海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > Le Pain Quotidien

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ 旧特派員 佐々木 とも子

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年9月 2日

Le Pain Quotidien


メール プリント もっと見る

Le Pain Quotidien

IMG_1870.jpg

昔ながらのシンプルで美味しいパンにこだわるベルギー出身のパン作り職人が、地元ブリュッセルで1990年にお店を開いたのがLe Pain Quotidien(ル・パン・コティディアン)のはじまり。3年間のうちにヨーロッパに16店、開業7年後の1997年には世界のグルメが集まるニューヨークに進出し、カフェ激戦区の土地でまたたくまに人気店となった。

そんなヨーロピアンテイストあふれるベーカリーカフェが、サンタモニカの一角にある。

このお店、Le Pain Quotidienでは焼きたてのオーガニックバゲットの他、ちょっと酸味のあるライブレッドなど素朴で美味しいパン、バターたっぷりのクロワッサン、そして見た目もきれいなヘルシーなオープンサンドイッチなどの軽食が、薫り高いコーヒー(特にカフェオレが美味しい!)と共に楽しめる。

IMG_1871.jpg

店のインテリアもヨーロッパのどっしりした風格があり、カジュアルで、よくいえば機能的、悪く言えば無味乾燥な感じのこざっぱりしたカフェが多いロサンゼルスでは異色の存在。

オーガニックにこだわるお店で、さまざまな風味のはちみつ、チョコレート、お茶、コーヒーなどのオーガニック製品も置いている。

ロサンゼルスではこのサンタモニカ店以外に、UCLAのすぐそば、ウエストウッド、ブレントウッド、ビバリーヒルズ、マンハッタンビーチなど計9ヶ所に店舗があるが、アメリカ国内ではニューヨークとロサンゼルスにしか支店がないので、ぜひLA滞在中によってみてほしい。

http://www.lepainquotidien.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2007年9月 2日
« 前の記事「キッズプレイエリアのあるアメリカの空港」へ
»次の記事「アメリカのコインと紙幣」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    No. 396: 夏?それとも秋?ファーマーズ・マーケットで見つけてみよう。
    No. 385: 秋と言えば?私はクラフトの秋、、、となります。
    No. 384: 、、、そしてドーナツ・ショップにも立ち寄ってみた
    No. 383: 怖顏のセレブの店。絶対に立ち寄りたい!タコスはここで!!!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    秋はお祭りシーズン
    サマータイム(夏時間)について
    トム・ハンクス&ギリシャ祭り
    秋はロブスターにワインで乾杯!

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      佐々木 とも子
      写真スタジオ勤務を経て、フリーランスのライター・フォトグラファーとして東京を拠点に活動。1997年に渡米し、ロサンゼルスの日系情報誌にて働いた後、インターネット会社に転職。ライターの仕事と平行しながら、3つの会社でコンテンツクリエイター、プロダクトマネージャー、マーケティングと異なる分野の仕事を経験。趣味はフラダンスで、ハワイ語も勉強中。 連絡先:orange28@gmail.com

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集