海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > 【オススメ観光スポット】25枚の巨大壁画の集合住宅...

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月11日

【オススメ観光スポット】25枚の巨大壁画の集合住宅「トニー・ガルニエ都市博物館」


メール プリント もっと見る

【オススメ観光スポット】25枚の巨大壁画の集合住宅「トニー・ガルニエ都市博物館」

だまし絵_トニーガルニエ都市博物館_広告.JPG

中心地の観光エリアから少し離れた、リヨン8区にある「トニー・ガルニエ都市博物館」。

リヨン生まれの建築家トニー・ガルニエが設計したアパート群に、25枚の壁画が描かれた野外博物館です。

1925年~1935年に集合住居として建てられ、1988年の中の修復工事と合わせて、ガルニエの創造した工業都市と、アーティストによる6か国の理想都市の壁画が描かれました。予約をすれば、1993年代の雰囲気を残すアパート内部も見学できます。


2017年3月から改装工事が行われる予定で、現在の壁画も塗り替えられるそうです。

ここでは2016年現在の壁画をご紹介します。



まずは、パールデューからトラムT4に乗って、ジェ ド駅下車

トラムT4_Jet d'eau-Mendes France.JPG

パールデュー駅からトラムT4「 オピタル・フェイザン・ヴェニスュー」行きに乗って、ジェ・ド=モンデス・フォンス駅で降ります。


トラムT4

La Doua Gaston Berger ~ Hôpital Feyzin Vénissieux

ラ・ドゥア・ガストン・ベルジェ ⇔ オピタル・フェイザン・ヴェニスュー



玄関口:「バベルの塔」と「上海のフレスコ画」

リヨンのアーティスト集団「シテ・ド・ラ・クレアション」によって、2006年に追加された新しい4枚の壁画です。

トニーガルニエ都市博物館の玄関口ともいえる場所で、トラム駅からも見える見通しの良い交差点に、3つの『バベルの塔』の壁画があります。


◆3つのバベルの塔(boulevard des Etats-Unis)

だまし絵_トニーガルニエ都市博物館_バベルの塔.JPGのサムネイル画像

右:16世紀のブラバント公国(現在のオランダ)の画家、ピーテル・ブリューゲルの絵画作品「バベルの塔」

左:フランスのバンド・デシネ作家(漫画家)、ニコラ・ド・クレシー(Nicolas de Crécy)によるバベルの塔。

真ん中:建築事務所による、3Dのバベルの塔。


◆上海のフレスコ画(rue Villon)

だまし絵_トニーガルニエ都市博物館_上海.JPG

バベルの塔の壁画から少し歩いたところに、4つ目の赤い「上海のフレスコ画」があります。

中国の芸術家の16作品の中から、住民が選んだ一枚だそうです。




トニー・ガルニエ都市博物館

トニーガルニエ都市博物館-入口.JPG


上海のフレスコ画から、トラムの線路に続いて大通りをまっすぐ歩いて、分で到着。

右側にアパート群と、壁に描かれた「MUSEE URBAIN TONY GARNIER」の文字と人物画が見えます。

この2つの建物の間、写真のちょうど赤い自転車置き場あたりがスタートです。


トニーガルニエ都市博物館_壁画.JPG

ケベックの理想都市 « La cité idéale de Québec » 2008年

自転車置き場に立って後ろを振り返ると、こんなファンタジックな壁画がまず一枚。



25枚の壁画の歩き方

トニーガルニエ都市博物館マップ.jpg

0~2の博物館の説明が書かれた壁画、その間にあるインフォメーション(14h-18h月曜祝日休み)を通って、3~14の工業都市の壁画、15~18のリヨンにあるトニーガルニエの建築物の壁画、19~24の国際理想都市の壁画の順に、迷路のようにみて歩きます。

トニーガルニエ都市博物館_アパート群の道.JPGのサムネイル画像

アパートとアパートの間は、1988年の改装工事で整備されました。

言った時間が遅かったので、時々近所に住む子供たちとすれ違ったりするくらいで、夕方の人通りは少なかったです。

トニーガルニエ都市博物館_案内看板.JPG

各アパートの一面に、説明書きと番号が振ってあります。



◆ 0~2 博物館の説明

0 説明書き - Chez Tony Garnier

トニーガルニエ都市博物館_説明書き.JPG




1 博物館の広告 Annonce du Musée

トニーガルニエ都市博物館_No1.JPG




2 夢想家トニーガルニエ « Tony Garnier, le visionnaire »

トニーガルニエ都市博物館_No.2_夢想家トニーガルニエ.JPG




◆ 3~14の工業都市の壁画



3 1900年 « Les Années 1900 »

トニーガルニエ都市博物館_1990年.JPG




4 産業都市 « La cité industrielle »

トニーガルニエ都市博物館_No.4産業都市.JPG




5 公共サービス « Les services publics »

トニーガルニエ都市博物館_公共サービス.JPG




6 駅 « La gare »

トニーガルニエ都市博物館_駅.JPG




7 一般住宅 « Habitations en commun » 

トニーガルニエ都市博物館_一般的な住宅.JPG




8 個人住居 « Habitations individuelles »

トニー・ガルニエ都市博物館_個々の住居.JPG




9 一般住宅 « Habitations en commun »

トニーガルニエ都市博物館_一般住宅.JPG




10 学校 « L'école primaire »

トニーガルニエ都市博物館_学校.JPG




11 時計塔 « La tour d'horloge »

トニー・ガルニエ都市博物館_時計塔.JPG




12 医療機関 « Les établissements sanitaires »

トニーガルニエ都市博物館_医療機関.JPG




13 工場の眺め « Vue des usines »

トニーガルニエ都市博物館_工場の眺め.JPG




14 製鉄所 « Les hauts fourneaux »

トニーガルニエ都市博物館_製鉄所 (2).JPG




◆ 15~18 リヨンにあるトニーガルニエの建築物

15 ジェルランスタジアム Le stade de Gerland

16 グランジュ・ブランシュ病院 Hôpital de Grange-Blanche

17 トニーガルニエホール Halle Tony-Garnier / Abattoirs de la Mouche

18 エタジュニ地区 Le quartier des Etats-Unis

◆ 19~24の国際理想都市

19 : エジプトの理想都市 Cité idéale d'Egypte

20 : インドの理想都市 Cité idéale de l'Inde

21 : メキシコの理想都市 Cité idéale du Mexique

22 : 西アフリカ・コートジボワールの理想都市 Cité idéale de la Côte d'Ivoire

23 : ロシアの理想都市 Cité idéale de la Russie

24 : アメリカの理想都市 Cité idéale des USA




帰りのトラムT4「Etats-Unis - Musée Tony Garnier駅」

トラムT4_Etats-Unis - Musée Tony Garnier (2).JPG


帰りはパールデュー駅行きのトラムT4に乗ります。駅名の下に、"行先" という意味のDirection(ディレクション)と駅名が書いてあります。写真と同じ「La Doua-G. Berger」が書かれているのがパールデュー方向なので、行先を確認してから乗りましょう。

トラムT4_Etats-Unis - Musée Tony Garnier.JPG


12月だったからなのか、いつもなのか、並木道の木々が、緑と青にライトアップしていました。

到着したのが16時半頃、写真を撮りながらのんびり歩いて、見学時間は2時間くらいでした。サクサク歩いても1時間はかかると思います。帰りのトラム乗り場は車の多い大通りですが、壁画の住宅街はあまり人通りがないので、夜は数人で行くことをお勧めします。




ガイド見学について

・1930年のアパート博物館見学 3€(20分)

 時間 16:30

 定休日 月土日

・25枚の壁画ガイド+アパート博物館見学 8€

 時間 土曜日の14:30

・オーディオガイド 5€(1h15 / 1h45)

 フランス語、英語、ドイツ語

 インフォメーションでレンタル可能。(場所:4 rue des Serpollières 69008 Lyon)

 ※フランス語版なら、次のサイト でダウンロードできます。


【 トニーガルニエ都市博物館 】

Musée urbain Tony Garnier

入場料 無料

所在地 4 rue des Serpollières 69008 Lyon

アクセス トラムT4「Jet d'eau - Mendès france」または「Etats-Unis - Musée Tony Garnier」下車

www.museeurbaintonygarnier.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年12月11日
« 前の記事「【リヨンの見所】だまし絵と壁絵」へ
»次の記事「留学生、長期滞在者向け「リヨン観光アイテム」」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    リヨン6区のおもしろ巨大像アート
    フランス・リヨンの治安について
    12月はクリスマスツリーと「クレッシュ・ド・ノエル」を飾る
    【リヨンのクリスマス】フルヴィエール大聖堂で、東南アジアの「クレッシュ・ド・ノエル」コレクション
    フランスの作った納豆料理「」
    パリ同時テロの犠牲者を追悼、リヨンの窓辺に「リュミニヨン」を灯す
    リヨン図書館「図書カードの作り方、かりる・返す」
    リヨン市図書館カードで、美術館6ヶ所がフリーパスになる!

    フランス ツアー最安値


    2017/8/20更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集