海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨン初のネコカフェ「Le Chamourai/ル...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年10月 4日

リヨン初のネコカフェ「Le Chamourai/ル・シャムライ」


メール プリント もっと見る

リヨン初のネコカフェ「Le Chamourai/ル・シャムライ」

リヨンネコカフェ (2).JPG

9月にオープンしたリヨン初のネコカフェに行ってきました。

場所は4区クロワルース。

テロー広場近くの、Hôtel de Villeオテルドヴィル駅からメトロC線「Cuireキュイル」行きに乗ります。

2駅目のCroix-Rousseクロワルース駅または次のHénonエノン駅で降ります。

どちらの駅から行っても徒歩8分で同じ距離、一本道を行くだけで簡単そうだったのでエノン駅で下車しました。

改札口から出ると、大きな十字路があります。ここからお店は見えないので、方向音痴な私はどっちに歩いていいのやらわからずナビを使いました。

ネコカフェマップ.png

十字路の一方の角に、緑の十字架マークが目印の薬局があります。薬局角っこにはメトロ駅方向と、ネコカフェまで行くRue Henonの看板がそれぞれ張ってあります。歩くのはRue Henon側の通りです。

歩く方向は薬局から見て、左に黄色い郵便ポスト、道路を挟んで反対側に四角く赤い自転車看板がある道です。

 

建物だけのお店の少ない道を歩くので8分は思ったより長く感じました。

しばらくして教会の前を通ると丸い緑の看板が見え、お店の前に人だかりができている! 

リヨンネコカフェ (1).JPG

入り口前、こちらが先頭。歩いてきたのは教会の方向からです。

ニュースでも見たけど人気なんだな~。

5+3+2+1名そして私と友人の2人が並び、私たちの後ろにまた2人、3人が更に並びました。

リヨンネコカフェ (3).JPG入口前の看板に書いてあるイラストのねこの絵も漫画っぽい。

にいた1人客のフランス人男性とはメトロの中で見かけた人で、待ち時間に話しました。彼は今回で2度目の来店出そうで、明日から大阪へ行き3週間日本をぐるっと観光するそうです。
ぜひ日本のネコカフェも見てきていただきたいですね。

夕方は混んでいるので、来店は空いてる午前中が良いよ。と教えてくれました。

窓から見える店内は満席で、上のロフトは見えないけれど、入れないという事はたぶんうまっているのでしょう。中にいるお客さんは年配のマダムやムッシュから子どもまでと年齢さまざま。

実は私ネコカフェに行くのは今日が初めてで、チャージや制限時間があるのか気になって聞いてみると、普通の喫茶料金だけだそうです。制限時間なさそう。日本はどうなんでしょうね。

リヨンネコカフェ (5).JPG「たたかないでください」と店内からホワイトペンで窓に書かれたメッセージの横には、すやすやと眠る黒猫が一匹。
名前は"かおる"。
(たぶん。黒猫2匹いるのです。)
彼以外にも時々ヒョウ柄や灰色のねこが見えます。

待ち時間は思ってたより長くて、最初にいた5人は途中で帰って行きました。

入れたのは到着してから20分後

窓から眺められたけど、ただ立ってるのも結構疲れました。今はもう18時、お店の閉店は19時です。

オーナーのギョームさんがドアを開け「後の方と相席にしてもいいですか?」と聞かれて、皆長い事待っていて早く座りたいのは同じ気持ち、席も広いし大きく使うよりはその方が落ち着くので相席にしました。

リヨンネコカフェ (27).JPG

入口を入ると日本の玄関のような小さな部屋。

ここを通って次の引き戸を入ります。

すぐ左手に病院にありそうな消毒薬が出てくる四角い箱があり、入店したらまずこれで手を消毒するように言われます。

ぴゅ~っと押して出して手に塗って、さっそくにゃんこ探し。

リヨンネコカフェ (6).JPG

お店の改装工事は自分たちでほとんど行ったそうです。シャムライのFacebookページに写真が載っています。

棚にもネコの寝床がてんてんと設置してあります。

リヨンネコカフェ (7).JPG

着席しているお客さんはみんなフランス人。

初めてのネコカフェ体験が日本でなくフランスとはユニークな体験をしました。

 

入って目の前がレジカウンター。

お店のオーナーのリディエさんとギョームさん、それからもう一人女性の方が洗い物や紅茶の準備をしていました。

カウンターの後ろには、日本の茶筒に入ったお茶が3色に分けて並んでいて、筒の裏に名前が書いてあるようです。

 

棚にたくさん張ってある写真は、メイドカフェっぽくチェキで撮影した小さな写真。

お店のお客さんとの写真や、日本での旅行写真、日本人の方の写真もありました。

(メイドカフェに行くと、チェキというポラロイドカメラでメイドの女の子と記念撮影をして写真のお土産をもらうというサービスがあるのです。写真には撮影の後カラーペンで名前や簡単なメッセージを書いてくれます。)

さて、私がメイドカフェに行ったことがあるんだと皆さんにバレたところで 

リヨンネコカフェ (11).JPG

窓側の真中の席に着きました。テーブルはあちこちまだ片付けが終わってなくて、私たちのテーブルにもまだそのままですが先に着席させてくれました。

メニューを待っている間にテーブルの上のルールリストに目を通す。

リヨンネコカフェ (28).JPG

裏は名前リスト

最初のネコは「はるうぇん」なのか「あるうぇん」なのか読み方がわかりません。

フランス語はHを発音しないのですが、名前が日本ぽかったりして変わっているのでたぶんHも読む「はるうぇん」だと思います。違ったらごめんなさい。

オーナーのお二人はカップル。日本に1年間旅行へ出かけた時、ネコカフェを知ってリヨンでのオープンを決めたのだそうです。 

しばらくすると接客と空いたいたテーブルの片付けなど大忙しのギョームさんがメニューを持ってやってきました。

抹茶色のクリアファイルに入ったメニューは全部で4ページ。

メニューがHPにまだ載っていなかったので何があるのかご紹介します。 

リヨンネコカフェ (12).JPG

太文字が3つ、暖かい飲み物、冷たい飲み物、お菓子の順にリストになってます。

暖かい飲み物Boissons Chaudes

(エスプレッソ、リストレット、グラン・カフェ、エスプレッソのバニラ、キャラメル、カフェ・ノワゼット、カフェ・ヴィエノワ、紅茶、日本茶、カフェ・グルマン)

- リストレット...エスプレッソ(通常25-30ml)を更に濃縮した15-20mlの濃~いコーヒー。
- グラン・カフェ...エスプレッソ2倍量入ったの。※お店によって違う。
- カフェ・ノワゼット...フランスのカフェメニューにあるエスプレッソに ほんの少し牛乳を入れたもの。混ぜるとヘーゼルナッツ色になるから「ノワゼット(=ヘーゼルナッツ)」と呼ばれるらしい。
- カフェ・ヴィエノワ...生クリームをあふれんばかりにたっぷりのせたエスプレッソ。※ウインナー・コーヒー。
- カフェ・グルマン...いわゆる"デザートセット"。エスプレッソに3~6種類くらいのプチデザートが付いてくる。 

冷たい飲み物Boissons Froides

- テ・グラセ・デュ・ジュール ...本日のアイスティー
- シロ ..."シロップ"のこと。
フランスではおなじみの飲み物。
シロップが注がれたグラスと、水の入ったカラフェがセットになって運ばれてきます。スーパーにも数種類のフルーツシロップが並んでいます。シロップの味が何があるのかもニューもし書いてなければスタッフに直接質問します。
- カフェ・フラッペ ..."アイスコーヒー"。
フランスはコーヒーと言えば"ホットコーヒー"が当たり前。
カフェのメニューにアイスコーヒーがあるところはほとんどないです。(スターバックスにはあります。)
もしあるならアイスコーヒーではなく、このカフェ・フラッペCafe Frappeと書いてあります。
- レ・フラッペ ...おそらく"ミルクシェイク"。
はじめてみました。たぶん日本風のお店だから置いてるのかな。

お菓子gourmandises

(クッキー、ブラウニー、本日のタルト/1ホールをカットしたもの、本日のタルトレット/1人分サイズの小さいもの) 

リヨンネコカフェ (14).JPG

日本、中国、インド、スリランカのセイロンティーなど。

値段は最初のページにあった「紅茶/The 3.50ユーロ」です。

私たちは夏のブレンド(Melange d'ete)、秋のブレンド紅茶(Melange d'automne)をそれぞれ選びました。

リヨンネコカフェ (13).JPG

右側のページに書いてあるのが日本茶nos The japonais

(玄米茶、玉露、ほうじ茶、古径茶、新茶葉)

その下にハーブティnos Tisanes。

リヨンネコカフェ (10).JPG

お菓子はブラウニーしか残っていなくて他は売り切れでした。 

ブラウニーと紅茶を頼んでまたネコさがし。

ソファーのすぐ隣のクッションに黒猫("ろき"か"かおる")がいますが、ぐっすり。

確かに朝からみんなに遊んでもらってる(あげてる?)から疲れますよね。

他の猫たちもみんなベットでぐ~ぐ~。膝に乗ってるすがたをテレビで見ましたが、あれはきっと午前中の光景なのですね。 

午後は仕事に疲れてこんな感じなので、混み具合もあわせて午前中に行くのがベストのようです。 

 

リヨンネコカフェ (18).JPG

オーダーから15分後、ブラウニーがきました。

よく見る真っ黒のケーキを想像していたのですが、ミルクチョコレートな色。

添えてあるのは苺のソースだったかな?すみません、うろ覚えです。

お菓子はクロワルースにあるお店のものを提供しているのだそうです。

こういうのいいですね。帰りにお店によって買うこともできますし。

リヨンネコカフェ (20).JPGリヨンネコカフェ (21).JPG

5分後紅茶も到着。

可愛いポット、どちらに何が入ってるかはゆっくり口頭で説明してくれます。

中の茶こしがうまく引き上げておけないので、早めにカップに移さないとどんどん濃くなっていきます。

ひとつのポットでたっぷり2カップ分楽しめます。

Facebookで包みを開けたところを紹介していた表情のちがうカップ。

フランスでこういう可愛い感じのデザインは珍しいから日本から輸入したのかな?

一緒に来たブラジル人の女の子が気に入って買って帰りたいな~と言ってました。

 

リヨンネコカフェ (17).JPG

ケーキを待っていた間に、さっきまで窓辺の寝床で寝ていた"はるうぇん"がやってきて、通路のどまんなかを新たな居場所と決めました。

届いたケーキを食べる頃には、 

リヨンネコカフェ (19).JPG

すぐとなりで、ごろ~んとしてた。

そしてこのポーズのままぬいぐるみのように固まって停止。

お客さんが撫でてもピクリともしない。 

彼が寝ている床部分は木ではなくフローリングシートが敷いてあり、歩くとちょっとぷかぷかしていて手作り感を感じる。

こどもがぷかぷかさせて歩くと、猫の下の床も同じく浮き沈みして動くのですがなんのその。かわらずこのポーズ。

 

リヨンネコカフェ (22).JPG

食べ終わる頃にはちょうど閉店時間の19時

まだ見てない猫がいたので上のロフトに行くと"ちゅうい"が寝てました。

1階の席であっても階段登って観に行っても大丈夫です。

2階のロフトは靴を脱ぐように下駄箱が設置されています。階段は靴で上がってOKです。

リヨンネコカフェ (23).JPG

リヨンネコカフェ (25).JPG

階段を下りると、猫ベットの上にのびた足がにょきっと出ていて"じゅぴ"がねてました。

この"じゅぴ"と、階段にいた"ちゅうい"と、もう一匹"なんば"ば開店当初からの看板猫です。

リヨンネコカフェ (26).JPG

あ、彼がなんばです

会計中、カウンターの上で寝ていてすぐ近くにいたのに全然気づかなかった。

会計終わって振り返る時に白いのが目にさっと視界に入り「これネコじゃん!」と気づきました。

こちらもよく寝ていて置物みたに動きません(笑)

 

帰りはクロワルース駅まで歩いて行きました。

行きのエノン駅はアパートの間を歩き殺風景だったので、こちらの方が商店街のお店をいろいろ見て歩けておすすめです。

到着までの道のりも目印になるお店がいろいろあるので、もっと分かりやすいと思います。

グロスカイユ (2).JPG

写真:グロス・カイユー広場Place Gros caillou

秋の夕暮はとてもきれいです。

クロワルース駅を出ると、この開けた広場が見えるのですぐわかります

これは広場からみた駅方向の風景。後ろを振り向けばこんな景色見れます。フルヴィエールの丘とは違う角度で、リヨンの街並みが見渡せます。グロスカイユ (1).JPG

■関連記事

リヨンにネコカフェOPEN

 

Le Chamourai/ル・シャムライ】

ティーサロン・カフェ

■住所 8 rue pailleron 69004 Lyon

■営業時間 10:00 - 19:00月・木休み

■アクセス メトロC線「Croix-rousse/クロワルース駅」下車、徒歩8

URL http://www.lechamourai.fr facebook  

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2014年10月 4日
« 前の記事「10・11月は移動遊園地が登場!クロワルースの栗祭り」へ
»次の記事「お寿司に白飯ごはんが付いてくる!?フランスの日本料理レストランおもしろ話し」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランス最大の都市公園 "黄金の頭"「テッドール公園 Parc de la Tête d'Or」
    リヨン中心地 赤い絨毯の「ベルクール広場 Place Bellecour」
    【はじめに】 フランス第2の都市 『世界遺産と美食の都リヨン』

    フランス ツアー最安値


    2017/8/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集