海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【日帰り/イゼール県】コウモリと先史時代の「バルム...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月15日

【日帰り/イゼール県】コウモリと先史時代の「バルムの洞窟」


メール プリント もっと見る

【日帰り/イゼール県】コウモリと先史時代の「バルムの洞窟」

バルムの洞窟.JPG

9月の日曜日、リヨンから車で40分の バルムの洞窟(Les Grottes de La Balme)に行ってきました。

コウモリの巣を見たり、鍾乳洞を探検できるそうです。



行きのロータリーで「星の王子さま」発見!

バルムの洞窟_田舎風景.jpg


見通しのいい畑だらけの田舎風景を走行。


途中、シャルヴュー=シャヴァニュー(Charvieu Chavagneux)という村のロータリーで、星の王子さまを発見!

車を停めてもらって、写真を撮りました。

バルムの洞窟_シャルヴュー=シャヴァニュー.JPG バルムの洞窟_星の王子さま.JPG


フランスの道路によくみかけるこの円型交差点 Rond-point(ロンポワン)は、花で飾られたり、その町を象徴するようなものが置いてあって、フランスでドライブする楽しみの一つです。それにしてもこの村はなぜ星の王子さまなんだろう?



リヨンから車で40分で到着

バルムの洞窟_駐車場.jpg

バルムの洞窟に到着。無料の専用駐車場に車を停めて、歩いて3分ほどで洞窟の入口です。

コウモリの案内看板があちこちあるので、地図がなくても迷わず行けます。


バルムの洞窟_入口.JPG


入口にあったコウモリの写真パネルで記念に撮影。その奥の家はトイレです。


バルムの洞窟_チャペル.jpg


洞窟の入口は、めり込むように壁と一部一体化したチャペルがあります。9世紀から14世紀のチャペルで、中には入れませんが、階段を登って柵の外から中が覗けます。



チケットはひとり8ユーロ

バルムの洞窟_受付.JPG


洞窟入ってすぐにあるチケット窓口

週末や祝日は11時からですが、平日は14時からなのでご注意ください。洞窟の中はベビーカー無理なので、15kgまでの子供におんぶ紐の無料貸し出ししてるそうです。


バルムの洞窟_チケット.JPG


チケットはひとり8€、学生は6.50€。夏のハイシーズンは大人10€になります。

定期的に洞窟の中でイベントを開いていて、facebookホームページ でお知らせが見れます。



バルムの洞窟マップ

バルムの洞窟_マップ.png

バルムの洞窟_先住民族.JPG


先史時代、この洞窟で暮らしていたそうです。


バルムの洞窟_洞窟の中.JPG


洞窟の中は、足元と天井に演出ライトがついていて、懐中電灯なしでも歩きやすかったです。(リアルな洞窟探検を想像していた)

気温は年中12~15℃で、冬も夏も楽しめます。寒くはないですが、念のため薄いカーディガン持ってきました。9月のはじめなので、ほかの見学者たちの服装は半袖ショートパンツでした。足元は湿ってる場所があるので、サンダルより靴の方がいいと思います。


バルムの洞窟_鍾乳洞.JPG バルムの洞窟_鍾乳洞 (1).JPG


◆石灰華段(せっかいかだん)

地下水に溶存する炭酸カルシウムが沈殿して形成される輪縁石ダムが、何段にもうろこ状に並んだ地形。


バルムの洞窟_地下湖.JPG


◆地底湖

この記事の最初にある写真を撮影した場所です。バルムの洞窟の広告によく使われてるので撮ってみたのですが、洞窟の中は薄暗いのでブレブレ。撮影はスマホだと厳しいので、カメラ持って行った方がいいです。

何年も前から水源を探しているのだけど、なかなか見つからないのだとか。水源を探すダイバーは、ここから地底湖のなかを奥へ奥へと進むのだそうですが、周りは岩だらけ、入ったら帰れなくなりそうで想像するとぞっとしますね。

バルムの洞窟_マップ.JPG

深さは130メートル、長さ3.5km。展示してあった地底湖地図がこちら↑


バルムの洞窟_洞窟 (1).JPG バルムの洞窟_洞窟 (2).JPG


デジカメでフラッシュなしで頑張って撮って見ました。(洞窟の中はフラッシュと三脚禁止です。)


バルムの洞窟_1409141535.JPG


◆大きい噴水(泉?)


バルムの洞窟_隙間.JPG


◆迷路

こんな細い道を迷路のように通って歩く。「太っている人はご注意ください」の看板が立ってました。実際、お腹の大きい人ならつっかえちゃいそうな場所がいくつかあります。


バルムの洞窟_コウモリ.JPG


◆コウモリの煙突

天井にコウモリがたくさんバサバサ飛んでいるのかと思ってどきどきしてましたが、結局それっぽいのは目にしませんでした。500匹近くいるらしいです。日中は寝てるのかな?


バルムの洞窟_壁画.JPG


◆洞窟の出口付近にあった壁画

昔お金を持っていない一人の男がこの洞窟を訪ねて、ここに住まわせてもらうのと交換条件に6時間かけてこの絵を仕上げたそうです。

全部一通り見終わって、見学時間は1時間45分。写真撮りながらのんびり見てたので、サクサク歩いたら1時間ちょっとで見れると思います。


≪ バルミー君 ≫バルミー君.jpg

出典: http://www.luckysophie.com/article-chasse-aux-oeufs-de-paques-aux-grottes-de-la-balme-123400236.html

バルムの洞窟のマスコットキャラクター。ネット情報によると2016年5月からお土産ショップがオープンして、お土産にBalmy(バルミー)君グッズなど販売してるそうです。



ちょっとだけ街中散歩

バルムの洞窟_街歩き.JPG


洞窟通り Rue des Grottes(リュ・デ・グロット)

せっかく来たので小さな街中を歩いてみました。徒歩圏内だと洞窟以外は見所はないようです。


バルムの洞窟_レストラン.JPG

Au Mandrin

36 Route de Lagnieu, 38390 La Balme-les-Grottes

駐車場へ戻る途中に「スペシャリテ・グロヌイユ」の文字。カエル料理が食べられるレストランがありました。

周囲にはほかにもう一軒レストランがありますが、お店は少ないので、お昼はピクニックにサンドイッチを準備するか、どこかで食べてから来た方がよさそうです。


バルムの洞窟_バス乗り場.JPG

バス停

役場前の駐車場に洞窟までの行く途中に、バス停がありました。

リヨンからバスで来れないか検索してみたのですが、本数が少ないのでうまく乗り継いでくるのは難しそうです。バルムの洞窟のサイトでは、車の相乗りサービス「ブラブラカー 」でのアクセスを紹介してました。



≪見学した感想≫

旅行で行くにはアクセスが難しいのと、そんなに大きくないので、リヨン在住の方の週末のお出かけスポットとしておすすすめです。

イゼール県には洞窟がいっぱいあるのだそうです。次はぜひショランシュ鍾乳洞 (Grotte de Choranche )に行ってみたいなと思っています。鍾乳洞の中、それから周辺景色も絶景なのだとか。



【 バルムの洞窟 】

Les Grottes de La Balme

所在地 Rue des Grottes, 38390 La Balme-les-Grottes

入場料 大人 8€(学生 6.50€)

6月29日~8月30日までのハイシーズンは大人10€、学生6.50€

営業時間 14h-18h(土日・祝日は11時から)※入場受付は16:45まで。

定休日 12/24、12/25、1/1

www.grotteslabalme.com/fr/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2014年9月15日
« 前の記事「今年リニューアルオープンした「ローヌプール」と入場料8€をめぐるこの夏の戦い」へ
»次の記事「【日帰り/イゼール県】9月はクレミューの中世祭り」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集