海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 水上バス「Le Vaporetto」に乗ってみた ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年9月 7日

水上バス「Le Vaporetto」に乗ってみた ~コンフリュアンス行~


メール プリント もっと見る

水上バス「Le Vaporetto」に乗ってみた ~コンフリュアンス行~

ル・ヴァポレット (3).jpg

9月上旬の土曜日、ソーヌ川を走る水上バス「ル・ヴァポレット」に乗ってコンフリュアンスへ行ってきました。

乗り場は3つ、

サンポール駅とオテルドヴィルの間から出発し、ベルクールを通って、コンフリュアンスに着きます。

サンポールからベルクールに行くまでの間に、別の「Lyon City Boat 」のクルーズ乗り場があるのでお間違えのないようご注意ください。

場所は観光案内所でもらえる無料の地図にマークしてあるのでそちらで確認できます。

※詳しくは水上バス「Le Vaporetto

 

値段は同じなので乗車時間を長く楽しもうとサンポール駅/オテルドヴィルの乗り場にしました。

1530 乗り場に到着。

ル・ヴァポレット (7).jpg

ル・ヴァポレット (5).jpg

1時間1本なので次に来るのは16時。

今日は日差しが強く、乗り場は日陰や屋根がないのでここで30分待ったら干物になりそうです。上の方で古本市をやっていたのでのぞいてみました。

ル・ヴァポレット (4).JPG

右上に見えるテントがそれです。

乗り場の待合所には座るところがあります。早めに来たらここに座って休めます。

階段を上るとテントの下にずらっと古書が並んでます。1.50ユーロからあり、レコードもあつかっています。

ヴァポレット  (27).jpg

ソーヌ川のペシェリエ河岸通りの古本市

(Marché aux Bouquinistes du Quai de la Pêcherie)

住所 : Quai de la Pêcherie 69001 Lyon 1er

営業:毎週土・日10h-18h

 

ル・ヴァポレット (8).JPG

道路の反対側の建物にはだまし絵が見えます。

だまし絵.JPG

だまし絵『都市の図書館』

La bibliothèque de la cité

 

横断歩道を渡り、テロー広場まで続くコンスタンティーヌ通りを散歩しました。

ル・ヴァポレット (9).jpg

Rue Conataintine/コンスタンティーヌ通り

ショッピングゾーンなのでお店がいっぱいありますよ。

 

1545 5分前乗船なのでそろそろ乗り場に戻ります。

テロー広場周辺は上に電線がたくさん張り巡らされていて電気バスが特に多く走る場所です。ソーヌ川に徒歩で戻るまでに5本もバスが通りました。

それにしても「電線に付いてる黄色い顔マークはなんなんだろう...。

ヴァポレット  (9).jpg

1台のバスが脇を通って、少し先で突然止まりました。

よく見ると電線にくっついてたケーブルが外れてます。

ヴァポレット  (21).JPG

アラブのカラフルなお菓子に目を奪われてる間にいなくなってました。たぶんそのまま走って行ったのかな。

 

1550 ソーヌ川に戻ってきました。

階段を下りる途中、橋の下から巨大な船がずずーっ!と出てきました。

すご~い、そして長っ!

ル・ヴァポレット (10).jpg 

そういえばクルーズ観光が年配の旅行者に今人気って最近フランスのニュースでやってました。

リヨンから出発してローヌ河を下り、アヴィヨンやアルルのある南仏まで行くそうです。

日本の旅行会社からこのツアーに参加できます。

【アマデウス・シンフォニー】ソーヌ河・ローヌ河南仏クルーズ 10日間 JTB

南仏リヨンへ! ローヌ川・ソーヌ川クルーズ 10日間 (ユーラシア旅行会社)

トリップアドバイザー

ヨーロッパクルーズなんて憧れます。

今は元気に歩きまわって観光して、将来おばあちゃんになったら夫婦でゆったりこの船で旅行したいなぁ。

ル・ヴァポレット (12).jpg

 

話は戻りまして、コンフリュアンスの乗り場には人が集まっています。

人数多いけど最大70人までとサイトに書いてあったのでこのくらいならみんな乗れそう。

IMG_20140906_155551-1.jpg

それにしても暑い!いや "熱い"!太陽光線が。

8月中旬から涼しくなり9月を前にずっと22℃くらいだったですが、今日は28℃。

もう夏の暑さはなく過ごしやすいのですが、太陽の下にいると焦げ付きそうです。

4日間はこの調子で、最後の夏の名残といった感じです。

日焼け止めを塗ったけど日焼けしそう。サングラス持ってくればよかったな。

 

ヴァポレット  (23).JPG

1558 そうこう言っているうちにベルクールの方向からヴァポレットのおしゃれな船が見えてきました。

16時発で5分前搭乗だけど...出来そうもないですね()

ヴァポレット  (24).JPG

1559 到着

いつも橋の上から見てましたが、いざ目の前にするとやっぱりわくわくします!

ヴァポレット  (25).JPG

制服を着た女性スタッフが出てきて、まず乗客を降ろします。

次に並んでる順に乗って行きます。

フランス人はまっすぐ並ばないので初めに乗りたかったら待っている間、極力先頭位置をキープしてください。

乗船寸前になんとなく着た順に並びますが、何事もなく自然に割り込んでくる人もいます。

早い者勝ちが暗黙のルールです。

 

ボンジュールと挨拶して乗り、目の合った運転手さんはやさしいスマイルでした。 

ヴァポレット  (36).jpg 

1603 出発

まだスペースがありますが、女性のスタッフがストップをかけ、全員は乗れていません。

次のベルクールの乗車客を乗せるために各乗り場に制限人数があるようです。

サンポールは70人、ベルクールは+20人=90

残された人は1時間待ち...。前の方に並んでて良かった~☆

 

支払

運賃は直接支払いですが、乗る時でなく"乗って出発してから"スタッフが一人ずつ声をかけてまわります。

12ユーロ

2年前の最初は1.50ユーロでしたが最近あがりました。このまま変わらないでほしいなぁ。

クレジットカードの機械を持って歩いているのでカード支払いもできますが、6ユーロからです。(3名分から可能という事)

切符は小さなメモ帳みたいな束から切り取って、会計済みの印に先を少し千切って渡してくれます。

ヴァポレット  (38).jpg

パンフレットの切符はカラーだけど、もらう切符は白黒。

思い出にとっておくには物足りないけど、よく乗る人には使い捨てだからこれでいいのか。

1€のコインと20セントの組み合わせを渡したら、「数える時間がないわ()」といってそのままポケットに入れてました。

船の中には運転手と女性スタッフのふたりだけ。確かにこれだけお客さんがいて、次のベルクールまで5分で支払いを終わらせるのは大変そうです。お姉さんがんばって~。

 

船内

今日は暑いのでメタルの扇風機が置いてありました。

ヴァポレット  (39).jpg

外観も船内もシックな感じでとってもおしゃれ。

窓際は早いとこうまってしまい、私たちは乗り口からすぐ中央の席に座りました。

後方も魅力的だったけど座って窓の外に見える景色を眺めたかったので。

運転手さんの部屋の前にはテレビモニターが付いていて、前方の様子が映し出されています。

ヴァポレット  (40).jpg

出発して船は川のやや右側を走行、左側は川と遊歩道が、右側は歴史地区の建物が見えます。

個人的に右側の景色の方が好きでした。今度また乗る時は右側の席に座ることにしよう。

子どもたちは窓の下の水の様子を見ています。中央席からは見えないのが残念。

ヴァポレット  (42).jpg

1610 ベルクール到着

ベルクールもお客さんが待ってます。全員乗れるかな?

ヴァポレット  (49).jpg

もう席はうまってるのでみんな立ち乗り。

 

ヴァポレット  (46).jpg

こちらはベルクールのある左側の景色、ソーヌ川の散歩道は最近整備されてきれいになりました。

日本人のデザイナーが作った橋があるのでぜひ散歩してみて下さい。

ここには鳥の巣みたいなデザインの場所が見える。気になったので今度行って見てきます。

ベルクールを出発してコンフリュアンスまでは思ったより長くて、ゆったりクルージング気分が楽しめました。

ヴァポレット  (47).jpg

1623 左に曲がってコンフリュアンスの港に入るところでソーヌ河全体の景色が見えます。

ヴァポレット  (48).jpg

港に入るとボートいっぱい停まってます。個人のものかな?

すれ違うボートの中に、テラスでのんびりワイン飲んでる家族がいました。

ヴァポレット  (50).jpg

16:30 コンフリュアンスに到着

サンポール行きを待っていたお客さんがいっぱいいました。

次回は静かな平日に乗ろうかな。 

ル・ヴァポレット.jpg

去年の冬から建設中のHIKARI(光)ビル前に停まります。 

 

関連記事

水上バス「Le Vaporetto」 ~片道2ユーロでコンフリュアンスへ~

都市開発地区の新ショッピングモール 「コンフリュアンス Confluence」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2014年9月 7日
« 前の記事「コンフリュアンス片道2ユーロの水上バス 「Le Vaporetto」」へ
»次の記事「安くて美味しいファストフード「ケバブKEBAB」!」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き

    フランス ツアー最安値


    2017/8/21更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集