海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > リヨン特派員ブログ > フランス リヨンの冬の味!まとめ

フランス/リヨン特派員ブログ AKINO

フランス・リヨン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年1月 2日

フランス リヨンの冬の味!まとめ


メール プリント もっと見る

フランス リヨンの冬の味!まとめ

寒~い冬だからこそ美味しい!フランスの暖か料理、チーズ料理、屋台グルメ、12月~2月の季節行事グルメをご紹介します。



季節行事


◆ 12月のパピヨット(Papillote)

金銀のキラキラした包装紙にキャンディー風に包まれていて、切り込みの入った両端のひらひらが特徴。包み紙を開くと、アーモンドとヘーゼルナッツのプラリネチョコレートといっしょに、小説の一説が書かれた紙が包まれています。これを友人や同僚に配ったり、クリスマスの食事の後で、家族で開けて読んで楽しみます。毎年11月からスーパーで販売されるショコラティエ Révillon(レヴィヨン)のパピヨットは有名。リヨン周辺でしか販売してないので、リヨン土産にもぴったりです。

クリスマス限定土産!リヨン生まれのチョコレート「パピヨット」

パピヨット.JPG



◆ 1月のガレット デ ロワ(Galette des rois)

本来は1月6日のエピファニーに食べるようですが、1月いっぱいスーパーやブーランジェリーで販売され、家族や友人、同僚と何度かガレットデロワを食べる機会があります。

スーパー編/2014  【1月のお菓子】王様のお菓子 「ガレット・デ・ロワ Galette des Rois」

パティスリー編/2015 リヨンのガレット・デ・ロワランキングで今年6位の『デリス・デ・ソン』で購入☆

パン屋編/2016   新年1月、ヴァンデ県のパン屋で王様のお菓子「ガレット・デ・ロワ」を買う、食べる    

リヨンのガレット・デ・ロワランキング2015

2017-01-03 003.JPG



◆ 2月のクレープ(Crêpe)

キリスト誕生のクリスマスから40日後にあたる今日2月2日は、ろうそく祝別の日(Chandeleurシャンドラー)という聖母マリアの清める祝日。フランスでは、この日に家族や友人たちとクレープを食べる習慣があります。クレープを作るとき、左手に硬貨をにぎり、右手でクレープを高く上手にひっくり返すことができれば、その年は幸運に恵まれるそうです。

2月2日はクレープを食べる日「フランス家庭で作るクレープと小麦粉の話」

クレープ.JPG



◆ 2月のビューニュ(Bugne)

2月~3月に、マルシェやパン屋さんで販売される揚げドーナツBeignet(ベニエ)。日本のお雑煮のように、地域によって形や名前、レシピが違います。リヨンの揚げドーナツは「ビューニュ」と呼ばれ、ふっくら柔らかなタイプと平らでサクサクタイプの2種類があります。平たくてサクサクなビューニュは、リヨン菓子のひとつでもあって、中央市場や旧市街なら年中買うことができます。

【2月のお菓子】リヨン名物「ビューニュ」Bugne

ビューニュ1502172021.JPG



冬の屋台グルメ


◆ ヴァン ショ(Vin Chaud)

赤ワインに「シナモン」「オレンジピール」など数種類の香辛料を混ぜて、砂糖やシロップを加えて温めた、寒い冬にかかせないホットワイン。11月の終わり頃になると、ずんどう鍋を置いた屋台が立って、旧市街のカフェ前やクリスマスマルシェで販売されます。

【冬の味】ホットワイン「ヴァン・ショ vin chaud」

クリスマスマーケット_ヴァンショ.JPG



◆ テット オ ショコラ

クリスマスマーケットできっとみつける、コロンとした形が可愛いお菓子。メレンゲにクリームを塗って、チョコなどをまぶしてある、甘~い一品。2016年4月に専門店がリヨン2区コルドリエにオープンしました。クリスマスマーケットで見逃してしまったときは、ここで買えます。

【12月のお菓子】チョコあたまの激甘メレンゲ 「テット・ド・ネーグル」

ベルギーとフランスの味、メレンゲの可愛いお菓子「オ・メルヴェイユ・ド・フレッド」

tete de choco.JPG



チーズ料理


◆ タルティフレット(Tartiflette)

ジャガイモ、玉ねぎ、ラルドン(ベーコン)、タルティフレットチーズをのせたシンプルなじゃがいもグラタン。大きなグラタン皿にドカンと作ったり、鍋でも作れます。冬のイベント屋台の定番。

オートサヴォア地方の郷土料理、じゃが芋とチーズのグラタン「タルティフレット」を作ってみた

DSC04430.JPG



◆ モンドール(Mont d'Or)

ちょこっとワインを入れてオーブンで焼けば、アツアツとろ~り!生ハム、ジャガイモ、サラダを添えていただきます。そのままでも美味しいし、パンを浸してチーズフォンデュとしても楽しめます。

≪モンドールのサイズ≫

・2人分   350g(5~7€)

・3・4人分 500g(8~10€)

・5人分  700~800g(18€)

【フランス秋・冬の味】Mont d'Or(モンドール)をリヨン名物で食べる

DSC01631.JPG



◆ ラクレット(raclette)

フランス語で「削るもの」「引っかくもの」を意味するラクレット。半分に切ったチーズの断面を直火で温め、溶けたところをナイフなどで削いで、ジャガイモやシャルキュトリ(生ハムなど)に絡めて食べます。家庭では、薄くスライスしたラクレットチーズを買って、専用の機械で温めて食べます。友達とワイワイ食べられる、おすすめの簡単冬料理。

ラクレット150209.JPG



◆ サヴォワ風チーズフォンデュ(fondue savoyarde)

日本でも一般的な、フランス、スイスのアルプ地方のチーズ料理。サヴォワ風は「ボーフォール」「エメンタル」「コンテ」など2~3種類を使って、ワイン、キルシュ、コーンスターチを加えて作ります。日本では野菜などいろいろ浸して食べますが、本場フランス風は、一口大にカットしたパンオンリー!

3種類のチーズで、サヴォワ風チーズフォンデュを作ってみた

チーズフォンデュ2016-12-26 010.JPG



◆ アリゴ(Aligot)

のびーる!ポテトチーズ「アリゴ」。クリスマスマーケットでトリュフ入りアリゴが販売されているほか、スーパーで購入できます。そのまま、または焼いたソーセージを添えていただきます。

クリスマスマーケット_アリゴ.jpg




冬の家庭料理


◆ ポトフ(Pot-au-feu)

本場のポトフには、ソーセージは入らないらしい。塊のお肉を1~3種類くらい入れて、野菜は大きくカット。日本のスープを飲む感覚ではなく、ゆで野菜とお肉をもりもり食べる感じで、スープはほとんどお皿に入りません。残ったスープは、小さなパスタを入れて、夕食のスープになります。

料理_ポトフ.JPG



◆ スープ

秋から冬にかけては、夕食にスープを食べる機会が増えます。粉末タイプ、パックに入った液体タイプ、冷蔵コーナーには瓶に入ったスープが並びます。昔はおじいちゃんおばあちゃんの食事イメージでしたが、今はヘルシー食として人気になっています。

バラエティに富んだフランスの「クノール」と「マギー」スープ

食品_スープ.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ

にほんブログ村ランキング

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年1月 2日
« 前の記事「リヨンの1月イベント・行事・祝祭日」へ
»次の記事「リヨンのおすすめホテルとユースホステル8選」 へ
おすすめ記事
    リヨン特派員 新着記事
    リヨンでしか食べられない!大統領のケーキ「プレジダン」 ~ホールケーキ編~
    夏はリヨンでバーベキュー!フランスの肉屋さんで肉を買う
    2度目のリヨン観光コース
    リヨンで美味しいクスクス食べるならLe Hoggar(ル・オガー)
    無人運転の電気自動車NAVLY(ナヴリ)に乗ってみた
    夏はパイナップル寿司!?フランス風のスシを食べるなら「Sushi Shop」 
    リヨンの夏、お店のバカンス休業について
    7月のリヨン街歩き
    1年前の同じ月に投稿された記事
    2016年リヨンの5つのおすすめイベント
    【リヨン1月の天気・服装】上旬は晴れ、中旬以降は曇り空で雨
    じゃが芋グラタン「タルティフレット」に再挑戦
    新年1月、ヴァンデ県のパン屋で王様のお菓子「ガレット・デ・ロワ」を買う、食べる
    【ロワール地方】Puy-du-Fou(ピュイ・デュ・フー)の2016年 料金・アクセス情報

    フランス ツアー最安値


    2017/8/21更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • リヨン特派員

      リヨン特派員
      AKINO
      結婚後、2013年からリヨン在住。米どころ新潟生まれで、パン王国に住んでも、バゲットよりごはんを愛する。趣味は、地方名物をテーマにした街巡り。車がないので、列車やバスを使ったローカル線の旅を基本としています。リヨンとローヌアルプ地方の魅力的な観光スポットを日々発掘、お届けします。
      リヨン特派員facebook
      リヨン旅なび

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集