海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > リヨンの走るレストランバスに乗ってみた

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年5月22日

リヨンの走るレストランバスに乗ってみた


メール プリント もっと見る

リヨンの走るレストランバスに乗ってみた

ル・トロリー・デ・リュミエール (3).JPG

リヨンの走るレストランバス le Trolley des Lumières(トロレー デ リュミエール)

ベルクール広場から出発して、リヨンの風景を眺めながら食事ができます。誕生日に予約して体験してみました。

バス乗り場は、ベルクール広場のフルヴィエール大聖堂側の通り、星の王子さま像の前です。

バスの前にはシャツに赤いエプロンをかけたサービスの人と、受付の人が立って待っています。予約名を伝えてバスに乗ります。今回予約したのは、21時発のコース。

10月以降は、17時過ぎには暗くなるので、夜景を見るにはバッチリ。5月~9月は22時に日が暮れるので、リヨンの街並みを観光できます。



ル・トロリー・デ・リュミエール (4).JPG


車内は高級感ある大人な雰囲気。4人掛けの席が全部で6席あります。4人掛けと言っても体格の良いフランス人男性が4人座ったらやや狭いくらいです。ドレスコードはないので服装はカジュアルでOKです。私はキッチンの近く写真右側の席に座りました。私はキッチン向きに座りましたが、風景をより楽しむならバスの進行方向が良さそうです。



まずは飲み物のオーダー

アルコールがあまり得意でない人に嬉しいノンアルコールのドリンクが充実しています。

リヨン近郊オルリエナのフレッシュジュースブランドalain milliat(アラン・ミリア)は、高級ワインのように果物の産地の選定や製法にこだわっていています。センガ・センガナ種という苺のネクター、コックスオレンジ種というリンゴのジュースをオーダーしました。もう1種類ワインでよく知られるカベルネ種のブドウジュースがありましたが、出荷時期がもう少し先になるそうでありませんでした、残念。

ル・トロリー・デ・リュミエール (5).JPG

ル・トロリー・デ・リュミエール (6).JPG


英語とフランス語で書かれた観光スポットガイド。最初のページはドリンクメニューが書いてあります。



出発はアントワーヌ・ド・サンテグジュペリ像の足元から

星の王子さまの著者サンテグジュペリは像のちょうど後ろのアパートで1900年リヨンに生まれました。

ルイ14世の騎馬像

リヨン人の待ち合わせスポット「プラス・ベルクール」はヨーロッパの最も大きい歩行者広場。中央にフランスの王ルイ14世の像があります。


テーブルの真ん中には走行中グラスが倒れないようワイングラスの足フットプレートを挟めるストッパーがあります。ボトルも倒れないようになってます。



メニュー

アペリティフのみのコース(1時間半)、前菜からデザートまでのスタンダードなコース(2時間半)、日曜日の3時間のコースがあります。

今回はスタンダードな2時間半のコースです。前菜とメインは2種類から選べて、内容は黒板に書いてあります。2人だったので、1種類ずつ違うのをオーダーしました。

ル・トロリー・デ・リュミエール (9).JPG



◆お通し 「茸のムース」

ル・トロリー・デ・リュミエール (7).JPG

ル・トロリー・デ・リュミエール (8).JPG

ル・トロリー・デ・リュミエール (10).JPG


お客さんがそろうと予定時刻に出発。全7席満席です。

隣のカップルは毎月交互にサプライズディナーを準備しているそうで、今月は男性の方がこのバスを予約。女性は「私も来月予約しようと思ってたの~!」と話してました。サプライズディナー素敵な習慣ですね。

2時間半の「ル・グラン・カニュ」コースの走行ルート

ル・トロリー・デ・リュミエール (20).JPG

水~土曜日(21h-23h30)に運行する、2時間30分のコースです。

コース名は「大きな絹職人」という絹職人の街リヨンにちなんだネーミング。

動いてるのでブレてうまく撮れませんでしたが、テロー広場、だまし絵、オテルデューなど夜景のきれいな観光スポットを通ります。

ル・トロリー・デ・リュミエール (11).JPG


奥のキッチンで盛り付け

バスが発車すると前菜がサービスされます。リヨン市内のお店で調理したものをバスに積み込み、車内で仕上げるので、サービスも準備も男性スタッフ1人でしていました。優しく丁寧なサービスでいい時間が過ごせました。


◆前菜

ル・トロリー・デ・リュミエール (12).JPG

サーモンのタルタル

ル・トロリー・デ・リュミエール (13).JPG

フォアグラの自家製パテ

バスの雰囲気と走行コース、夜景、サービスと大満足だったのですが、1つだけ残念だったのが食事。生臭さの口に残るサーモン。この後のポトフも味がない...。隣のカップルも同じ意見だったようで、食事の途中サービスの男性が各テーブルで「今日の料理はいかがでしたか?」と聞いた時やんわりとそのことを伝えていました。本当に素敵なレストランなので、改善されることを願っています。

◆メイン

ル・トロリー・デ・リュミエール (14).JPG

ポトフ

ル・トロリー・デ・リュミエール (15).JPG

グラタン

上はマッシュポテト、中に豚肉ペーストが入ってました。

メインがサービスされる頃には、7区の住宅街を走行。観光スポットとしてはマイナーな7区まで通るとは!自宅が7区なので、いつも歩いてる景色を眺めながら食事するのは不思議な気持ちで面白かったです。中心地からちょっと離れたある意味普段のリヨンの風景も見れるのは、観光としても面白いと思います。


◆チーズ リヨンの名物チーズ

ル・トロリー・デ・リュミエール (21).JPG

・手前のフレッシュチーズが「サルヴェル・ド・カニュ」

・とろけてるのが「サンマルスラン」

・もう一つ忘れました...

チーズがサービスされる頃には、6区のテットドール公園を走っています。ここから橋を渡って、クロワルースの丘をぐんぐん登って行きます。



クロワルースの丘でちょっとしたサプライズ

ル・トロリー・デ・リュミエール (22).JPG


チーズを食べ終わる頃、デザート食べきれるかしら...と思っていると、バスは丘の公園の前で停車、散歩タイムになりました。


ル・トロリー・デ・リュミエール (23).JPG


コートを着て、フルヴィエールの丘からとは違う夜のリヨンの街の景色を眺めました。



◆デザート

ル・トロリー・デ・リュミエール (16).JPG

プラリネのウ・ア・ラ・ネージュ

卵はフランス語で「ウ」=Œuf(日本語でカタカナ1つですが、書くとアルファベット4つも並ぶ)、雪という意味の「ネージュ」=Neige。ブションのデザートにもよく登場するフランスのデザートです。しゃばしゃばのカスタードクリーム(アングレーズソース)の上にリヨン名物の赤いプラリネが混ざったメレンゲがのっています。

ル・トロリー・デ・リュミエール (18).JPG

ティラミス


◆食後のコーヒー

ル・トロリー・デ・リュミエール (19).JPG


コーヒーには必ずチョコレートやビスケットの小さなお菓子と砂糖が添えられているのが嬉しいところ。

コーヒーを飲み終わってしばらくすると、スタート地点のベルクール広場に到着します。

レストランバスの詳しい情報




おまけ...

この日はハロウィンの日でバスから見える街中の通りにはゾンビがいたり、メトロに乗ればピカチューがいました。フランス人もハロウィンの仮装を楽しむようです。帰り道、アパートの近くのタバ(TABAC:街中にたくさんある便利なたばこ店)のドアにこんな張り紙が

ル・トロリー・デ・リュミエール (24).JPG

「私たちはハロウィンのためにお菓子をあげません!!! ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。」

お店の中にもお菓子をもらいに行く人がいるようです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2015年5月22日
« 前の記事「リヨンのバスレストラン「le Trolley des Lumières」」へ
»次の記事「ベルナション・パッションのランチメニュー」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨンシティーカードで訪れたスポット トップ10
    リヨンの赤い貸出自転車vélo'v(ベローブ)
    高級家具専門アンティークモール 「シテ・デ・ザンティケール Cité des Antiquaires」
    【5月のイベント】 ファッション好きよ集まれ!「ヴィンテージ・モード市」
    【テットドール公園】 5月の彩色豊かなバラ園さんぽ
    モンテリマール特産「ヌガー」、工房見学で出来たてを試食する

    フランス ツアー最安値


    2017/8/17更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集