海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【リヨン光の祭典2016】昼の観光スケジュール

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月14日

【リヨン光の祭典2016】昼の観光スケジュール


メール プリント もっと見る

【リヨン光の祭典2016】昼の観光スケジュール

2016-12-08 021.JPG

12月8日(木)晴れ+スモッグ 気温10/-2

今日はツアーで旅行に来られたご夫婦と一緒に、自由時間を使ったリヨン観光です。

今週晴れたいい天気が続いているリヨンですが、大気汚染がひどくて、あたりの景色はまるで霧がかかったように霞んでいます。

パリのエッフェルタワー同様、リヨンのメタリックタワーとフルヴィエールの丘もこの通り真っ白です。



半日観光スケジュール


13
:00 待ち合わせ

ベルクール広場のすぐ近くのレストラン街「マロニエ通り」。ブションと呼ばれるリヨン郷土料理が食べられるビストロ「Le bouchon des Carnivores」前で待ち合わせです。ここは3年前にバックパッカーの学生さん と行ったお店。牛肉をスペシャリテとしたレストランで、店内はウシがいっぱい飾られてます。今日は平日ですが、お昼時に光の祭典の観光客がプラスされて人通りが多いです。ご夫婦と無事合流して、まずは歩いて旧市街へ。

2016-12-08 004.JPG



13:15 旧市街

サンジャン大聖堂で14世紀につくられた天文大時計を見て、ミニチュア映画博物館、トラブール巡り。ミニチュア映画博物館はエントランスの展示が無料で見学できます。旧市街に行ったときは、ぜひのぞいてみてください。

2016-12-08 008.JPG

ハリーポッターが使ってたあの杖が!有名映画の小道具から舞台道具までが見れる 「ミニチュア映画博物館」



13:40 ギニョル博物館

リヨン歴史博物館とギニョル博物館がひとつになった「ガダーニュ博物館」へ。写真は近くにあったレストランの飾りのギニョール人形。チケットは、博物館1つ(6ユーロ)、2つ(9ユーロ)から選べます。博物館中にあるカフェは、旧市街観光のおススメの休憩スポットです。テラス席は緑いっぱいで癒されます。カフェの利用は入場料いらないので、歩き疲れたときはぜひ寄ってみてください。

2016-12-08 013.JPG




14:30 ソーヌ川

次はソーヌ川沿いをあるいて、リヨン名物のだまし絵巡り。旧市街のサンポール駅からソーヌ川に出ると、左に赤い橋が見えます。その橋を渡った先、黄色い建物の裏がだまし絵になっています。(写真左側)

2016-12-08 015.JPG




15:20 だまし絵

「リヨン人のフレスコ画」、「都市図書館」。川沿いにあるこの2つのだまし絵は、リヨン観光で訪れておきたいスポット。こちらはリヨンの歴史人物と現代の有名人が描かれただまし絵。人物リスト をみながら知ってる人物を探してみてください。

2016-12-08 016.JPG


途中で今夜の光の祭典のモニュメントを発見。人の顔が映し出される「FACE」という作品。

2016-12-08 019.JPG

⇒どんな感じになるかは、【リヨン光の祭典2016】②1日目「1区テロー広場」をご覧ください。



リヨン定番土産を買うなら「ヴォワザン」へ

市庁舎のそばにあったショコラティエVoisin(ヴォワザン)で、リヨンを代表するお土産「クッサン ド リヨン」を購入。あの不思議なエメラルドグリーンはいったいどんな味がするのか3人で1粒試食。ミントっぽいさわやかなマジパンに、チョコレートペーストがくるまれています。ホロリと崩れ、コーヒーのおともに合う甘さです。ちょっとしたお土産になるミニサイズの3粒入り(3.30€)から、きちんとしたお土産のクッション型化粧箱入り(27€~)までサイズはいろいろいろ。ヴォワザンは市内にたくさん店舗があるので、散策中に見つけたら寄り道してみてください。

20131203_172057voisin.jpg

リヨン土産といえば銘菓「クッサン・ド・リヨン」




15:40 クロワルースのだまし絵

リヨン市庁舎を通って、オペラ座前から地下鉄に乗ってクロワルースの丘へ。地下鉄C線エノン駅(Hénon)で降りると、通りの先に大きなだまし絵が見えます。リヨンで一番見ごたえのある1枚なので、時間があればぜひ訪れてみてほしいスポットです。ここでのもう一つの楽しみ方が、だまし絵の中に入った写真を撮ること。今回は、階段に足をかけて上る様子を撮影。まるで本当に足をのせているように上手に撮れました。

2016-12-08 027だまし絵.JPG



15:55 メゾン・デ・カニュ(Maison des Canuts)

だまし絵から徒歩8分の路地にある、絹織物の博物館とブティックです。

一昨年訪れたときは入場無料だったのですが、中が少し変わったようで入場料2ユーロになってました。絹のスカーフをお土産にしたい方は、足を運んでみてください。繭玉付きの可愛い包装をしてくれるので、贈り物にもぴったりです。

シルク (9).JPG 2016-12-08 029シルク.JPG



16:30 グランドコート庭園の見晴台

隣町の工場でガソリン火災発生中(写真左)。この日帰ってテレビを見たら、ニュースになってました。

2016-12-08 050.JPG

坂を下って、オペラ座前からバスC3に乗って中央市場へ行きます。



18:05 リヨン中央市場 ポールボキューズ

市場っぽくない、ガラス張りのおしゃれ外観。下りるバス停「Halles Paul Bocuse」は市場のすぐ近です。

2016-12-08 054.JPG 2016-12-08 055.JPG


シャルキュトリーの軒先には、サラミに似た乾燥ソーセージのリヨン名物「ソシソン」がたくさんぶら下がっています。太くて肉厚なのは「リヨン風ソーセージ」。クリスマス時期はトリュフ入りがよく売れるそうです。予定していた観光スポットを巡り終えて、市場内のバーで、ビールで乾杯しました。

市場からトラムT1に乗って、ペラーシュ駅へ。


18:50 ペラーシュ駅「クリスマスマーケット」

2016-12-08 058クリスマス.JPG

到着して間も無く、アナウンスが流れ「あと10分で閉まりまーす!」。

今来たばっかりなのに~!通常は深夜0時までですが、こちらも光の祭典中のセキュリティーのため早めに店じまいすることになったようです。

2016-12-08 060.JPG


急いで屋台で夕食を買う。

ゆでたジャガイモにたっぷりチーズを混ぜてできる、オーヴェルニュ地方のチーズ料理「アリゴ」のトリュフ入り。お鍋からしゃもじですくいあげる瞬間、トルコアイスみたいにのびーるのびる、むっちりとろ~んとした食感です。

2016-12-08 061.JPG

トッピングにハムをのせてもらいました。(小サイズ 6€)

ハムとの愛称バッチリです。高級食材のトリュフが気軽に味わえます。ずっしりお腹にたまるので、散策前のエネルギーチャージにぴったりの屋台グルメです。

徒歩 15分



20
:00 待ち合わせ

ツアーで光の祭典を見学があるので、集合場所の大観覧車前で観光終了。

この後は私も個人で光の祭典をめぐります。1日目は半島1区と2区のプレスキルエリア。

2016-12-05 027.JPG

【リヨン光の祭典2016】①1日目「2区プレスキルエリア」につづく...

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年12月14日
« 前の記事「リヨンの日本食材・アジア食品が買えるお店」へ
»次の記事「【リヨン光の祭典2016】①1日目「2区プレスキルエリア」」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨン6区のおもしろ巨大像アート
    フランス・リヨンの治安について
    12月はクリスマスツリーと「クレッシュ・ド・ノエル」を飾る
    【リヨンのクリスマス】フルヴィエール大聖堂で、東南アジアの「クレッシュ・ド・ノエル」コレクション
    フランスの作った納豆料理「」
    パリ同時テロの犠牲者を追悼、リヨンの窓辺に「リュミニヨン」を灯す
    リヨン図書館「図書カードの作り方、かりる・返す」
    リヨン市図書館カードで、美術館6ヶ所がフリーパスになる!

    フランス ツアー最安値


    2017/8/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集