海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > バラエティに富んだフランスの「クノール」と「マギー...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2014年12月 1日

バラエティに富んだフランスの「クノール」と「マギー」スープ


メール プリント もっと見る

バラエティに富んだフランスの「クノール」と「マギー」スープ

フランスのスープ .jpg

お味噌汁と同じくフランスのスーパにも年中スープコーナーがありますが、実はフランス家庭では夏にスープはほとんど食べない。

冬の食べ物で、寒くなるとスーパーのメインコーナーに並びます。(冷製スープのトマトの「ガスパチョ」やじゃがいもの「ヴィシソワーズ」は別ですよ。)

ヨーロッパのスープはバリエーションが豊富!

私たちもなじみ深いスープのブランド「Knorr(クノール)」と「Maggi(マギー)」がこちらでも一般的です。

日本でスープは飲み物ですが、フランスは食べるもの。

秋が深まり気温が下がる頃、ボールやスープ皿にたっぷり入れて前菜としていただきます。

 

スープは野菜の種類が豊富!

意外なことに、日本でおなじみの「クラムチャウダー」や「コーンスープ」はこちらでは見かけません。

クノール.jpg

定番その1 「数種類のやさいポタージュスープ」

家庭でも作られるのが、ポロねぎ、人参、じゃがいものスープ。

クノールは5種類や8種類・9種類など、いろんな野菜の組み合わせでバリエーションが豊富です。

フランスには風邪を引いた時の食べ物というのがないので、我が家では具合が悪い時などこれをよく食べています。

箱入りは鍋に移して温めるだけの液状タイプ、同じ味の粉末タイプもあります。

値段は、粉末の方が1.00~2.50€、リキッドタイプが2.50€からなので粉末の方が安いです。

1つの量は紙パックが1人分か4人分。粉末は3人分か4人分です。

クノール(2).jpg 

トマトだけじゃない!野菜スープ

写真はトマト&モッツァレラ、かぼちゃ、アスパラです。

トマトだけ、かぼちゃだけというのもありますが、野菜1種類のスープより23種類を組み合わせのものが多いです。

例えば、じゃがいも&ポロねぎとか、かぼちゃ&きのこ、かぼちゃ&栗など。

粉末タイプの方がもっと種類が多いので、毎回選ぶのが楽しいです。

 

粉末タイプは『調理方法』に要注意!

粉末を"沸かしてから入れるタイプ"と、先に"水で溶いてから沸かすタイプ"の2つがあります。

間違えるとダマだらけになって美味しくないので要チェック!

"d'eau"というのが水です。その近くの文字に注目。

フランスのスープ (3).JPG

水からの場合は「d'eau froide冷たい水」。

お湯の場合は「d'eau bouillanteお湯」、または「Faites bouillir 750 ml d'eau.750mlの水を沸かす。」。

ここさえ間違えなければ、約57分それぞれの時間通り火にかけて、かんたんに美味しいスープが出来ます。

フランスのスープ .png

ちなみにこちらは2014年新発売の「サヴォワヤード」。

リヨンの近郊、郷土料理チーズフォンデュで知られるサヴォワ地方のスープです。

水に混ぜよーく溶かしてから火にかけるとクリーミーなスープの完成☆ジャガイモやベーコンの触感もあって美味しかったです。

フランスのスープ2.png

定番その2 「パスタスープ」

古典的なブイヨンにパスタが入ったスープ。

自宅で作る時はマギーのブイヨンに、この細麺や、アルファベット、星の形など粒粒サイズのちいさなパスタをやや多めに入れて作ります。

パスタは入ってますがメインとしてではなく、前菜としていただきます。

 

|もはやラーメン!?世界のおもしろパスタスープ

フランスのスープ (5).jpg

インド、タイ、ベトナムなど、アジア風スープは麺の短くなったインスタントラーメンみたい。

インスタントラーメンも売っていますが、それとは別にこのスープがあります。

こちらはアジア食を食べたくなった時によく買ってます。

フランスのスープ3.png

一番左、最近新発売した「日本風スープ」。

食べてみたら日本風と言うより、味は中華風。カツオだしはこちらではまだまだ知名度が低いみたいです。

一番右、「北京風ラヴィオリスープ」。

ラヴィオリの中のお肉の味が独特の匂いが合って苦手でした。でもこれ以外のベトナム風や中国風は「具だくさんのインスタントラーメンスープ」といった感じでおいしかったです。

他のモロッコ風、タイ風、インド風はまだ試してないのでいつか味わってみたいです。

 

|フランスで一般的なブランド「Liebig(リビング)」もおすすめ

フランスのスープ4.jpg.png 

クリームチーズ「Kiri(キリ)」入りスープを売ってるのは、このブランドだけ。

自分でkiriを買って入れられるんだけど、やっぱり魅力的で惹かれる。

左の栗とかぼちゃのスープはお気に入りです。

|値段がどれよりも安いのは、スーパーのオリジナル商品

フランスのスープ5.png

カルフールスーパーなら『Carrefour』、スーパーUなら『U』、カジノなら『Casino』と書いてあります。

美味しくないという事はありませんが、お土産にするならよく知れたクノール、マギー、リビング、この3つのブランドがおすすめです。

 

|お土産なら断然「粉末タイプ」

スープのパッケージの種類は5つあります。

フランスのスープ6.png

・箱入りの液状タイプ:鍋に入れて温めるだけ。

・袋入りの粉末タイプ:水またはお湯に溶かして温める。

・小分けの粉末タイプ:カップスープで楽しめる一人分。

・缶詰タイプ :具だくさんなんだけど野菜がクタクタではずれが多い。

・瓶詰タイプ:やや高級。13.807€。

お土産にするなら「粉末タイプ」を。種類も豊富で安くて軽いです☆

大きい袋は34人分ですが、日本食の家庭でお椀にとって飲むなら56人分になります。

小分け袋タイプは会社の御弁当食べる時に自分用や同僚に配っていっしょに食べれてお土産にいいですね。

Knorr(クノール)の海老とポロねぎのスープ「Poireaux crevettes deshy」はパッケージのデザインから分かるようにちょっとリッチなスープで一袋2.50€からです。海老も形があって美味しかった。

 

スープの種類をもっと見たい方はこちらの公式サイトのリンクからどうぞ。

Knorrクノール Maggiマギー 、Liebigリビング

 

(11月お題"スープ")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2014年12月 1日
« 前の記事「秋は焼き栗!レピュブリック通りのマロンショ屋台」へ
»次の記事「フランス、ヤギのビビと旅するバックパッカーおじいさん」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【12月のお菓子】チョコあたまの激甘メレンゲ 「テット・ド・ネーグル」
    【光の祭典】 動画で知る"各会場とお手本ルート"
    冬のリヨン一大イベント「光の祭典」 見所・めぐり方
    【フェット・デ・リュミエール2013】 vol.1 リヨン総合病院で病院ならではの演出
    【12月のイベント】 光の祭典 「Fête des Lumières 2013」
    【冬の味】 ホットワイン 「ヴァン・ショ vin chaud」
    リヨンのクリスマスマーケットの「お菓子」
    ペラーシュ駅前のクリスマスマーケット 「Marché de Noël Place Carnot」

    フランス ツアー最安値


    2017/8/17更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集