海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨン定番土産「ヴォワザン3つの名物菓子」

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年4月18日

リヨン定番土産「ヴォワザン3つの名物菓子」


メール プリント もっと見る

リヨン定番土産「ヴォワザン3つの名物菓子」

voisin (33).JPG

創業1897年、リヨネーズ(リヨンっ子)はみんな知ってる高級チョコレート店「ヴォワザン」VOISIN

リヨンの銘菓「クッサン・ド・リヨン 」で有名なお店です。コーヒーとチョコレートのお店として始まり、市内15店舗、ローヌアルプ地方、マルセイユやパリをあわせ25店舗。中心地を歩けば何件も支店があるので必ず目にします。今回はこちらのリヨン土産の定番といわれる3つのお菓子をご紹介します。 

 

|ヴォワザン3つのスペシャリテ


1、リヨン銘菓「クッサンドリヨン」coussin de Lyon

アーモンド生地のマジパンにチョコレートガナッシュを挟んだ砂糖菓子。

フランスの遺産菓子として登録されているリヨンを代表する銘菓です。ヴォワザン以外のパティスリーにも置いてあり、空港、駅、街中どこでも見つけられます。丸みのある可愛くエレガントなクッション化粧箱が目印。

voisin (31).jpg

 

2、ブション名物でお馴染「クネル」Quenelle de Lyon

ブション名物、魚のすり身のクネルを模したお菓子。

ヘーゼルナッツのプラリネをホワイトチョコレートで包んだもの。もう1種類の表面に黒い粒々のある方はアーモンドのプラリネ入りのカフェモカです。

voisin (7).JPG

クネルとクッサンドリヨン

voisin (28).JPG

定番の箱15.50€/370gから(写真中央)、ほかにも小さい箱7.50€/95gなどサイズいろいろ。

 

3、ボジョレのつる「レ・サルモン・デュ・ボジョレ」

Les Sarments du Beaujolais

ワインボトルの形をしたボジョレの古酒ブランデー入りボンボンショコラ。お酒好きのお父さんにぴったり。缶入りにはブドウのノートルダムといわれるボジョレ地区Brouilly(ブルイィ)の丘に建つ19世紀のチャペルが描かれている。

voisin (8).JPG

ヴォワザン.jpg 


3種類のスペシャリテ詰め合わせ

袋入り、箱入り、缶入り、豪華な梱包などお店にいろんなサイズがあります。

DSC02781.jpg

・フィルムに3種類がどさっと入った簡単な包装(19.40€)

・大・中・小の箱に丁寧に並んで入っているもの(25€)

・ベルクール広場や光の祭典のイラストが描かれた缶入り。(26€)後に物入れに使えて残るのが良いですね。

・しっかりとした本の化粧箱は、チョコも入って64€とかなりいいお値段(410g)。

 

好きなのえらんで詰める量り売り

マジパンは正直好みが分かれるもの。ショーケースに並んでいるチョコやお菓子は量り売りで1個から買えるので、お土産にするなら買って食べてみるのをおすすめします。

ちなみにクッサン・ド・リヨンはコーヒーと相性抜群なのだそうです。真ん中のカラフルなクッサンについてはクッサン・ド・リヨンの記事 で紹介しています。その隣のリアルなフルーツもマジパンです。

voisin (30).jpg

 

カラフルなクッサンの奥にあるのは、フランスの伝統的なゼリー「パート・ド・フリュイ」。

フルーツのピューレやジュースを濃く煮詰めてつくるカラフルな固めのゼリーで、地元で採れたフルーツを使って作られるお菓子としてフランス各地で売られています。最近日本にも出てじわじわ人気なのだとか。

 

左角にあるのは、南仏・プロヴァンス地方の伝統焼き菓子カリソン「Calisson」。

リヨンから南へ行ったドローム県、ヌガー発祥の地として有名なモンテリマールへ行ったときヌガー工場でカリソンも作っていました。南仏全体的に売られてるお菓子なんですね。マルセイユ特派員さんの記事で紹介されています。その1 その2

voisin (35).JPG

 

美味しいチョコレートについては次の記事でご紹介します。

 

今回ご紹介したのはベルクール広場からオペラまで続くレピュブリック通りの大きなお店。コーヒーの種類も多く、おすすめ。

28 rue de la République 69002 LYON

9h-19h30

※月曜は11h開店。日曜休み。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2015年4月18日
« 前の記事「リヨン土産といえば銘菓「クッサン・ド・リヨン」」へ
»次の記事「リヨンの老舗ショコラトリー「voisin(ヴォワザン)」でチョコレートを買う」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ハリーポッターが使ってたあの杖が!有名映画の小道具から舞台道具までが見れる 「ミニチュア映画博物館」
    美しい邸宅室内にうっとり、映画発明者 「リュミエール博物館」

    フランス ツアー最安値


    2017/8/17更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集