海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > ハリーポッターが使ってたあの杖が!有名映画の小道具...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年4月30日

ハリーポッターが使ってたあの杖が!有名映画の小道具から舞台道具までが見れる 「ミニチュア映画博物館」


メール プリント もっと見る

ハリーポッターが使ってたあの杖が!有名映画の小道具から舞台道具までが見れる 「ミニチュア映画博物館」

ミニチュア博物館1.JPG

リヨンの片田舎に来ました。こちらは厨房です。

 

というのは冗談で、こちらはリヨン旧市街にある映画ミニチュア博物館のミニチュア作品です。

博物館は世界遺産の建築物の中にあります。

表には月替わりで異なるミニチュアが2つ展示されていて無料で見ることができます。

入口入ってさっそく、壁のガラスケースには5・6種類のミニチュアハウスが並び、壁に張りついてミニチュアに見入るお客さんでいっぱい。

受付レジはそれを越えた奥突当りにあるので、もしやこの手前のミニチュアも無料!?

ミニチュア博物館2.jpg 

入場料8ユーロを払い、レジ右手の通路を通って外の中庭に出ます。

外廊下と階段には番号プレートが貼ってあり、番号順に館内を進んで見学します。

 

まずは右下の写真、石壁の暗い地下室から。

一人の観光にはちょっとこわいお化け出そうな雰囲気です。

2006年製作のドイツ・フランス・スペイン合作映画、『香水 ある人殺しの物語』のミニチュア展示。

18世紀のパリを舞台にした「香水」がテーマのホラー映画で、一緒に行ったフランス人の話によるとかなりグロテスクなストーリのようです。

写真を撮ったのですが、苦手な人もいると思うので載せるのは控えます。

地下から階段を上ると、同じ映画の撮影セットが部屋丸ごとそのままにあります。

 

続いて1階の別の展示室へ

ミニチュア博物館3.JPG

数々の有名映画の撮影小道具や模型、作成図など展示されています。

ミニチュア博物館4.JPG

部屋の一角にはテレビがあり、地下にあった映画の撮影風景のビデオが流れていました。

実際の通りを丸ごと変えて使った映画だったのだと分かり感心しました。

マットを敷いてフェイクの黒いレンガ畳の道を作ったり(地下階段出口に敷いてあります)、建物の壁に大きなシートを貼って全く違う暗い雰囲気の通りに仕上げたりなど。

 

映画衣装

ミニチュア博物館5.JPG

SFや歴史、ホラー映画などが好きな人は「あの映画の衣装だ!」と興奮する衣装コーナー。

青いPOLICEの衣装のマネキンの後ろには、タイトル忘れましたが弟の大好きな映画衣装が。

 

ミニチュアコレクション

ミニチュア博物館6.JPG

ロナン=ジム・セヴェレック Ronan-Jim Sevellec

フランスのブルターニュ地方出身のアーティスト、ロナン=ジムが造った暗くさみしいシュールな作品。

油と埃まみれの汚れたキッチン、流しには山積みの洗い物など、実際の生活にありそうなリアルな世界。

ミニチュア博物館7.jpg

この部屋にはミニチュア作品のブースがずらっと並び、いろんな作家の作品が一挙に見れる。

床に落ちてる雑誌の表紙とか、調理台の道具とか生活感あふれる部屋は、どれも一つ一つじっくり見たい細かい作品ばかり。

じっくり見たい人は見学時間を2時間くらい目安にされた方がいいです。

 

グロテスクなものが苦手人は要注意の部屋とマーク

ミニチュア博物館8.jpg

子どもNGな理由はホラー映画やスリラー、犯罪映画に使われる超リアルな模型が置かれているから。

私もこの手は苦手なのですが、地下1階のこのマークがあった部屋は遠目でぎりぎり我慢できる範囲の作品だったのでとりあえず入ってみました。

が、油断大敵。本当にグロテスクです。すぐさま部屋を出ました。これらの映画が苦手な方は本当に見学は控えた方がいいです。

 

怪人マスク、撮影小道具の部屋

ミニチュア博物館9.jpg

「マトリックス」の撮影道具、「ラストサムライ」の刀、「チョコレート工場のひみつ」で登場するウォンカのチョコレートなど。

展示室内中央にはいろんな映画の刀が展示されてます。

部屋の奥には、SF映画のリアルな顔マスクがずらっと。

この時、小学生の課外授業らしき引率の先生が子供たちを連れてやってきた。

子どもたちも感激しながら写真撮っていて、特にハリーポッターの杖にはしばらく人だかりができていました。

ミニチュア博物館10.jpg

ハリーポッターの杖

映画撮影でポッターくんが実際に手にして使っていた魔法の杖。

映画ではただの棒に見えましたが、近くで見ると柄の方にデザインあるし素材とかしっかりしてて重量感ありそう。

私もなんだか感動して写真を撮りまくりました。

 

ちょっと暗い写真が続いたので、

ミニチュア博物館11.JPG

中庭のライオンに子供たちがよじ上り、お母さんが「下りなさい」と言ってる写真をどうぞ。

 

目が癒されたところで続いては、

ミニチュア博物館12.jpg

未来都市やSFミニチュアの宇宙船や航空機の展示。

ミニチュア博物館17.JPG

 

SF映画ファン大興奮の展示室

ミニチュア博物館13.jpg

セット、偽動物のロボットと怪獣など本格的な撮影オブジェがそろう部屋。

ファンタジー映画のミニチュアなどもあって女子にも楽しめるコーナーです。

リアルなうるんだ眼にふさふさの毛、機械が組み込まれてて動くらしいが、一体どこの場面に出てきたんだっけこの宇宙人?

宇宙人のロボット「メインブラック2」、「スチュアートリトル」のねずみ、「ベイブ」の豚くんロボット、「グレムリン」、最近やってきたらしい特別展示のエイリアン。

 

世界のあらゆる小さいもの作品展示室

ミニチュア博物館14.jpg

可愛いミニチュアドールハウスから、超極小日本のつるの折り紙、56センチ四方のミニ切り絵、つまようじの先に作った人形作品など。

 

最後に実物縮小ミニチュアハウス

ミニチュア博物館15.jpg

ここにはリヨンの観光地オペラ(右上)など、実際にある建物を図って正確に縮小された模型が展示されてます。

 

もっとじっくり見てみたい方は公式サイトでいくつか作品写真が見れます。

ミニチュア博物館16.jpg

【ミニチュア映画博物館/Musée Miniature et Cinémaリヨン第5

 

■住所

60 Rue Saint-Jean, 69005 Lyon

■交通

 メトロD線「ヴュー・リヨン駅/Vieux Lyon」から徒歩4分。

■営業時間

10h00 - 18h30(月-金)

10h00 à 19h00 (土・日)

※祝日・ヴァカンスの期間は毎日10h00 - 19h00

※閉館1時間前まで入館可能。

■休館日

定休日なし

その他休業日(1/112/25

■入場料

9ユーロ

Lyon City Card有効(無料になります)

■見学目安時間 1時間30分~2時間

URL:(仏語)

 http://www.museeminiatureetcinema.fr/accueil.html

 ※2014/4/30情報。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年4月30日
« 前の記事「美しい邸宅室内にうっとり、映画発明者 「リュミエール博物館」」へ
»次の記事「モンテリマール特産「ヌガー」、工房見学で出来たてを試食する」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集