海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > ソーヌ川に浮かぶ小島 「イル・バーブ île Ba...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年6月 6日

ソーヌ川に浮かぶ小島 「イル・バーブ île Barbe」


メール プリント もっと見る

ソーヌ川に浮かぶ小島 「イル・バーブ île Barbe」

貸出自転車vélo'vでソーヌ川サイクリング -行き‐ 」からの続きです。

イルバーブ (1).JPG

自転車に乗ってリヨンの9バーブ島へとやってきました。

こちらは島への入り口「イル・バーブ橋」。

îleイル="島"なのでバーブ島です。

 

ではバーブは?

バーブBarbeはフランス語で "あごひげ"の意味なのでずっと「あごひげ島」かぁ~と思っていたのですが、

本当の名前の由来はラテン語からくるinsula barbara野生の島という意味だそうです。

BarbaraバーバラBarbeバーブに省略されて「バーブ島」。

イルバーブ (3).JPG

橋の周辺は中心地から離れたとこなので、車が通る以外静かな場所。

反対側の通りにみえる白い市役所。

イルバーブ (2).JPG

橋の上は、黄色い道が歩道、真ん中が車と自転車です。

橋の上はときどきランニングをする人が通るくらいで人はまばら。車は結構頻繁にわきを通ります。

イルバーブ (4).JPG

ふいと横を向けば、川が緑色、光も反射してキラキラしています。

今日は5月、17時過ぎとは思えぬ昼時の景色です。

この右側をずーっと自転車で走ってきたのかと思うと頑張った感があります。

イルバーブ (5).JPG

橋のひだり側の下は公園。

橋中央の門の両サイドに、島へ降りる道があります。

イルバーブ (6).JPG

島にある1つ星のレストラン「オーベルジュ・ド・リル」の看板

去年まではミシュラン2つ星。レストラン巡りをされてる方はランチやディナーでここを訪れているので、もしかしたらバーブ島より知られているレストランかもしれません。

ちなみに今回サイクリングしてきた通りをさらに北上すると、バーブ島から徒歩30分、車なら3分くらいでリヨンの有名なレストラン「ポールボキューズ」に着きます。

リヨンと言えば「ポールボキューズ」というくらい有名なので、日本人観光客にはボキューズのレストランの方がよく知られています。

 

さて話は戻りまして、

橋の中央門の右側にあるスロープを下ります。

イルバーブ (7).JPG

スロープを下りると来る時に見えた、島の先端に着きます。

手すりの向こうには、質素な田舎風の島の雰囲気とは対照的な3本のポールが立っている。

イルバーブ (8).jpg

カラフルなビーズ玉で作られたカワイイポール。昔こんな感じの作ったな~。(こんなに大きくないけど)

イルバーブ (9).JPG

Uの字スロープを下りきったところ。

このまままっすぐいけば橋の下の公園とレストラン「オーベルジュ・ド・リル」ですが、まずは島の先端へ。

イルバーブ (10).JPG

砂利坂道を下りて、岩がゴロゴロする島の先端部。

雨が心配された空からは太陽の日差しが川へと降り注ぎ、キラキラした反射が美しくて眩しい。

ひだり側には、さっきと同じビーズのメルヘンチックな見晴らし台みえる。後で行ってみます。

おやつにマーブルチョコレートに似たm&m'sを食べて、水筒のお水を飲み、しばらくぼ~っと日向ぼっこ。

このゆったり流れる時間がフランスに来たな~と思う瞬間です。

太陽の光を集める黒いカーディガンを着ていたため肌にじりじり感じる、日焼け止めを塗ってきてよかった。

イルバーブ (11).JPG

久しぶりの自転車でがくがくになったおばあちゃん足を休めたあとは、公園の散策と教会の見学です。

緑いっぱいの公園の木の下、家族がテーブルにクロスを敷いてピクニックしてる。

木の合間から木漏れ日が差してなんだか楽園みたい。

原っぱの真ん中には遊具があり、子供たちのはしゃぐ声が聞こえます。

イル・バーブ.JPG

公園にあった地図。島の形はなんだか小学校の理科の授業で見たゾウリムシみたい。

①が今いるところです。10分で一回りできる小さな島。

じゃあさっそく教会とレストランを見に行こうかな。

そう思って進んだ④の公園奥の入り口

イルバーブ (12).JPG

しかしここで問題発生。

 

門が閉まってる~!

イルバーブ (13).JPG

開園時間 月曜日:6時-18時、水曜日-土曜日:6時-20時、日曜日:6時-13時...

ガーン。今は日曜の17時30分。閉鎖時間なんてあったのかー。

がっくり肩を落とし、とりあえずビーズの見晴らし台を見て帰ることにしました。

 

散歩道から島を眺める

イルバーブ (15).jpg

橋の下の散歩道が綺麗だったので、ここを少し歩いて遠くから島を眺めてみました。

見晴らし台は赤星マークのある場所です。

イルバーブ (17).jpg

歩道のわきには白と紫のシロツメクサが咲いている。

川沿いは風が強くて、ベンチに座ってしばらく島を見てたらちょっと肌寒かった。

でもとてもきれいに整備されてて気持ちのいい場所でした。

 

ビーズ見晴らし台へ

イルバーブ (18).JPG

近くで見ればより可愛さが増して心が惹かれるメルヘンな展望台。

こんな場所で指輪もって愛の告白されたら嬉しいな。周りにいるフランス人はきっと拍手喝采で笛を吹いてくれるに違いない。

見晴らし台すぐ向かいの堤防にはバス停île Barbeがありました。40番のバスでベルクール広場から行き来しています。

イルバーブ (19).JPG

堤防を下りるとクルーザーが停まっていて、ワインを片手におじさん二人が乾杯してのんびり話していた。リッチだなぁ。

この道の先ではカップルが型を組んでロマンチックな時間を過ごしてます。

イルバーブ (20).jpg

見晴らし台までの道は両手を少し広げた幅くらいで、かるい高所恐怖症の私は手すりの合間から見えるソーヌ川に足がすくみます。

上をみあげれば青空にカラフルなビーズ玉。

イルバーブ (21).jpg

 

ソーヌ川サイクリング ~ほのぼの子どものお絵かき公園~ 」につづく...

 

リヨン9

île Barbe/バーブ島】

小島 

イルバーブ (16).JPG

■住所 Île Barbe, 69009 Lyon

■時間

6時-18時(月)

6時-20時(水-土)

6時-13時(日)

■観光目安時間

1時間30

※ビーズの見晴らし台やその他周辺散歩を含む。

■アクセス

・バス

40番「ile Barbeイルバーブ」下車すぐ(右岸:ビーズ見晴らし台側)

3143番 「St Rambert - ile Barbeサン・ランベルト」下車すぐ(左岸)

・自転車

----*---------*---------*----

Auberge de L'ile/オーベルジュ・ド・リル】

バーブ島のレストラン

イルバーブ (14).JPG

住所 Pl Notre-Dame Ile Barbe 69009 Lyon

電話 +33 (0) 478 83 99 49

■メール:reservation@aubergedelile.com

URLhttp://www.aubergedelile.com/

Facebookhttps://www.facebook.com/AubergeDeLileBarbe

コース予算

ランチ 3575

ディナー 75

・アラカルト35€~115

■営業

ランチ 12h00-14h30(日曜15時まで)

ディナー 19h00-23h00

■休み

ランチ 月曜休み

ディナー 月曜日・日曜日休み

※詳細はミシュランサイトより。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年6月 6日
« 前の記事「貸出自転車vélo'vでソーヌ川サイクリング ‐行き‐」へ
»次の記事「【6月の天気】 夏へとまっしぐら」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/22更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集