海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 三つ星シェフも使ってる!オリーブオイル専門店「ユイ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年3月20日

三つ星シェフも使ってる!オリーブオイル専門店「ユイルリー・リシャール」


メール プリント もっと見る

三つ星シェフも使ってる!オリーブオイル専門店「ユイルリー・リシャール」

リヨン4区、クロワルースの丘にあるオリーブオイル専門店 Huilerie Richard(ユイルリー・リシャール)の見学会に行ってきました。

ユイルリー・リシャール (1).JPG

案内してくださったオーナのパトリック・リシャールさん

シャッター押したタイミングが悪くて難しい表情ですが、実際はニッコリと温かスマイルで迎えてくださった優しい方です。



ニヨンス村のタンシュ種

ユイルリー・リシャールの工場は、フランスのオリーブの名産地、ドローム県のニヨンス村(Nyons)にあります。

販売店はローヌアルプ圏に6店舗、リヨンは4区クロワルースと2区ベルクールにあります。

ニヨンス村特産のオリーブが タンシュ種。完熟したタンシュ種は「黒い真珠」と呼ばれています。

黒オリーブの塩漬けは、おつまみに食べます。

ユイルリー・リシャール (2).jpg

オリーブオイルの試食

パトリックさんがみんなのスプーンにオリーブオイルを配って、全部で7種類のオリーブオイルを試食しました。何味かは秘密で、味を食べ比べた後に1つずつ説明してくれます。

気に入ったオイルを含めて、リシャールの商品を大きく分けてご紹介します。



|フランス産のオリーブオイル


ユイルリー・リシャール (3).jpg

一番最初に試食したのが、こちらのフランス産のオリーブオイル。

緑がビオのオリーブオイル、青がプロヴァンスAOC、黄色がヴァレ・ド・ボー・ド・プロヴァンスAOP。

AOCとAOPって?

日本語では「原産地統制呼称」といわれる、フランスの食品によく見るマーク。

どちらも伝統的な製法で作られた高品質の証ですが、2つの違いを簡単に言うと、

AOCは、フランスの制度

AOPは、EU共通の制度。

オリーブオイルAOP

・Aix-en-Provence (エクサンプロヴァンス)

・Corse (コルシカ)

・Haute-Provence (オートプロヴァンス)

・la vallée des Baux-de-Provence (ヴァレーデボードプロヴァンス)

・Nice (ニース)

・Nîmes (ニーム)

・Nyons (ニヨン)

・Provence (プロヴァンス)



|リシャールのオリーブオイル


N°3、N°4、BIO、ノンフィルタータイプの4種類。

三ッ星シェフも使ってるオリーブオイル『N°3』

フランス南東部ヴァランスにある三ッ星レストラン『ラ・メゾン・ピック(La maison Pic)』も使ってるそうです。店内には、オーナーシェフのアンヌ・ソフィ・ピック氏が手掛けたソースやオリジナルオリーブも置いてあります。

ユイルリー・リシャール (5).jpg

ラベルに"3"の印が付いてるから見つけやすい。

N°4

ユイルリー・リシャール (9).jpg

N°3とN°4の違いは、

N°3... まろやかな口当たり、フルーツの強い風味

N°4... とてもフルーティー、軽い苦み

BIOオリーブオイル

ユイルリー・リシャール (10).jpg

こちらはヨーロッパのオリーブの実を使っています。

フランス産のオリーブオイル15.50€(500ml)に対して、7.50€とリーズナブル。

ノンフィルタータイプ

ノンフィルタータイプは、絞ったオリーブオイルをタンクに入れて自然にオリーブのニゴリが沈殿するのを2~3カ月かけて待つためすぐに出荷はできません。年が明けて1月~3月に市場に出てきます。

フィルターをかけたもの... 長期保存ができるけど、旨みが少ない。

ノンフィルターのもの... 長期保存ができないけど、旨みが強い。

ユイルリー・リシャール (13).jpg

ノンフィルタータイプには、番号じゃなくてNON FILTEEと書かれた緑のマークが右上についてます。

瓶の形がみんな同じなので、ラベルで判断するかお店の人に聞いてみてください。



|フレーバーオイル


フレーバーオイルとは、オイルにハーブやスパイス類を漬け込んで風味を移したもの。

バジル、ニンニク、レモン、タイム&ローズマリーがあります。

ユイルリー・リシャール (7).jpg



ヘーゼルナッツのオイルが美味しい!「植物オイルコーナー」


ひまわり油、菜種油、クルミ油、ヘーゼルナッツ油、フランスはほんとにいろんな種類が置いてあるんですね。

なかでも特に印象に残ったのが、ヘーゼルナッツのオイル。試食の最後に出ててきて、食べた瞬間アジア料理を思い浮かんだ。

ごま油より軽い感じで、韓国料理に出てきそうな香りと味だな~と思いました。

ユイルリー・リシャール (6).jpg

クルミのオイルとデザインが似ているので、買う時は間違えないように。

クルミは、4.08€/25cl(250ml)。

ヘーゼルナッツは、6.41€/25cl(250ml)。

ヘーゼルナッツの方は、なかなか高級品のようですね。



|南仏の商品その他いろいろ

リヨンはローヌアルプ地方。ニヨンス村は、プロヴァンス地方とローヌアルプ地方の境に位置していて、ぎりぎりローヌアルプ地方のエリアにある。

そんな関係もあってか、オリーブペースト、オリーブ入りビスケットなど、ほかにもプロヴァンスの商品が並んでいます。

ユイルリー・リシャール (8).jpg

こちらはマルセイユ石鹸

オーナーのパトリックさんによると、昔(オーナーのおばあちゃんの世代)はこれで歯を磨いてたらしい。

それから、スライスした石鹸を布団に入れて寝ると筋肉痛によく効くのだそうです。意外な使い方を知りました。




|本日のお土産


ユイルリー・リシャール.jpg

菓子パンSaint - Genix(サン=ジュニ)とオリーブの実を買いました。

オリーブオイルは最近大瓶を買ったばかりだったので、また今度。


サンジュニ

サヴォワ地方の小さな町 サン=ジュニ=シュル=ギエ(Saint-Genix-Sur-Guiers)の名物。プラリーヌがたっぷり練り込んであるふんわりブリオッシュパンで、リヨン名物ピンクのプラリーヌパンの元祖だそうです。

ちょうどバーゲンだったので、女性人は2個買ってました。美味しいもんね。


グリーンオリーブ「ピコリーヌ」

タンシュ種も美味しかったけど、完熟してないグリーンオリーブが好きなので Picholine(ピコリヌ)というのにしました。丸じゃなくて細長い実です。美味しくて1ヶ月でぱくぱくたいらげてしまいました。


オリーブオイルをまた買いに行ったベルクール店に続く...



◆オリーブオイル専門店◆

Huilerie Richard(ユイルリー・リシャール)

住所:

7 Place Bellecour (Rue Colonel Chambonnet) 69002 LYON(2区 ベルクール店

10 Boulevard de la Croix Rousse 69001 LYON(1区クロワルース店)

WEB: http://www.huilerie-richard.com/



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年3月20日
« 前の記事「リヨンのあっさり系ラーメンの美味しいお店『慈山(じざん)』Djizan」へ
»次の記事「【3月のイベント】リヨンの国際見本市「フワール・ド・リヨン2017」」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンのショッピングスポットまとめ
    伝統的なブション認定マーク「オータンティック・ブション・リヨネ」
    リヨン・セレスタン劇場
    リヨンの金色の「ローヌ県文書館」を見学しました
    ディジョン土産は、マスタード専門店「マイユ」へ
    【リヨンから旅】フクロウとマスタードの町「ディジョン」に行ってきた
    リヨンからディジョンへ 格安バスで7ユーロ!
    【スーパーの食品】豚の骨付きすね肉「ジャレ」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランスの子供に人気の駄菓子
    リヨンでお花見&3色だんご「ジェルラン公園の桜2015」
    3月29日(日)から夏時間、日本との時差は7時間です
    リヨン、バックパッカーの旅2日目 ~ギニョル劇場へ~
    リヨンのバックパッカーの旅 1日目
    【リヨン名物】リヨン風ソーセージ「Saucisson lyonnais」
    ソーヌ川の水上バス「ヴァポレット」3月14日(土)運行開始!
    テットドール公園の動物園に、キリンの赤ちゃん誕生「名前はYanci(やんしー)」
    リヨンのおすすめ宿泊エリア
    リヨンの夜は、ロマンチックなディナークルーズ
    ローヌ河のディナークルーズ「Lyon City Boat」
    男性に人気!?可愛いココット鍋のファストフード店「ルシアン&ココット」
    テットドール公園の植物園「ジャルダン・ボタニック」
    リヨン観光に便利な「リヨンシティカード」内容・買い方・使い方
    【3月のテットドール公園】草木が芽吹く、春の訪れ植物園「Jardin botanique」
    【穴場観光スポット】クロワルースのイルミネーショントンネル「チューブ・モード・ドゥ」
    毎年3月8日は「国際女性デー」
    学生のお財布に優しいランチ、おしゃれな餃子屋さんへ再び「Beijing8 北京八」No.2
    【フランス秋・冬の味】Mont d'Or(モンドール)をリヨン名物で食べる
    リヨンにもほしい!パリにあるスロットで買物割引券が当たる「空き缶・ペットボトル回収機」

    フランス ツアー最安値


    2017/9/23更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      新潟県出身、2013年よりリヨン在住。フランス第二の都市「歴史と美食の街」リヨンの暮らしや観光スポット、郷土料理、オーヴェルニュ・ローヌアルプ地方の観光情報をお届けします。ブログ記事やリヨン観光に関するご質問など、facebookのメッセージからお気軽にお問い合わせください。リヨン情報をまとめたホームページLYONTABIもご覧ください。 DISQUS ID @disqus_1L9sEr2oLv

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集