海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月 6日

ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコラ」


メール プリント もっと見る

ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコラ」

リヨンから車で1時間。ヴァローナ社のチョコレート博物館 Cité du Chocolat Valrhona(シテ・デュ・ショコラ・ヴァローナ)に行ってきました。

 

2013年10月にオープンした、見て、触れて、聞いて、味わう、体験型チョコレート博物館です。チョコのテイスティング方法、カカオの実やチョコレートができるまでの工程などを紹介。子ども向けのアニメーション説明もあるので、仏語英語ができなくても楽しめます。

 

 

|ヴァローナ社のチョコレートとは?

ヴァローナ(Valrhona)は、1922年創業のフランスのチョコレート・ブランド。一般向けとしてはあまり出回っていないので、初めて名前を聞く人も多いと思いますが、世界中のシェフから高い支持を受けているプロ向けの有名なチョコレートメーカーです。

DSC03493.JPG

一口サイズの製菓用チョコレートがどっさり入った、大袋タイプが印象的なヴァローナチョコ。そのままでも美味しいのでパクパクいけます。

 

 

10月3日(土)

週末車で行ってきました。チョコレート博物館がある「タン・レルミタージュ」は、ワインの産地として有名な町。博物館のあとで、近くのワイナリーを訪問できます。

DSC03313 - コピー.JPG

高速A7、フェーザン(Feyzin)という町で見える工場タンク。リヨンに関するものが描かれている。例えば紫色の絵は、リヨンの町のシンボル、フルヴィエールの丘に建つ大聖堂とメタリックタワーの絵です。

 

前日の金曜日までは秋晴れのいい天気だったのに、週末から雨と雷の予報。朝はとても雨が降りそうに見えない青空だったのに、リヨンを出発してから暫くすると雲が出てきて、到着する頃には雨になりました。

DSC03315.JPG

 

博物館の駐車場は2ヶ所。

駅からは徒歩5分、商店街の通りにあります。

ヴァローナのブティック入口にバス停がありました。駅からバスでも来れるようです。

 

DSC03318.JPG

ブティック側の外観

建物は博物館とつながっています。

 

DSC03322.JPG

入場料は、12時までに入場すると7,80€、12時以降は9,20€になります。

学生割引もあるので、学生さんは学生証お忘れなく。

 

受付カウンターのスタッフは、親切で感じの良い人でした。記録のためにどこから来たのか尋ねられます。料金を支払い、見学方法の簡単な説明があり、館内地図とチケットを受け取って中に入ります。

 

DSC03325.JPG

 

スムーズに見学できる、ほどよいお客さんの入り具合でした。ちょうどツアーバスの団体客が出発したところで、ちょっと前までかなり混雑だったそうです。いいタイミングで到着しました。

 

DSC03327.JPG

受付にさっそくミルクチョコレートの試食が... :D

 

 

|チョコレート博物館の見学 

DSC03328.JPG

受付をすぎるとチョコレートの滝が流れてて、小説『チョコレート工場の秘密』の世界を思い出す。 


 

博物館の中は、1つの広いスペースをコーナーごとに仕切ってあります。

DSC03873.JPG

 

左下の『ENTREE→』が受付後の入口。まず最初はB1~B4。

館内マップの順番にご紹介します。


 

1.チョコレートの味、食感、音当てコーナー

Le Carre des sensB1B4

 

・チョコのテイスティングテスト

DSC03343 - コピー.JPG

「ミルクチョコ」と「ブラックチョコ」2種類のテイスティングの機械が、3台ずつあります。

受付でもらったチケットを入れるとテイスティング用チョコが1人分2種類出てきます。

テイスティングマシーンの使い方


ヘッドホンが4人分あるから、一緒にワイワイできて面白かった。

 

DSC03337 - コピー.JPG

グアナラ・ラクテ(Guanaja Lactée)とタナリヴァ(Tanariva)

この2つのミルクチョコの「味」「香り」「余韻」を試食して答えるというもの。


違いは分かっても、どの味と考えるとなかなかビシッと答えられないものなのですね。ピンク色の包装紙の「グアナラ・ラクテ」は一般回答率とエキスパートの回答にだいぶずれがありました。一緒にいたフランス人のおかげで回答はほぼ当たっていましたが、私の考えて選択したものは、はずれてるのが多かった。さすがフランス人、舌がこえていらっしゃる。


 

・チョコレートの食感・質感テスト

DSC03357 - コピー.JPG

4種類のボックスがあって、1つの穴に手を入れ中にある生地の質感から、矢印の出ている3つのチョコレート菓子のうちどの食感に近いかを当てるクイズです。

 

DSC03363 - コピー.JPG

これだ!と決めた写真BOXの下のボタンを押します。

当たっていれば、白い画面とヴァローナのロゴマークで「ブラボー」の字が。

ハズレの場合は、赤い画面で×マークがでます。

 

 

・音のテスト

食べたときの音を聞いて、どのお菓子の音か当てるというもの。

DSC03359.JPG

カカオ豆のスピーカーが可愛い。




2.基本3種類のチョコとレシピ

C1C8Comptoir des recette

 

・ミルク、ブラック、ホワイト、基本の3つのチョコレート

DSC03361 - コピー.JPG


チョコレートの配合の割合が一目でわかる。

DSC03373.JPG


ミルクチョコレートの配合は、

カカオ14%、砂糖34%、カカオバター27%、ミルク23%...


なんと、カカオバターが 粉末ミルクとほぼ同量入っていたのですね。

 

ブラックチョコレートの配合は、

カカオ63%、砂糖29%、カカオバター8%...


右に小さくあるのが、バニラ と 大豆レシチン

DSC03378 - コピー.JPG

※横写真にして表示してます。)


大豆レシチンは、油分と水分をなめらかに混ぜ合わせるための乳化剤で、ほとんどのチョコレートに含まれているそうです。"~剤"とかいうと体に悪そうに聞こえますが、大豆から取り出したものなので、体に悪いわけではないです。サプリメントにもなって売っています。

 

ボードの裏には、チョコレートクイズ。めくると答えが書いてある。

DSC03376 - コピー.JPG

 

ヴァローナの可愛いオリジナルキャラクター Lili(リリー)とZoco(ゾコ)のアニメーションを見ると、とってもわかりやすい。

DSC03400 - コピー.JPG

これはホワイトチョコの分量。

砂糖(Sucre)、ミルク(Lait)、カカオバター(Beurre de cacao)、バニラ(Vanille)、さてカカオ豆(Grue de cacao)はどのくらい入るのでしょうか?

 

それぞれの違いが分かったところで、チョコレートを試食。

基本の3 + モカ味 4種類のチョコがありました。 

DSC03380 - コピー.JPG


 

|香料のコーナー

フランボワーズやミントなど、チョコレートに使ういろいろなフレーバーの香りを体験。数種類のスパイスを使ったエキゾチックなチョコレートの試食ができます。

DSC03374 - コピー.JPG


・香料あてクイズ

DSC03385 - コピー.JPGDSC03386 - コピー.JPG

胡椒入れみたいなステンレスのケースに、チョコレートに混ぜる香料が入っています。ふたを開けて何の匂いか当てるクイズです。茶色のシートをめくると写真付きで回答があります。

DSC03384 - コピー.JPG

写真で男性がチャレンジしているのは、どこか懐かしい嗅いだことのある匂い。

でも何かわからくて "ぺらっ" っと答えをめくったら、「あ~...」と納得。これまた匂いは知ってて覚えがあるのに、正体がなかなかわからない。 

 

・スパイスチョコレートコーナー

DSC03392 - コピー.JPG

一口サイズのスパイスチョコレートが4種類並んでる。


DSC03396 - コピー.JPG

棚に入ってる見たことないスパイスが複雑に混ざって、かなり独特な味。

甘さはあるけど、お菓子と言うより「ひと口の料理」って感じです。

  

・自分好みのチョコ探しマシーン

DSC03411 - コピー.JPG

左の背の低い機械は、Lili(リリー)とZoco(ゾコ)の子供用アニメーション。

その右隣にあるタッチ画面で、自分好みのチョコレートを見つけられる。


DSC03407.JPG

あなたが好きなのは...

優しい味、バランスのとれた味、激しい味

 

画面を選んでタッチすると、次に


DSC03408.JPG

あなたが重要とするのは...

純粋、独創性、グルメ

 

次に

あなたが好きなチョコレートは...

「ミルク」「ブラック」どちらかチョコレートを選択。


回答結果がでます。

DSC03410.JPG

こちらが私好みの味だそうです。

オレンジのプラリネ(praline orange)確かに美味しいけど、何も香料の入ってないシンプルなのが一番好きだなぁ。「これも好き...」と右隣に2つ表示されてるのですが、どちらも苦手なミルクチョコだった。ブラックチョコレート選択したのに何故...。


お土産を買う時、迷わず新しい味を発見するにはいいアドバイスになるかもしれません。



長くなったので、

ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコラ」その2 に続きます。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2015年10月 6日
« 前の記事「ヴァローナ・チョコレート博物館「テイスティングマシーンの使い方」」へ
»次の記事「ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコラ」その2」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨン空港での過ごし方 その2:サービスは良かった?「満足度」ボタン
    リヨン空港での過ごし方 その1:ペダルを漕いでスマホECO受電&エクササイズ
    【リヨン名物】人形劇ギニョル『空気いっぱいのサーカス』
    りんごがいっぱい!10月マルシェ 「3.50€で11種類を食べ比べ☆」
    リヨンの切符の買い方「自動券売機の操作方法」
    食べれる口紅チョコレート!?リヨンの有名パティスリー『BOUILLET』
    フランス地方料理イベント「À table」であのビスケットを試食しました☆
    テットドール公園でかぼちゃフェスティヴァル 『Festival des courges』
    フランス郵便局の切手販売機はコイン20枚までだった!
    新しいリヨン土産!星の王子さまの可愛いチョコビスケット「Irrésistiblement LYON」
    12€で夕ご飯、ひとりで気軽に入れるアジア料理ファストフード「Woko」
    きのこ、かぼちゃ、秋の味覚が登場!フランス10月の旬食材
    観光案内所裏リヨンのお土産ショップOPEN 「Kiosque In Lyon」
    毎年10月、リヨンクーポン付マガジン『ぷちぽめ』の配布日
    10月の天気 秋の長雨と吹き付ける強い風
    10月:仏リヨン・リュミエール映画祭で「千と千尋の神隠し」が上映
    野菜不足の時に嬉しいフレッシュジューススタンド 「Zumo(ズモ)」 ‐パール・デュー‐
    フランスのCaféメニューとイタリアのcaffèとちがうところ
    キレイで新しい!ベルクール広場の無料公衆トイレ
    お寿司に白飯ごはんが付いてくる!?フランスの日本料理レストランおもしろ話し
    リヨン初のネコカフェ「Le Chamourai/ル・シャムライ」
    10・11月は移動遊園地が登場!クロワルースの栗祭り
    10月のリヨン観光「クロワルースの丘」
    【10月のイベント】アンティーク通りでドレスのファッションショー「タピ・ルージュ」

    フランス ツアー最安値


    2017/8/21更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集