海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 新年1月、ヴァンデ県のパン屋で王様のお菓子「ガレッ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月 5日

新年1月、ヴァンデ県のパン屋で王様のお菓子「ガレット・デ・ロワ」を買う、食べる


メール プリント もっと見る

新年1月、ヴァンデ県のパン屋で王様のお菓子「ガレット・デ・ロワ」を買う、食べる

ガレットデロワ2016.jpg

1月6日のエピファニー の祝日に皆が集まり食べるお菓子「ガレット・デ・ロワ」。

アーモンドクリームが入ったパイ生地の中に、「フェーブ」と呼ばれる小さな陶器が一つ入っています。フェーブが当たった人は、ケーキについてる紙の王冠をもらい、その日一日王様(女王様)になるというゲーム付き。

 

フェーヴを見つけた人は、良いことがあるらしい。でも次に集まるときにガレット・デ・ロワを持ってくる係りでもあります。こうして1月中は何度もガレット・デ・ロワを食べることになります。 嬉しいのか罰ゲームなのか、よくわからない王様です。


 

|ガレット・デ・ロワを買う

ガレット・デ・ロワは、年末から1月末にかけて、スーパー、ブーランジェリー、パティスリーに並びます。

ガレットデロワ2016 (2).jpg

ヴァンデ県で家族とお正月を過ごしていた時、近所のパン屋さんに買いに行ってきました。ショーケースは見事にガレット・デ・ロワだらけ。

 

 

|パン屋さんのガレット・デ・ロワの値段

ガレットデロワ2016 (3).jpg

スタンダードなガレット・デ・ロワの中身は「フランジパーヌ」というアーモンドクリーム 

こちらのお店では、フランジパーヌのほかにも、洋梨チョコレート、アプリコット、リンゴなど種類豊富でした。定期購読しているレシピ本1月号にも、チョコやレモン入りなどアレンジを加えたレシピが紹介されてました。1ヶ月に何度も食べるとなると、後半はフルーツ入りのさっぱりした味の方が飽きずに楽しめるのかも。


ガレット・サブレ/garette sablee

4人分→10ユーロ、6人分→12.60ユーロ、8人分→15ユーロ

 

ガレット・フユテ/ galette feuilletee

4人分→12ユーロ、6人分→16.60ユーロ、8人分→20ユーロ


「ガレット・フユテ」は、ガレット・デ・ロワの事。パリではこちらの名前で売られてる場合が多いそうです。ガレット・サブレ」は、煎餅みたいにぺったんこに平らなガレット・デ・ロワです。2つの違いは厚さ。どちらを選ぶかはお好みです。

 

 

|南仏生まれのブリオッシュタイプ

地域にもよりますが、スーパーやパン屋さんにはいつも2種類のガレット・デ・ロワが置いてあります。

1つはパイ生地、もう一つはブリオッシュ生地。

南仏生まれのブリオッシュタイプは、クーロン・デ・ロワ(王様の冠)またはブリオッシュ・デ・ロワとよばれ、砂糖をまぶしたり、砂糖漬けのフルーツが飾り付けてあります。

南仏プロヴァンスのガレット・デ・ロワ /マルセイユ特派員

ガレットデロワ2016 (12).jpg

スーパーに山積みで販売されるブリオッシュタイプ。

今注目のアニメキャラクターのフェーブが入っている。今年は20151125日から放映中のディズニー映画「アーロと少年 」。

 

ガレットデロワ2016 (4).jpg

ヴァンデ県のパン屋さんで売ってたガレット・ブリオッシェ(Garette briochee)

ガレット・デ・クーロンと違って、真ん中に穴がない、砂糖がかかったふっくらブリオッシュ。4人分→6ユーロ、6人分→8ユーロ、8人分→10ユーロ

 

ここローヌ地方・ヴァンデ県は「ブリオッシュ」が名産な町です。ブリオッシュタイプもたくさん並んでますが、エピファニーといえばパイ生地のガレット・デ・ロワだそうです。

ブリオッシュは朝食でいつも食べているから、パイ生地のケーキの方が特別感があるのかも。

 

 

|ガレット・デ・ロワのおまけ・当たり

ガレットデロワ2016 (5).jpg

かわいい手提げ袋に王冠と一緒に入れてくれる。

この日はリンゴの発泡酒シードルもおまけについてきた。

 

ガレットデロワ2016 (6).jpg

お店によってサービスはさまざま。

ガレット・デ・ロワからコインが出てきたら、ダイヤと交換してくれるところとか、「~があたる!」といった感じで宣伝しているお店は多い。

 

 

|食べる前に、オーブンで軽く温める

パイ生地のガレット・デ・ロワを買ってきたら、オーブンで温めて食べる。

外がサクッとして、なかのアーモンドクリームが柔らかくなります火を入れ過ぎるとぱっさぱさになるので、温める程度に。

180度に予熱したオーブンで10分間温めた後、15分ほど常温においてから食べるといいそうです。

ガレットデロワ2016 (7).jpg

 

 

|カットしたら、選んでもらう

ガレットデロワ2016 (8).jpg

子どもがいる家では、大人がきって、子供がテーブルの下に入って、次のガレットはお父さん、次のガレットはお母さんと選んでいく。

大人や友人の集まりで子供がいない席なら、誰かが隠れて切り分けたり、ぐるぐる回して選んだり、普通に切り分けて食べる。


ガレットデロワ2016 (9).jpg

2日目、翌日もガレット・デ・ロワ

お客さんがガレットを持って訪れ、昼食後のデザートにまたガレットが登場した。

クリスマスから正月までフランスの伝統な料理をひたすら食べ続け、2日連続、しかも昼食後はかなりきつかった。このケーキは美味しいですが、バターたっぷりで重いので食べ過ぎ禁物です

 

 

|あ...!

ガレットデロワ2016 (10).jpg

フェーブが出てきてしまうのはよくあること。

むしろフェーブをうまく隠れたまま切れる方が凄い。

切った人がケーキにまたよく埋め込んで、形を整え、選んでもらえば大丈夫。

 

ガレットデロワ2016 (11).jpg

今回は陶器の時計でした。

冒頭では1つ入っていると書きましたが、最近では2個入ってることもあります。宗教系の伝統的なフェーブだったり、可愛いもの、芸術的なフェーブだったりいろいろ。我が家のキッチンの電気の横には、2013年のラパンクレタン 、2014年のキティーちゃん、2015年のモンスターズインク、そして今年の腕時計が並んでいます。



(1月お題"縁起物")


リヨン特派員ホームページ


にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2016年1月 5日
« 前の記事「【ロワール地方】Puy-du-Fou(ピュイ・デュ・フー)の2016年 料金・アクセス情報」へ
»次の記事「じゃが芋グラタン「タルティフレット」に再挑戦」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    世界最大級の外食産業向け展示会『シラ国際外食産業見本市』
    3ツ星レストラン「ポール・ボキューズ」に行ってきた
    リヨンのガレット・デ・ロワ・ランキング6位の『デリス・デ・サン』
    【イベント】世界で最も長~いリヨン名物『ソシソン・ブリオッシェ』
    【仏・新幹線TGV】リヨンから行ける地方料金順
    空港・パールデュー駅からシテ・アンテルナショナルのホテルまで
    リヨンシティカードが利用可能な「劇場」一覧
    リヨンシティカード「美術館・博物館22ヶ所 + 特別展示会無料」
    リヨンの年中行事・祝祭日カレンダー2015

    フランス ツアー最安値


    2017/8/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集