海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 毎週木・土・日曜日は「カナルの蚤の市」

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月23日

毎週木・土・日曜日は「カナルの蚤の市」


メール プリント もっと見る

毎週木・土・日曜日は「カナルの蚤の市」

リヨン郊外のヴィルールバンヌ市にある『カナルの蚤の市』に行ってきました。

毎週木曜日・土曜日・日曜日にやっていて、フランスで2番目に大きい蚤の市です。
リヨンっ子のあいだではよく知られていて、アンティークやブロカント(フリーマーケット)好きはよく通っている場所。

"カナル"はフランス語の「運河」という意味なので、『運河の蚤の市』って感じかな。

これをキーワードに検索すると河の近くにある蚤の市がいろいろヒットするので、ここでは「カナルの蚤の市」と呼ぶことにします。

カナルの蚤の市.png


行き方は、市内の地下鉄 Charpennes シャルペンヌ駅からバス7番に乗って15分、バス停 Le Roulet (ル・ルレ)で降りて、そこから歩いて10分。マップの右下、赤い四角のTCLマークがバス停です。


車のない旅行者には、アクセス難易度が少し高めです。事前に行き帰りのバス時間をチェックして、バス停から蚤の市の入口までの道順をGoogleマップでよく確認しておくをおすすめします。あまり目立った建物がないので、道に迷いやすい人は所在地をメモしてGPSを使っていくといいです。


今回は友人と車に乗って行ってきました。


Le Hangar(倉庫)

Les puces」の看板でいちばん目立ってる、入口入って左の建物(マップの黄色エリア)。
建物の中は、骨董品、アンティーク家具を中心に並んでました。

カナルの蚤の市.JPG

カナルの蚤の市16112057.JPG



フリーマーケット・ルイ市場

La halle Louis la brocante

専門分野に分かれたフリーマーケット(マップのオレンジのエリア)。屋根付きの建物です。

カナルの蚤の市16112003.JPG

カナルの蚤の市16112007.JPG

カナルの蚤の市16112015.JPG


それぞれのお店の奥は、シャッターが開いてて外に出れるようになってます。
この日は強風だったので、布屋さんの商品が風に飛ばされて大変そうでした。

カナルの蚤の市16112033.JPG

シャッター側はこんな感じ。
ホールから店内を通って外のシャッター側に出て、今度は隣のお店に入ってまたホールに戻るといった感じで、出たり入ったりしながら歩いてまわりました。

お店の様子をいくつかご紹介します。

カナルの蚤の市16112020.JPG

カナルの蚤の市16112019.JPG カナルの蚤の市16112021.JPG カナルの蚤の市16112018.JPG カナルの蚤の市16112014.JPG カナルの蚤の市16112011.JPG カナルの蚤の市16112022.JPG カナルの蚤の市16112030.JPG カナルの蚤の市16112029.JPG カナルの蚤の市16112005.JPG カナルの蚤の市16112012.JPG

ドアノブとか、ねじとか、なにかの部品、アンティーク本、食器、レトロカメラ、アンティーク家具、レトロな家具などなど。かわいかった動物模型たちは、お店屋さんとかが買っていくのかな。



倉庫とルイ市場の間には、野外のフリーマーケットが並んでいます。(マップの緑や赤のエリア)

カナルの蚤の市16112031.JPG


屋内との一番大きな違いは、とにかく何でも売ってて本当の宝物探し状態。

初めてブロカント(フリーマーケット)に来たので、いろいろ驚きでした。探し方や買い方とか交渉の仕方とかよく知ってる人と来たらきっと楽しいんだろうな。



学校とコンテナの村

Le Village des containers et l'école

現代的なブティックで、装飾品や家具を販売してます(マップの紫のエリア)。

カナルの蚤の市16112049.JPG

コンテナ村

お店の名前と連絡先の一覧はこちら

カナルの蚤の市16112038.JPG カナルの蚤の市16112040.JPG


レコード店でクイーン (Queen) の日本版レコードを発見。25ユーロで販売されていました。どうやって日本からフランスのリヨンの蚤の市にやってきたのか気になるところです。

カナルの蚤の市16112048.JPG

学校村

お店の名前と連絡先の一覧はこちら


行くなら、日曜日の朝早いうちがいい

地元っ子によると「行くなら日曜の朝早いうちがいい」とのことです。7時から始まるので、早起きしてメトロとバスを乗り継いで行きます。じっくり品定めして、お昼は近くにあるカフェ でランチできます。

木曜日と土曜日は、BUS 37番で6時半頃にシャルペンヌを出発して、7時頃にカナルに到着するバスが10分に1本はありました。でも日曜日はこのバス運休なので、バス7番になります。一番早いので8時半に出発して、9時に到着します。車かタクシーがあるといいですね。夏なら貸出自転車velo'v(ヴェローヴ)で行くという手もあります。...朝からハードですが。

カナルの蚤の市16112047.JPG

こちらのブログで蚤の市の雰囲気についてとても詳しく紹介されています。

リヨン散歩  

銀色アンティーク





【 カナルの蚤の市 】

Les Puces du Canal

レ・ピュス・デュ・カナル

所在地 3 Rue Eugène Pottier, 69100 Villeurbanne

営業時間 7h-12h() 8h-12h()  7h-15h()

アクセス Bus 7番 または Bus 37番で Le Roulet(ル・ルレ)下車。 ※Bus 37番は、日曜日は運休です。

サイト http://www.pucesducanal.com/

≪バス停から蚤の市の入口までの道順≫

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2016年11月23日
« 前の記事「秋は焼き栗屋台の「マロン・ショ」」へ
»次の記事「リヨンの見所」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    パリ同時多発テロから1週間、フランス第二の都市リヨンの様子
    リヨン郷土料理店「ブション」の楽しみ方ガイド
    フランス家庭のご飯料理といえば「米サラダ」と「甘いミルクライス」

    フランス ツアー最安値


    2017/8/19更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集