海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ロスアンゼルス特派員ブログ > No. 9: マリブ パート1:海の生き物

アメリカ/ロスアンゼルス特派員ブログ マッキーン 奥田 すみれ

アメリカ・ロスアンゼルス特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月 6日

No. 9: マリブ パート1:海の生き物


メール プリント もっと見る

No. 9: マリブ パート1:海の生き物

こんにちは。

ロスアンジェルスも一応冬。と言いましても、真冬でも20度くらいになる日もあるロスアンジェス、日本の寒さとは比べ物になりませんね。

本日は私の住んでいるマリブを紹介しようと思います。

まずマリブはロスアンジェルスのダウンタウンから40分ほど車を飛ばした場所に位置します。高速の10を海に向かって突っ走る訳ですが、まず海に着ことそこがサンタモニカ。PCH(パシフィックコーストハイウェイ)に乗り換え15分ほどでマリブの入り口にたどり着きます。海岸にそって、家が建ち並び、ほとんどのビーチはほぼプライベート化していますので、海の生物の宝庫となっています。


住人達は飼い犬を自由にリードなしで走らせ、ドッグヘブン(犬の天国)と呼ばれるビーチ。ほんとうに犬達もラッキーですね。

IMG_5531.JPG

もちろんカモメやペリカンは年中見かけます。

IMG_6742.JPG

代表的な動物はやはりイルカ。秋から春にかけて、特に見かけます。イルカをみるとラッキーな気分になります。

100_5214.JPG

アシカもこの季節たくさん見かけます。(鵜の中に混じっているアシカ判りますか?)

IMG_0499.JPG

ビーチの岩場ではひっそりとイソギンチャク、ヒトデなどが住んでいます。

100_5902.jpeg

そして海牛なのでしょうか?こんな生き物も住んでいます。

Umiushi.jpg


マリブはセレブがたくさん住んでいることで有名な町でもありますが、住人にとっては自然に囲まれて、ゆっくりと時間が過ぎる住みやすい町です。皆さんも機会があったら、是非マリブまで足をのばして自然を味わってみてください。

ではまた!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2013年1月 6日
« 前の記事「No. 8: A Happy New Year」へ
»次の記事「No. 10: マリブ パート 2:マリブ・シャーマンで癒し系のショッピング」 へ
おすすめ記事
    ロスアンゼルス特派員 新着記事
    No. 377: 空から見たサンタモニカ・ピア
    No. 376: 超人気 "黒い" ソフトクリームをダウンタウンで。
    No. 375: プラムが美味しい!ファーマーズ・マーケットでゲット!!!
    No. 374: ラスベガスの知られざる顔。自然も満喫!
    No. 373: ラスベガスを楽しもう!ショッピング、食事、ショウ、お土産!
    No. 372: 穴場!ラスベガスでの夜景とお酒
    No. 371: 9時間のサバイバル
    No. 370: お土産も買える!モンタナ通りの魅力!

    アメリカ ツアー最安値


    2017/8/19更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ロスアンゼルス特派員

      ロスアンゼルス特派員
      マッキーン 奥田 すみれ
      1983年よりアメリカに住むベテラン。NYでの18年の生活後、現在はWest LAに属する小さな海に囲まれた町マリブに主人と2匹の犬と住む。“健康は食事で作り、維持”がモットー。健康でいる為の食事の指導を、主にマリブとビバリーヒルズで行ってる。楽しみは美味しい物を料理、食事をすること。そして旅行で魂の洗濯をすること。ロスアンゼルスでの日々の生活の魅力、短期でもこの町を満喫出来る様、“カラフル”そして“今”をお届けする窓口として情報を提供致します。ご連絡はこちらにどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集