海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【ブション】焼き立ての自家製ソシソン・ブリオッシェ...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月29日

【ブション】焼き立ての自家製ソシソン・ブリオッシェが食べられる「ル・サトネ」 -リヨン1区


メール プリント もっと見る

【ブション】焼き立ての自家製ソシソン・ブリオッシェが食べられる「ル・サトネ」 -リヨン1区

リヨン1区、サトネ広場にあるご夫婦で営むブション。

愛嬌のある豚のペイントと、ショーウィンドーにはコルクと豚がいっぱい並んでるお店です。

グルメ_ブション_サトネ_130815.jpg ブション_サトネ_ショーウィンドーの豚.jpg

平日の営業はディナーだけで、土日のみランチ営業しています。

観光客にはパッと見つけられないやや隠れた場所にあるので、地図で場所をよく確かめてから行った方がいいです。


メニュー26ユーロ

グルメ_ブション_サトネ_160925 (1).JPG

前菜10€、メイン16€、デザート6€、メニュー(前菜・メイン・デザート)26€。

前菜とメインそれぞれ7種類くらいから選べます。

ブションの定番料理は、前菜に リヨン風サラダ(Salade Lyonnaise)、ソシソン・ブリオッシェ(Saucisson brioché)、メインに タブリエ・ド・サプール(Tablier de sapeur)、カワカマスのクネル(Qunelle de brochet)、リヨン風アンドゥイエット(Andouillette Lyonnaise)、鶏のレバーケーキ(Gâteau de foies de volaille)があります。


予約して行こう

日曜日のお昼に、当日予約して行ってきました。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (3).JPG

ご夫婦ふたりだけで切り盛りしていて、リヨン人のおばあさんからレシピを学んだ奥さんが台所で調理して、旦那さんが料理を運んでサービスしています。

大きなテーブルとテラス席がいくつか空いてましたが、新規で訪れたお客さんは「予約でいっぱい」と断っていました。空いてる席にどんどん入れて、料理をすごく待たせるお店よりずっといいです。おかげで、落ちつた雰囲気で会話をたのしみながら食事できました。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (2).JPG

ブションらしい木材のテーブルやいす、壁には鍋やポスターがたくさん飾られて、棚にも小さな豚の置物が並んで古典的な雰囲気。


ブションのおつまみ「グラトン」

席に着いたときや、アペリティフに添えて自動的に運ばれてくるから揚げ風の「グラトン 」。サクッとしっとり、ワインによく合う塩味のきいたおつまみです。

ワインのカラフェは、ブション独特の厚底瓶に入れてサービスされます。サイズごとに、25clはフィエット(fillette)、46clはポ(pot)という名前がついています。

ワインは苦手だけどカクテルは飲めるという方は、ブションのアペリティフの定番、カシスリキュール入りの赤ワイン『コミュナール』が甘くて飲みやすておすすめです。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (4).JPG

グラトン(Grattons)


ル・サトネで食べたい、焼き立ての手作り「ソシソン・ブリオッシェ」

ブリオッシュ生地に、リヨン名物のソシソン(太く肉厚のソーセージ)を包み込んだ料理で、サラダを添えて前菜に食べます。レストランでよく見るのは、スライスしたミニ食パンサイズですが、ル・サトネでは1人分ずつの丸いポーションで焼き立てが運ばれてきます。手作りのブリオッシュ生地は、ふんわりしっとり。ナイフとフォークで食べましたが、手に持ってぱくっと食べたい形とやわらかさでした。甘みがあるブリオッシュ生地なので、おやつパンにしたい味です。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (6).JPG グルメ_ブション_サトネ_160925 (7).JPG

ソシソン・ブリオッシェ(Saucisson brioché)

友人は鶏レバーのテリーヌをいただいてました。
庶民的な食堂であるブションのテリーヌやパテは、1カット3cmくらいあって分厚いです。ハンバーグよりずっしりしてるので、前菜として食べるには2~3人で分けると日本人的にちょうどいい量。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (8).JPG

自家製の鶏レバーのテリーヌ(Terrine aux foies de volaille)


ル・サトネのスペシャリテは「タブリエ・ド・サプール」

リヨンの名物料理で、牛の胃袋(ハチノス)のカツレツです。工兵(サプール)の皮製エプロン(タブリエ)に似ていることから、この名がついたそうです。 サクサクの衣に、中はぷるんとごにゅごにゅした触感。グリビッシュソース(sauce gribice)というハーブの入ったタルタルソースをのせて食べます。クセはあまりないですが、ホルモン好きな方におすすめです。

ホルモン好きの友人は、腸詰ソーセージ「アンドゥイエット」を注文。マスタードソースがかかって、ジャガイモグラタンが添えられています。ブションの添え物のジャガイモグラタンは、シンプルですがメインにして食べたいくらいおいしいです。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (11).JPG

リヨン風アンドゥイエット(Andouillette Lyonnaise)

クネルはラングスティーヌ(手長海老)ソースでした。クネルは"クリーミーなはんぺん"のようなシンプルな味なので、ソースの味がけっこう重要。2区にあるブションLe Poêlon d'Or(ポワロン・ドール)のエクルビス(ザリガニ)ソースは濃厚すぎて苦手でしたが、ここのは程よくクリーミーでおいしかったです。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (10).JPG

カワカマスのクネル(Qunelle de brochet)

ほかに豚の血ソーセージ「ブーダン」、エシャロットソースの牛ステーキ「バヴェット」がありました。ブションであまりみない一風変わったのが食べたくて、フルムダンベールチーズのラヴィオリグラタンにしました。注文してから思い出しましたが、青かびチーズです。グラタンは青かびチーズをじんわり感じる程度で、強すぎず食べやすかったです。お皿の底にあったチーズの塊は残しました。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (9).JPG

フルムダンベールチーズのラヴィオリグラタン(Gratin de ravioles à la fourme d'Ambert)


メニューについてくるデザートは、フォンダンショコラ、カシスシャーベットを選びました。ブリオッシュ半分とグラタン一皿食べて満腹です。何度行っても慣れなブションの料理のボリューム。

グルメ_ブション_サトネ_160925 (12).JPG

プラリーヌタルト(Tarte aux pralines)

レジカウンター前のテーブルには、卵の紙パックを台にして、手作りのプラリーヌタルトが冷ましてありました。

ブションの定番デザートでもある、リヨン名物アーモンド入りの赤い砂糖菓子「プラリーヌ」を使ったタルトです。どろんと甘いので好みが分かれますが、デザートに迷ったときはこちらを食べてみてください。



食事のあとは、クロワルースの散歩へ

サトネ広場から見える、2つのライオンの像に挟まれた階段を上がると、3ガリアの円形闘技場に着きます。柵が閉まっているので中には入れませんが、入り口の右側にある細い階段を上まで登ると闘技場が見渡せて、背景にはリヨンの家々とフルヴィエールの丘が見えるおすすめの展望スポットです。階段上がってから右へ通りを歩くと、かわいい坂道グランド・コット坂に出ます。道なりにまっすぐ上っていくと、クロワルースの丘まで続いています。


≪ル・サトネ≫

Le Sathonay

住所 34, rue Sergent Blandan 69001 Lyon

営業時間 12h-14h(※土・日のみ)、19h-22h30(水~日)

定休日 月・火

http://www.lesbouchonslyonnais.org/restaurants/le-sathonay/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年9月29日
« 前の記事「ベルギーとフランスの味、メレンゲの可愛いお菓子「オ・メルヴェイユ・ド・フレッド」」へ
»次の記事「ポール・ボキューズのファーストフード店「ウェスト・エキスプレス」で、ハンバーガー買ってみた」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    テロー広場の「バルトルディの噴水」
    NHK連続テレビ小説「まれ」で、リヨンの名物菓子「クッサン・ド・リヨン」が登場!

    フランス ツアー最安値


    2017/8/18更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集