海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【テットドール公園】 5月の彩色豊かなバラ園さんぽ

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年5月17日

【テットドール公園】 5月の彩色豊かなバラ園さんぽ


メール プリント もっと見る

【テットドール公園】 5月の彩色豊かなバラ園さんぽ

 テットドール公園No.2 (9).jpg

5月はテット・ドール公園のばら園が見頃。

青空の下、園内のあちこち色とりどりの花でいっぱいでした。

今日はリヨンの公園の景色をお届けします。

 

テットドール公園No.2 (1).jpg

通りがかり、白い花が咲いたメインゲート前の道に誘われてふらっと散歩してみることにしました。

お昼の1430分、人はいっぱいいるかな?

テットドール公園No.2 (3).jpg

青い空に緑の芝生、5月は雨の予報が多いけどざっと降ったら晴れ間がのぞき、また夕方17時にざっと降って晴れるといった天気です。

メインゲートの馬人間の銅像の下は、1年の間に花が数回植え替えられていつもきれいです。

今日はまだ何もない。次来る時には花が植えられてるかな。

テットドール公園No.2 (5).jpg

自然がいっぱいなのがテットドール公園の良い所。

足をとめると、風に揺れてさらさらと気持ちの良い葉の音が耳に聞こえます。

木陰で目を閉じて休めば、こころにも風がとおって行くようで気もちがすっとします。

 

 

さて、フランス最大の広さのテット・ドール公園には3ヶ所バラ園があります。

今日はその1つ、公園中央に位置するロゼレ・ド・コンクールRoseraie de concours)をご紹介します。

テットドール公園No.2 (11).jpg

公園内2番目に大きいバラ園で、石造りの家や白いテラスがあってとても雰囲気がいいです。

ここの薔薇は「毎年新しい品種を植えて作る」のが特徴です。

テットドール公園No.2 (6).jpg

遠目ではわかりませんが、実は私が来た514日には一足遅く、見頃もおわりに差し掛かってたときでした。

もっと早めに来てたらな~とおしい気持ち。

テットドール公園No.2 (7).jpg

まだ色鮮やかに咲いていた、ピンクと濃いきいろのグラデーションがきれいなバラの花を発見!

可愛いらしさと上品さ、どちらもあっていちばん気に入りました。

テットドール公園No.2 (10).jpg

薔薇の苗は、緑の芝生に点々と穴があって植えられてます。

奥の芝生にはピクニックしてる人たちが見えますね。

テットドール公園No.2 (12).jpg

ここは木陰から離れていて、太陽がよくあたるので帽子やサングラスがあると眩しさも和らいでじっくり鑑賞したい方に重宝します。

テットドール公園No.2 (13).jpg

薔薇園の隣は動物園、このまま歩いて行くとでキリンに会えます。

テットドール公園No.2 (15).jpg

「ゾー/ZOO(動物園)」は無料です。

近くに売店があるので、道行く人はアイスやわたあめ食べながら見物しています。

ちなみに英語で「ズー」と発音する動物園(ZOO)は、フランス語では「ゾー」と発音します。音遊びみたいでおもしろいですね。

 

 

動物園散歩道から右にそれると、少年少女たちがカーレースしてるのが見えます。

ここはメリーゴーランドのあるミニ遊園地 ギニョル広場Place de Guignol)です。

テットドール公園No.2 (16).jpg

Les quads à pédales

四輪車でカーレース「足漕ぎペダルカー」

テットドール公園No.2 (17).jpg

「足漕ぎペダルカー」1 : 2€ (対象年齢37歳まで。)

営業:(水・土・日・祝)※学校が休みのヴァカンス期間中は毎日営業。.

 

カーレースの奥に見える小屋、ぶら下がってるものが何だか気になる...。

近づいてみると、

 

La pêche aux canards

あひるが可愛い「あひる釣り」

テットドール公園No.2 (18).jpg

あひる4- 2.50€、あひる9 - 3.50€、あひる15-6

...ん?値段表記がおかしい。お金がもらえるのかな?

テットドール公園No.2 (19).jpg

いえいえ違います。

「あひる釣り」はフランスの遊園地でよくみる子供たちに人気のゲーム。

流しそうめん式にぐるぐる回って流れる水槽に、色とりどりのアヒルが浮いてるのを釣竿で釣りあげます。

釣れた数を競うのではなく、釣り上げる数のあひる料金をさきに支払って、その数まで釣りを楽しみます。

全部釣ったあとは値段別に分かれた景品と交換してもらえる、というシステムのようです。

 

 

広場ちょっと足を延ばすと ボタニックガーデンLe jardin botanique)があります。

テットドール公園No.2 (20).jpg 

園内3番目の小さなの薔薇園が中にあります。

ボタニックガーデンの薔薇園は「野生種と歴史的なバラのコレクション」がテーマです。

テットドール公園No.2 (21).jpg

5月の今日は、花壇はパンジーの花でいっぱいでした。

テットドール公園No.2 (22).jpg

散歩のおわりに通った、熱帯植物園の温室がある「公園高校門」という名のゲート、

ポフト・デュ・リセ・デュ・パーク(Porte du Lycee du Parc)の花壇も紫や桃色できれいでした。

テットドール公園No.2 (24).jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2014年5月17日
« 前の記事「モンテリマール特産「ヌガー」、工房見学で出来たてを試食する」へ
»次の記事「【5月のイベント】 ファッション好きよ集まれ!「ヴィンテージ・モード市」」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集