海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > ロサンゼルスの電気事情

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ 旧特派員 岩崎 愛

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年7月25日

ロサンゼルスの電気事情


メール プリント もっと見る

ロサンゼルスの電気事情


ロサンゼルスの電気事情として言えるのは、ロサンゼルスをはじめ、アメリカ全体的に日本に比べると電気量が少ないように思います。(観光地などは除く)
観光地などでは、きらびやかな演出もありますが、一歩住宅街に入ると街灯などもなく暗いです。

アパート等でも日本のように天井に電気設備があるというわけではなく、電気スタンドや電気ランプをいくつか購入しなければ、部屋は真っ暗です(笑

また、レストランなども薄暗いお店が多く、文化的に電気ではなくロウソクを使用することが多いですね。
余談ではありますが、一般家庭でもロウソクの需要は多く、アメリカのスーパーをはじめあらゆるところにロウソクは売っています。勿論、お土産やプレゼントにも喜ばれます。

ロサンゼルスでは、電気会社がいくつかありますが、地域によって電気会社が指定されており、選ぶことができません。
ですので、済む場所によって電気代などに相違が出てきます。

ちなみに、私が住むSouth Pasadenaは、「Southern California Edison 」という電気会社で他の電気会社と比べると少しお高めです。

「Southern California Edison」
http://www.sce.com/default.htm

とはいいつつも、日本に比べると電気代は安く、私の場合一人暮らしで1か月$20~$30前後で冬場などは暖房もつけるので$50くらいにはなったかと思います。
ちなみに、水道代はアメリカはただです。(これはうれしい限りです。)

料金の支払いはネット上でオンラインでできます。勿論チェック(小切手)で支払うことも可能ですが、日本のように自動引き落としといった習慣はあまりないですね。
そういった意味ではアメリカはまだまだアナログなのかもしれません。

こうやって考えるとアメリカはあまり"節電"という習慣はないものの、もう既に通常生活が"節電"になっているのかもしれませんね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2011年7月25日
« 前の記事「ロサンゼルスのインターネット事情」へ
»次の記事「ロサンゼルスの保険事情~歯医者編~」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 390: 結婚式、、、こんな場所はいかがですか?
    No. 389: 天使や妖精が出てきそう、、、Angelic and Enchanted。
    No. 388: ラッコちゃんに逢えた!
    No. 387: 楽しく過ごそう!ハロウィ〜〜ン!
    No. 396: 夏?それとも秋?ファーマーズ・マーケットで見つけてみよう。
    No. 385: 秋と言えば?私はクラフトの秋、、、となります。
    No. 384: 、、、そしてドーナツ・ショップにも立ち寄ってみた
    No. 383: 怖顏のセレブの店。絶対に立ち寄りたい!タコスはここで!!!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/10/24更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      岩崎 愛
      横浜出身。現在は、Down Townに程近いSouth Pasadenaというとても長閑な治安の良い町に暮らしています。仕事で渡米してから早4年ですが、まだまだ驚きの連続で日々奮闘の毎日。そんなLAの驚き情報と共にメディアからでは伝わりにくい、現地の暮らし情報をはじめ、レストラン情報、お薦めスポット、裏事情等幅広い分野でお届けします。LAは、なんといっても一年中スポーツを満喫できる気候の良さは勿論ですが、移民の都市とあって、あらゆる国の食事や文化を満喫できることが魅力です。そんな魅力も一緒に感じていただければと思います。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集