を買い込んでいる人が大勢いたようです。ボトルのお水だったら安いのですが、高い日本酒を買ってしまった人は泣く泣く置いていく羽目になっていました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2007年1月24日
« 前の記事「デパートのアウトレット」へ
»次の記事「アカデミー賞」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 376: 超人気 "黒い" ソフトクリームをダウンタウンで。
    No. 375: プラムが美味しい!ファーマーズ・マーケットでゲット!!!
    No. 374: ラスベガスの知られざる顔。自然も満喫!
    No. 373: ラスベガスを楽しもう!ショッピング、食事、ショウ、お土産!
    No. 372: 穴場!ラスベガスでの夜景とお酒
    No. 371: 9時間のサバイバル
    No. 370: お土産も買える!モンタナ通りの魅力!
    No. 369: Ice Cream, You Scream......

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/17更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      佐々木 とも子
      写真スタジオ勤務を経て、フリーランスのライター・フォトグラファーとして東京を拠点に活動。1997年に渡米し、ロサンゼルスの日系情報誌にて働いた後、インターネット会社に転職。ライターの仕事と平行しながら、3つの会社でコンテンツクリエイター、プロダクトマネージャー、マーケティングと異なる分野の仕事を経験。趣味はフラダンスで、ハワイ語も勉強中。 連絡先:orange28@gmail.com

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集