海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨン旧市街の「サン・ジャン大聖堂」

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年2月23日

リヨン旧市街の「サン・ジャン大聖堂」


メール プリント もっと見る

リヨン旧市街の「サン・ジャン大聖堂」

サンジャン大聖堂 (12).jpg 

ソーヌ川を背にたたずむ巨大な建築物、サン・ジャン大聖堂。

12世紀~16世紀に建設され、ロマネスク様式とゴシック様式の混ざり合う教会です。

サンジャン大聖堂 (8).JPG

フルヴィエール大聖堂の丘のふもとにあるこの場所は1998年にユネスコの世界遺産に登録された歴史地区。

サンジャン大聖堂前の広大な広場は観光客の待ち合わせ場所にもなっています。

以下特徴や見どころを太文字でご紹介していきます。

サンジャン大聖堂 (7).JPG

正面奥の祭壇

現在は工事中なのかシートがかかり、スクリーンには大聖堂の映像が流れています。

修復工事が終わったらまた更新します。

サンジャン大聖堂 (11).JPG

天文時計

メインの天文時計台を探したのですが、あいにく見当たりませんでした。

ヨーロッパの中で最も古い天文時計の一つとして有名な時計。

時計にはキリスト教の祝祭日が2019年まで示されています。

毎日12時、14時、15時、16時の4回だけ設定された電子機械式からくり時計が動き、音楽が奏でられます。

サンジャン大聖堂 (4).JPGサンジャン大聖堂 (5).JPG

絵画

教会にはいくつもの絵画があります。こちらは入ってすぐ左手、絵画を壁にかけなおしているところでした。

サンジャン大聖堂 (15).jpg

花弁の「バラ窓」

建物の中央の窓にはフランス語で「ロザスrosece」と呼ばれる、バラの花をモチーフにした花弁が中央から外周へ広がっています。

 

ゴシック様式の特徴は以下の3つです。様式により異なり、教会見学の際の内装の見どころです。

1、尖頭アーチ

2、天井構造のヴォールト

3、大きな窓のステンドグラス

サンジャン大聖堂 (10).JPGサンジャン大聖堂 (1).JPG

尖頭アーチ

大聖堂の3つの大きな正門と内装の両側のアーチにみられる、文字通り「頭の尖った」尖頭アーチ。

ロマネスク様式の半円アーチに続いて生まれた、ゴシック様式のアーチです。中心に向かってより大きな力がかかるようになっていて、半円アーチよりも強い。

天井をより高くして視線をより上へ誘導する効果があります。

サンジャン大聖堂 (3).JPG

天井は石造のリブ・ヴォールト天井

天井を見上げると、中央部が盛り上がるように石が組み積んであります。

このような天井構造をヴォールト(Vault)と言います。

そのヴォールトに、中心部から放射状に延びているアーチ状の筋がリブと呼ばれる補強の梁(はり)です。

高い天井を支え、荘厳な雰囲気をかもし出しています。

サンジャン大聖堂 (6).JPG

大きな窓のステンドグラス

窓の小さなロマネスク様式に対し、大きな窓のステンドグラスがいくつも並ぶゴシック様式。

サンジャン大聖堂 (2).JPG

大聖堂は建築化された"巨大な聖書"

ゴシック建築を代表する大聖堂は、12世紀~15世紀のあいだに建てられ、文字を読めない市民に対しても図解的に教義を説くことができる建築物として生み出されました。

・大都会の中心地に建つ壮大な姿

・石造を軽装に見せる、軽やかなラインに美しい彫刻の壁など

外観からわかるゴシック様式の特徴でもあります。教会見学を楽しむためのご参考に。

 

この度メインの祭壇と時計台がどちらも紹介できませんでした。残念...。

スクリーンのシートがはずされ、時計台も見つけたらお知らせ更新します。

 

【サン・ジャン大聖堂/cathédrale Saint-Jean-リヨン第5-

カテドラル・サン・ジャン

サンジャン大聖堂 (16).JPG

正式名称

 La Primatiale Saint-Jean-Baptiste

 ラ・プリマチアル・サン・ジョン・バチスト

 

■住所

8 place Saint-Jean 69005 Lyon

 

■交通

 メトロD線「Vieux Lyon/ビューリヨン」下車、徒歩1分.

 

■営業時間

 815 - 1945(月~金曜日)

 815 - 1900(土曜日)

 819 - 0000(日曜日)

 

■祝祭日の時間変更(2014年版)

午後13:00から

11日(水) 元旦

421日(月) 復活祭 翌日の月曜日

51日(木) メーデー

58日(木) 第二次世界大戦戦勝記念日

69日(月) 聖霊降臨祭 翌日の月曜日

714日(月) 革命記念日

1111日(日) 第一次世界大戦休戦記念日

 

■サン・ジャン大聖堂のURL

 http://cathedrale-lyon.cef.fr/visite/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年2月23日
« 前の記事「リヨンの市内交通「切符の種類と料金」」へ
»次の記事「オリンピック視聴率とフランス選手の「LACOSTE」ユニフォーム」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/22更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集