海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > ヴァローナ社のチョコレート博物館その3「お土産編」

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年10月 8日

ヴァローナ社のチョコレート博物館その3「お土産編」


メール プリント もっと見る

ヴァローナ社のチョコレート博物館その3「お土産編」

チョコレート博物館その1

チョコレート博物館その2

の続き。


見学の後チョコレートについて詳しくなったところで、最後はお土産コーナへ。

DSC03519.JPG

博物館の出口から、まっすぐブティックにつながってる。

壁にはリリとゾコの水彩画。アニメーションを見てから、可愛くてファンになりました。



|マスコットキャラクター「リリ&ゾコ」のお土産


シテ・デュ・ショコラのマスコットキャラクターとして生まれたリリ(Lili)とゾコ(Zoco)。年齢は5~12才という設定。

キャラクターを作成したのは、ショコラティエの Luc Eyriey (リュック・エリエ)さん。ショコラティエ、水彩画家、造形作家として幅広く活躍している。フランス・コートダジュール地方のアンブラン(Embrun)という町にショコラトリーがあり、お店には得意のチョコレートでできた可愛いの動物や人形がたくさん並んでいる。

リュックさんによる、リリと犬の水彩画が完成するまでの動画

下書きと背景

色づけから完成まで

DSC03521.JPG

博物館オリジナルの絵本『リリとゾコ ~チョコレートの秘密~』

あらすじ

カリブ海のヴァカンスで、カカオの木の農園を見つけたゾコは、ショコラティエになることを決める。出発の時、彼の友人ディエゴがゾコに1つの豆袋を贈る。ヴァカンスから戻り、ゾコはガールフレンドのリリとおじいさんと一緒に、おじいさんの色あせた古いチョコレート屋さんを復活させる。彼らが作ったチョコレートのおかげで、とても落ち込んでいたアベル王子に笑顔が戻り。王様は感謝のしるしに、彼らのチョコレート屋さん「レオン」を美しく修復し、チョコレート・シティ(Cité du Chocolatにすることを誓

(1冊 14

|チョコレートのお土産

DSC03520.JPG

いろいろあって何にしたらいいのか悩みます。

タブレット(板チョコ)、キャレ(1口サイズの四角いチョコレート)、キャレの大箱詰め合わせ、チョコバー、チョコボールみたいな粒チョコタイプ、ひと口サイズの製菓用大袋、チョコペースト、ショコラ・ショ(ココア)...

整理して注目のチョコレートをいくつかご紹介します。

板チョコ ~タブレット TABLETTES~

・チョコレート本来の味を味わうグラン・ショコラシリーズ

カカオ6484%のブラックチョコ、3346%のミルクチョコ、ブラウン、ホワイトがあります。

DSC03532.JPGDSC03533.JPG

全種類試食できるという素晴らしさ。

左からブラック⇒ホワイトの順に並んでます。

端から1つずつじっくり味わって選びたいところですが、博物館でいろいろ試食した後なのであまり食べれない。あっちこっちに試食があって、興奮のあまり冷静さを失うので、お土産に買う方は事前に日本のヴァローナサイト を見て、好みのチョコの名前を23種類メモして持って行くことをおすすめします。

悔しいので(?)大好きなショコラ・ノワール(ブラックチョコのこと)だけ端から1粒ずつ頂いて帰った。混ざってしまってどれがどれなのかわからなかったけど、なんとなく自分好みの味を見つけました。醤油に似た香りのしょっぱい味...(なんだそら)。

・フェーブタイプ SAC DE FEVES

試食で食べていた楕円型のひと口チョコレートの大袋。菓子を作る用で、刻まずにつかえて計量が楽。もちろんそのまま食べても美味しい。

DSC03515.JPG

ブラックチョコ

ABINAO 85%、Alpaco 66%、Andoa 70%(BIO)、Araguani 72%、CARAÏBE 66%、GUANAJA 70%、MANJARI 64%、Taïnori 64%

ミルクチョコ

Andoa 39%、BAHIBE 46%、Jivara 40%、Tanariva 33%

ブラウンチョコ

Dulcey 32%

ホワイトチョコ

Opalys 33%

博物館で入場券を買った時もらったパンフレットに "10€以上買ったら「グラン・ショコラシリーズ6種類入り」プレゼント" というお得なチケットが挟んであった。板チョコ14€くらいするので、あっという間に10€に達します。

DSC03877.JPG

使う時はレジで「お得なチケット」+「博物館の入場券」が必要なので、うっかり入場券を捨てないよう気をつけて。

DSC03523.JPG

・希少な品種のカカオ農園シリーズ

全てカカオ64%

アフリカ・マダガスカル産 AMPAMAKIA

カリブ海・トリニダード産 GRAN COUVA

カリブ海・ド​​ミニカ産 LOMA SOTAVENTO

南アメリカ・ベネズエラ産 PEDREGAL

1枚 4.40

写真がなかったので博物館で撮った写真を...。一段目のチョコレートです。

DSC03517.JPG

・砕いたナッツやオレンジが入ってるマリアージュシリーズ

ブラックチョコ

CARAÏBE 66%ヘーゼルナッツ入り)、GUANAJA 70%(カカオ豆入り)、MANJARI 64%(オレンジ入り)

ミルクチョコ

CARAMELIA 36%(シリアル入り)、JIVARA 40%(ピーカンナッツ入り)

ホワイトチョコ

IVOIRE 35%(フランボワーズ入り)

エキノックスシリーズ

ナッツやドライフルーツなどをコーティングした粒チョコ

DSC03525.JPG

アーモンド&ヘーゼルナッツ

AMANDES & NOISETTES(ブラウン・ホワイト・ブラックの3種類)

カカオニブをコーティング

PERLES DE GRUÉ (ブラックチョコ)

オレンジピール

MINI ORANGETTES (ブラックチョコ)

などなど...こちらも試食しながら選べます。

1袋9.85

製菓用

DSC03524.JPG

11kgのブラックチョコレートとか、チョコチップみたいな丸い粒のパール・チョコレート、プラリネペースト、ココアなど。お菓子作りが好きな人には大喜びのコーナーです。

DSC03531.JPG

カフェのコーヒーによく添えられて出てくるスティック型のヴァローナチョコ。

袋の隅まで詰まっているので、封を開けると袋の形。溶けても形が崩れないので(品質は変わるかもだけど)夏に買う時は便利そう。

冷蔵庫のドリンクの話し

チョコレートとは関係ないけど、冷蔵庫に入ってたドリンクはこのあたりの製品を揃えているようです(コーラはのぞいて...)。

DSC03529.JPG

リヨン地域の果物農家Alain Milliat(アラン・ミリア)の上質フルーツジュース。

川隣のアルデッシュ県に水源があるvals(ヴァルス)というガス入りのミネラルウォーター。

コート・デュ・ローヌ地方のスパークリングワイン「キュヴェ・イコン」。

発泡ワインで有名なクレレット・ドゥ・ディー地区のJaillanceジャイアンスです。ジャイアンツではない)。博物館から車で1時間くらい走ったディ村にカーヴがある。観光案内所にここのカーヴ見学のパンフレットがよく置いてある。博物館の入り口にも置いてあったので興味のある方はぜひ。

博物館の駐車場までの道

DSC03534 - コピー.JPG

たっぷり試食、のんびり見学して2時間が過ぎていました。

もう30分くらいチョコレートを眺めてたかったけど、今13時半。とっくにランチの時間を過ぎている。ラストオーダーに間に合うかしら。

駐車場

DSC03535 - コピー.JPG

午後からアルデッシュ県の大自然を観光する予定でしたが中止。

雨は全く止みそうにない。突風が吹いてないだけましですが。

DSC03536.JPG

記事の最初に使いたかった シテ・デュ・ショコラの博物館外観の写真。

雨で面倒になり、車の中から撮影。

これを最初の写真には使えないな...。

おまけの帰り道編につづく

お昼食べてVals(ヴァルス)の水お土産に買いました。という話しです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2015年10月 8日
« 前の記事「ヴァローナのチョコレート博物館「シテ・デュ・ショコラ」その2」へ
»次の記事「秋の茸、フランスの天然しめじ「シャルボニエ」を調理してみた」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンのショッピングスポットまとめ
    伝統的なブション認定マーク「オータンティック・ブション・リヨネ」
    リヨン・セレスタン劇場
    リヨンの金色の「ローヌ県文書館」を見学しました
    ディジョン土産は、マスタード専門店「マイユ」へ
    【リヨンから旅】フクロウとマスタードの町「ディジョン」に行ってきた
    リヨンからディジョンへ 格安バスで7ユーロ!
    【スーパーの食品】豚の骨付きすね肉「ジャレ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨン空港での過ごし方 その2:サービスは良かった?「満足度」ボタン
    リヨン空港での過ごし方 その1:ペダルを漕いでスマホECO受電&エクササイズ
    【リヨン名物】人形劇ギニョル『空気いっぱいのサーカス』
    りんごがいっぱい!10月マルシェ 「3.50€で11種類を食べ比べ☆」
    リヨンの切符の買い方「自動券売機の操作方法」
    食べれる口紅チョコレート!?リヨンの有名パティスリー『BOUILLET』
    フランス地方料理イベント「À table」であのビスケットを試食しました☆
    テットドール公園でかぼちゃフェスティヴァル 『Festival des courges』
    フランス郵便局の切手販売機はコイン20枚までだった!
    新しいリヨン土産!星の王子さまの可愛いチョコビスケット「Irrésistiblement LYON」
    12€で夕ご飯、ひとりで気軽に入れるアジア料理ファストフード「Woko」
    きのこ、かぼちゃ、秋の味覚が登場!フランス10月の旬食材
    観光案内所裏リヨンのお土産ショップOPEN 「Kiosque In Lyon」
    毎年10月、リヨンクーポン付マガジン『ぷちぽめ』の配布日
    10月の天気 秋の長雨と吹き付ける強い風
    10月:仏リヨン・リュミエール映画祭で「千と千尋の神隠し」が上映
    野菜不足の時に嬉しいフレッシュジューススタンド 「Zumo(ズモ)」 ‐パール・デュー‐
    フランスのCaféメニューとイタリアのcaffèとちがうところ
    キレイで新しい!ベルクール広場の無料公衆トイレ
    お寿司に白飯ごはんが付いてくる!?フランスの日本料理レストランおもしろ話し
    リヨン初のネコカフェ「Le Chamourai/ル・シャムライ」
    10・11月は移動遊園地が登場!クロワルースの栗祭り
    10月のリヨン観光「クロワルースの丘」
    【10月のイベント】アンティーク通りでドレスのファッションショー「タピ・ルージュ」

    フランス ツアー最安値


    2017/9/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。ブログ記事やリヨン観光に関するご質問など、facebookのメッセージからお気軽にお問い合わせください。リヨン情報をまとめたホームページLYONTABIもご覧ください。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集